異世界ファンタジー 長編 連載中

イレギュラー召喚で神器をもらえませんでした。だけど、勝手に付いてきたスキルがまずまず強力です

作者からの一言コメント

意外にためらわない女がもらった凶悪スキル

読了目安時間:1時間26分

総エピソード数:19話

底辺冒険者のサーシャは、薬草採取中に転移魔方陣で独裁国家に飛ばされた。 一緒に召喚されたらしい黒目黒髪のニホン人3人は女神の間を通って、神器をもらっていた。 神器どころか女神とも会っていないサーシャが持つのは薬草採取用のスコップ1つ。 独裁者に使い物にならないと死刑宣告を受けたサーシャに残されたのは、転移のときに生えた不明スキル『沼』。 生き残りをかけた戦いが始まる。

総エピソード数:19話

作品情報

作品名 イレギュラー召喚で神器をもらえませんでした。だけど、勝手に付いてきたスキルがまずまず強力です
作者名 とみっしぇる
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 女主人公 神器 勇者? ざまあ 美人変身 魔王様
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年9月21日 19時39分
最終投稿日 2022年9月24日 0時05分
完結日 -
文字数 43,083文字
読了目安時間 1時間26分
総エピソード数 19話
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ナーロッパ戦記②~小国の王太子、優秀だが口煩いからと婚約破棄された大国の貴族令嬢を妻に迎え、彼女の力を借りて乱世での生存を目指す

    異世界中世×婚約破棄×戦記小説

    12,600

    50


    2022年10月4日更新

    小国リューベック王国の王太子アルベルトの元に口煩いからと婚約破棄された隣国にある大国ロアーヌ帝国のピルイン公令嬢アリシアとの縁談話が入る。拒めず、婚姻と言う事になったのであるが、会ってみると彼女はとても聡明であり、絶世の美女でもあった。アルベルトは彼女の力を借りつつ改革を行い、徐々にリューベックは力をつけていく。一方アリシアも女のくせにと言わず自分の提案を拒絶しないアルベルトに少しずつひかれていく。徐々にリューベック王国が力をつけていく中、後にフェリオル戦争と呼ばれる大戦が勃発し、リューベックもそれに巻き込まれていく事になる。リューベック王国は生き残る事が出来るであろうか

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間18分

    この作品を読む

  • レベルアップに魅せられすぎた男の異世界探求記(旧題カンスト厨の異世界探検記)

    あらゆるレベルをカンストさせていく冒険!

    2,000

    0


    2022年10月4日更新

    ハーデス 「ワシとこの遺跡ダンジョンをそなたの魔法で成仏させてくれぬかのぅ?」 俺 「確かに俺の神聖魔法はレベルが高い。神様であるアンタとこのダンジョンを成仏させるというのも出来るかもしれないな」 ハーデス 「では……」 俺 「だが断る!」 ハーデス 「むっ、今何と?」 俺 「断ると言ったんだ」 ハーデス 「なぜだ?」 俺 「……俺のレベルだ」 ハーデス 「……は?」 俺 「あともう数千回くらいアンタを倒せば俺のレベルをカンストさせられそうなんだ。だからそれまでは聞き入れることが出来ない」 ハーデス 「レベルをカンスト? お、お主……正気か? 神であるワシですらレベルは9000なんじゃぞ? それをカンスト? 神をも上回る力をそなたは既に得ておるのじゃぞ?」 俺 「そんなことは知ったことじゃない。俺の目標はレベルをカンストさせること。それだけだ」 ハーデス 「……正気……なのか?」 俺 「もちろん」 異世界に放り込まれた俺は、昔ハマったゲームのように異世界をコンプリートすることにした。 たとえ周りの者たちがなんと言おうとも、俺は異世界を極め尽くしてみせる!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間42分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 跳びヒザ蹴りのお嬢様!

    おーほっほっほっほっほっほっほ!

    540,850

    5,190


    2022年10月3日更新

    日本中から格闘乙女が集う聖龍女学園高等学校。 最強を目指し切磋琢磨する彼女たちの中に、一際異彩を放つお嬢様がいた! その名は小鳥遊紗耶香。 コーナートップで高笑いする彼女の前に次々と現れる、格闘乙女たち! そして「絶対女王」として学園に君臨する最強の生徒会長・九頭竜麗華! 華麗にして激しい乙女たちの熱きバトルが、今まさに始まろうとしていた! ※注意 ・この物語はフィクションであり、実在の人物・団体・出来事などとは一切関係がありません。 ・既存作品等のパロディが多々ありますが、本気で怒られたら修正します。 ・登場する技は絶対に真似しないでください。Don't Try This At Home!

    読了目安時間:9時間28分

    この作品を読む

  • クェトル&エアリアル

    望まずとも厄介事は向こうからやってくる。

    236,410

    685


    2022年10月3日更新

    illustration : pikora氏 …………… 中央帝国オデツィア。 新皇帝バナロスは、燃えさかる炎のように紅い髪とは対照的に、身震いするほどに冷たく美しい男であった。 生来の持て余すほどの才知に加え、人心掌握術にたけていた。人間らしさのない冷酷さで、周辺国を手中に収め始める。小国の全てを配下に置き、世界を帝国一国にまとめ上げようとしていたーーー 一方では、そんな不穏なことが起こっているのだが、戦乱の火の手が迫ってきているわけでもない。わりと市井(しせい)の人々は平和に暮らしていた。 そんな平和な国の一つであるヴァーバル。その城下に住む口利き屋を営む祖父に育てられたクェトル。彼の視点で物語は綴られてゆくのだ。主人公の彼は、なかなかの男前だが、無口で偏屈。でも優しいところもあるみたいだ。 クェトル自身は、まったく誰も寄ってきてほしいとは思ってないのだが、勝手に寄ってくる彼の取り巻きは変人ばかりだ。 ヴァーバルの城下町にある移民街。そこに暮らすエアリアルは弟分。大阪弁で口やかましい。 ふらりと現れる銀髪で容姿端麗・性別不明の人物は、身分を隠したヴァーバルの王子様ジェンス。ちなみに超KY。 そんな彼らのもとに舞い込んでくる依頼や事件を描く、魔物も魔法も大冒険もない世界で繰り広げられる庶民レベルの小冒険。 だがしかし………過去の因縁によって、徐々に魔の手が迫りくる。 いつかやってくる平和な日々の終焉。“その日”に、どう立ち向かう? 注※ストーリーは真面目だけど、書いてるヤツの変態さが、端々に露呈しているような気がするのであった。きっと気のせい。 セルフな挿し絵ありには「*」マーク付けてます。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間22分

    この作品を読む