イレギュラー召喚で神器をもらえませんでした。だけど、勝手に付いてきたスキルがまずまず強力です

読了目安時間:4分

エピソード:2 / 19

2 神器発動せよ

「サーシャの祈りに応えよ。神器スコップ発動!」 「なにっ」 「ふせろっ」 「・・・・」 使い古したスコップは、やっぱりスコップだった。 「恥ずかしいよ。えいっ」 か~ん。スコップは兵士の鎧に当たって、先が欠けた。 「ヤバい、ヤバい。空間収納に女神が何か入れてないの?」 スコップ2本、銅のナイフ1本。投石用の石3個。残念なほど、今朝確認したまんまだ。 「このサーシャという女を捕らえろ。薄汚れているが、見てくれは悪くない。裸に剥いて、好きに拷問していいぞ」 くそっ、ヤられた上に殺されるのか。盗賊に捕まるより最低じゃないか。なんだよ、この泥沼にはまったような最悪の展開。 泥沼・・。そうだ鑑定士が言ってた「水溜まり」を作るスキル、私の中にだけ浮かんだ、このスキルの名前は「沼」だ。 「ふん、観念したか」 「するかボケ。これでダメでも死ぬまで抵抗してやる。「沼」発動!」 ピピピ沼レベル1ピピピ ゆらゆら、ぽちゃん。 接見の間に敷いてある大理石の上に、直径80センチの、黒っぽくて丸い円が私の足元に出来上がった。なぜか、正確な大きさが分かる。 ゆらゆら、ゆらゆら。 私は手を伸ばし、下に向けて手のひらを開いた。 「な、なんだそら。足元に「水溜まり」ができてるよ。鑑定士が言ってた通りだ」 「ギャハハ、この人数を相手になに出してんだ」 「捕まえるぞ」 兵士Aが沼を右に避けようとしたとき、私は同じ方向に手を動かした。 すると沼も猛スピードで動いた。 とぷんっ。 兵士Aの片足がいきなり膝まで床に沈み、バランスを崩して左腕を大理石に打ち付けた。 「ぐわっ。何が起こった?」 「お、お前、なんで大理石に沈んでんだ」 驚愕の表現を兵士Bが見せたけど、私も同じような顔になっていたと思う。 「なんだ、うわわわああ!」 パニクった兵士Aが沼を叩くと、今度は両腕がぬるっと沈んだ。 「助けろ、おい女!」 声で正気に帰った私は、「沼」の使い方を理解し始めていた。 「強姦して殺そうとした相手に命乞い?あんたで二人目だよ。死ね!」 顔面を力一杯蹴ってやったら、兵士Aが完全に沼に沈んだ。 蹴るときに沼の端を踏んだけど、私は沈まないようだ。 呆気に取られてる兵士たち。 ここがチャンス。というより、今を逃したら殺される。 私を殺す指示を出した兵士長らしきやつの足元に沼を出した。 「うわっ沈む。おい、誰がその女を殺せ」 「はい、お待ちください」 剣を抜いた兵士Bの足元に、沼を移動させた。 両足が沈んだ兵士長がどうなるんだろうと思えば、嬉しい誤算が起きた。 「うわああああ!」 「ぐえっ」 なんと兵士長の両足をとらえたまんま、沼は兵士Bのとこに移動して、二人は激突した。 沼は、うつ伏せに倒れた兵士Bの顔面の下に移動すると、とぷんと兵士Bの首から上を吸い込んだ。 兵士Bの足がバタバタと動き、兵士長を激しく蹴る。 「ぐわっ、やめろ、いでっ、でっ」 わずか80センチの穴に大人二人がはまっているのだ。 ぐったりした兵士長はやがて沈みきるだろうが、相手は待っていない。 それは、私もだ。 走りながら、右手を目まぐるしく動かし、どんどん沼を兵士の足元に移動させた。 「うわあ!」 「離せ!」 「謝るから、助けてくれぇぇ」 「ひいゃああ」 体の一部を沼に引っ掛けられ、悲鳴を上げる兵士の塊を容赦なく左右に振りまくった。 ゴンゴンゴン! 一度に捕まえられるのは四人が限界だけど、回転しながら沼を移動させると、鎧を着た大男の塊は最高の武器になった。 私を捕まえて犯すのが目的だったから、抜刀してなかったのもラッキーだ。一人が15秒ほどで沈むと、空いたスペースで次の獲物を引っ掻ける。 私の容赦ない「沼兵士ハンマー」でほとんどの兵士が倒れたが、動かないやつにも追い討ちをかけた。 2人の兵士が反撃をあきらめ、貴族が去った方の扉に逃げた。 あいつらに沼が届かなかったと思った瞬間、射程距離は10メートルと認識した。 「うげ、ぐげ」 ゴキゴキゴキ。 わずか80センチの穴に4人の人間が吸い込まれているんだ。苦悶の声が聞こえてくる。 ピピピ沼レベル2ピピ ピピ沼レベル3ピピ 目の前の残忍な光景はあっという間に終わり、いきなり沼のレベルが3まで上がった。 私自身が冒険者を3年やってレベル4だから、負けた気分だ。 なんて呑気なことばかり考えていられない。 脱出しないと。 この国の上層部は召喚者に嘘をつき、魔王様を倒させようとしているくらいの奴らだ。 うっかり拠点を名乗った私も殺しに来るだろう。 同じ世界から召喚された上に、神器をもらえなかったイレギュラーな存在。 生き残るためには、ただ逃げるだけではいけなさそうだ。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 14 Glück

    ベルリンのカフェで百合をする話。

    61,700

    0


    2023年2月6日更新

    ドイツ、ベルリンはテンペルホーフ=シェーネベルク区。 『森』を意味する一軒のカフェ。 そこで働くアニエルカ・スピラは、紅茶を愛するトラブルメーカー。 気の合う仲間と、今日も労働に汗を流す。 しかし、そこへ面接希望でやってきた美少女、ユリアーネ・クロイツァーの存在が『森』の行く末を大きく捻じ曲げて行く。 勢い全振りの紅茶談義を、熱いうちに。 ※Kindleにてまとめて電子書籍で出ています。1冊99円となっているので、まとめて読みたいという方は、よろしくお願いいたします。

    読了目安時間:56分

    この作品を読む

  • 私、メリーさん。今、あなたと色んな物を食べているの

    特に、お味噌汁と唐揚げが好きなの

    251,677

    2,508


    2023年2月5日更新

    「私、メリーさん。今日、不思議な人間に出会ったの」 都市伝説であるメリーさんが出会ったのは、背後に立っても慄かず、一杯の味噌汁を差し出してきた人間。 その味噌汁を飲んだメリーさんは、初めて食べた料理に衝撃を受け、もっと色んな料理を食べてみたいと願い始めた。 片や、毎日を生き延びるべく、試行錯誤を繰り返す楽天家な人間。 片や、ただ料理を食べたいが為だけに、殺す事が出来ない人間の家に毎日現れる都市伝説。 互いに嚙み合わないずれた思考が平行線のまま続くも、一つの思いだけが重なっていく日常。

    読了目安時間:8時間7分

    この作品を読む