イレギュラー召喚で神器をもらえませんでした。だけど、勝手に付いてきたスキルがまずまず強力です

読了目安時間:4分

エピソード:4 / 19

4 スキルのリスク

ブライト王国の王城を脱出して8日、あと2日ほどで国境を越えられると思ったときだった。 林道を歩いていると大きな気配を察知した。 周りを見ると、前の街から近いだけあって人がいる。歩いている人が5人で中の3人が冒険者パーティー風。馬車が二台。 つい、いい人ぶってしまった。 「私は冒険者です。森の中から魔物が来るから逃げて下さい」 「え?」 「はいっ」 「わわわ!」 馬車と一般人のような2人は駆け出した。だけど、冒険者3人は逃げるどころか、こっちを睨み付けてきた。 「おい姉ちゃん、何にも来てねえぞ」 「100メートルくらい森に入ったとこに、大きな気配があるわ」 「おいマイク、何か分かるか?」 「いや、俺の探知には引っ掛かってない」 「姉ちゃん、ランクは?」 「・・Eランク」 「へへへっ、俺らCランクだ。低ランクのざれことに惑わされないぜ」 「薄汚ねえが、顔は悪かねえ。詫びに次の街で酒に付き合え」 「もちろん夜もな」 Eランクを明かしたのは失敗だ。160センチでボロボロの服を着た私、きれいな装備をまとった大男3人になめられてる。 だけど間違いなく、私は何かを感知している。 この8日間は初日にブライト王城で、人を100人くらい「沼」を使って死なせた。旅の中で魔物も沼に沈めた。 その経験値はきっと私にも入っている。 レベル4にしては能力が上がりすぎている。 もしかしたら、このCランク冒険者の3人よりもレベルが上かも知れない。 どこかのギルドで調べたい。 「おい、何とか言えよ」 「もう、その辺の林の中に連れ込まねえか?」 「ん、待て。何かいきなり近づいてきた」 ガアアアア! 「熊よ。かなり大きい!3メートルくらいある」 「げ、シルバーベアだ。ヤバい」 「女に構ってる場合じゃねえ、どうすんだ」 「私、警告したよね。だから逃げろって言ったじゃん。じゃあね」 「おいこら。てめえ、俺らに押し付ける気か」 「魔物が来るって言ったのに、信じなかったのはあんた達の方よ」 「まずい、もう逃げられねえ」 「じゃあね」 森の方に入ってやり過ごし、シルバーベアが私を追って来るなら「沼」を使って倒せばいい。 実は2日前、グリーンウルフ3頭と遭遇した。以前の私なら助からないとこだけど、沼を2つ出して簡単に捕らえて沈めた。 「沼」は強い。 ウルフはまだ生きてるみたいだけど、私が出さない限り死亡確定だ。 「うおおおおお!」 「がルルルル!」 「え?」 なんとあいつら、戦わず熊を引き連れて私の方に走ってきた。最低だ。Eランクと馬鹿にした上に犯そうとした私に、シルバーベアを押し付ける気だ。 腹は決まった。 もう少し森の奥に入ると振り返った。 「観念したか、底辺女」 「俺らの代わりに、熊に食われろ」 いい響きだ。これなら、ためらわず男達を殺れる。 とぷんっ。 沼を出すと、右手で操作して男3人の足を捕らえる。 「なんだ、沈んだぞ」 「湿地帯か、やべえ」 「うそだろ、おい」 「熊の方に行け!」 「うおおおお!」 足をとらわれたクズ3人を「沼」で、シルバーベアの目の前に動かしてやった。 ゴアアアアア! 「ぎゃああああ!」 「ぐげっ!」 「くるなあああ!」 3人が致命傷を負ったころ、シルバーベアの右足も沼に入れた。 とぷん。 「ゴア?」 さすがに強い魔物は慌てない。私との距離は5メートル。 フュイイイン。 「え、何かしてる」 しゅぱん!ぶしゅっ! 飛んで逃れたが風魔法だ。太ももを少し切られた。 これが一つ目の弱点。 私の「沼」は10メートルが射程距離。この熊のような魔法か飛び道具で、足をとらえたあとも反撃される。 「くそっ。もう次の魔法撃ちそう。こうしてやる!」 沼を左右に振って、魔法に集中できないようにしてやった。沼を使えば、熊の巨体でもブンブン振り回せる。 「ごがああがああああああぁ・・・・」 とぽんっ。 「やっと沈んでくれた。ふうっ。シルバーベアをEランク一人で倒せるなんておかしいけどね・・」 思い直して、辺りを見回した。誰にも見られてない。 二つ目の弱点は人前で使えないことだ。 生きた人間でも飲み込むのだ。最初の兵士達のように、見るものからすれば恐怖だ。 そしてブルル伯爵のように、何人か尋問して「沼」の中のことを聞いたが、例外なく中の様子が見えていた。 そう、一緒に入れていた人間の死体なんかもみんな見られていた。 間違って、知り合った人を「沼」に入れてしまったら。 出してあげられるけど、避けられるのは目に見えている。 本当に残念だ。 孤児で底辺冒険者でスキルもショボいから、冒険者仲間はいなかった。 8日前に強力スキルを手に入れて、強い冒険者になれば仲間ができると思った。 だけとこの「沼」スキル。秘密にしないと私の身が危ない。 前みたいにひもじい思いはしなくなったけど、ソロ冒険者を継続するしかない悲しい匂いがプンプンする。 私はクズ冒険者3人の死体を沼の底から出して、めぼしい物を剥ぎ取った。 そして、痛む太ももの傷にボーションをかけて国境に向かって歩き出しだ。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 【幼女育成】ギルドランキングを駆け上がるとつぶやいた彼女とかつて1位の冒険者 

    RPGを引退した人へのもう一つの物語

    9,300

    0


    2023年2月6日更新

    すべてのパーティには逃れることができない運命として解散というものが存在する。かつてギルドランキング1位の座に君臨していたパーティのリーダーであったユーリスも、そこに向かう流れに逆らうことができなかった。 30歳。生きる目的を失った彼は深き森の一軒屋で隠居生活をはじめた。形に残る業績を何一つ求めない。引退後の彼は実質的には終わっていた。 ところが街へと食料の買いに出たときに、彼は〝とある姿〟に惹きつけられた。それは幼女だ。ユーリスは幼女から目を離すことが出来ない自分に気が付いた。ユリスはいわば元冒険者からロリコンへと転身したのだった。 そのような生活の折に、ユーリスは両親の手によって自宅近くの森に捨てられていた幼女コッタを偶然発見した。すでにロリコンへと堕ちていたユーリスは当然コッタを救出しようとする。 けれどもユーリスは幼女の様子がおかしいことに気が付いた。幼女は自殺志願者だったのだ。幼くして死の道を歩もうとする幼女に、ユーリスは生きろと辛抱強く語りかけた。幼女はユーリスの言葉を聞き入れて、再び生きることを決意する。 だが命を救うことと、生活を支えることは、まったくの別種の救援だ。子育ての経験がない自分では幼女の育成が困難であると早急に見抜いたユーリスは、長らく隠居生活をすごした森を離れて、コッタと共に都会で生活することを決意する。都会なら協力者を募ることができると考えたからだ。 ユーリスが最初に向かったのは宿屋だ。ユリスはそこの女性メイドに、今後コッタが必要となる生活の知識を授けてもらおうと考えた。 だがこの宿で再び問題が生じた。コッタが夜中にオネショをしたのだ。単なる笑い話で終わればよいのだが、コッタの悲愴は深かった。なぜなら自分を救ってくれた大切な人が、自分の失態を知っているということが許せなかったからだ。 再び失意の中にあるコッタを救うために、ユーリスは二度とおねしょの形跡を残さない、特別な幼女用パンツを用意する。ところがそのパンツはまた異なる方向からコッタの心を傷つけることになった。 傷つけたのは無論ユーリスだ。こじれてしまった幼女と仲を取り戻すために、ユーリスはおねしょが発生した記憶を封印することを決意する。ユーリスは、その禁忌とよべる技をもって、幼女の心を癒そうと試みる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間14分

    この作品を読む

  • THE・BIRTH ~DESTINY外伝1~

    神々と精霊の、世界創造の物語

    402,300

    411


    2023年2月5日更新

    広大な宇宙には、均衡を保つため神が存在しました。 その神の下に六種の属性をもつ精霊がいます。 光、闇、火、水、風、そして土。 土の精霊は、宇宙に“惑星”を産み出す力を所有し、他の種族とともに宇宙発展のため惑星の育成に励みます。 新たな惑星を創造することによって、多くの生命がそこで活動出来るのです。 神と精霊の使命は、崇高なものでした。 物語の主人公は、土の精霊アース・ブリュンヒルデ。 黄緑色の髪と緑の瞳の、貧しい家で暮らす娘です。 ※人を選ぶ要素を含む物語です。 DESTINY全外伝シリーズはハピエンではありません。 バッドエンドです。 (一部メリバ含む。本編は“作者的には”ハピエンです。番外編は全部ハピエンです。) 読む場合、自己責任でお願い致します。 こちらでは一切の責任を負いかねます。 ※別サイトはR18版です。 ※サブタイ前の■は挿絵有を指します。 ※自分で描いた絵の他、頂き物や依頼して描いてもらった絵を挿絵として使用しています。 著作権は各作者に帰属します。 無断転載・自作発言・保存・トレス・加工・保存等「ノベプラで見る」以外の行為は一切禁止します。 前の話→ Now Loading…… 次の話→ https://novelup.plus/story/311478290 本編⇒ https://novelup.plus/story/799697458 『この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません』

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:11時間5分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 私、メリーさん。今、あなたと色んな物を食べているの

    特に、お味噌汁と唐揚げが好きなの

    251,677

    2,508


    2023年2月5日更新

    「私、メリーさん。今日、不思議な人間に出会ったの」 都市伝説であるメリーさんが出会ったのは、背後に立っても慄かず、一杯の味噌汁を差し出してきた人間。 その味噌汁を飲んだメリーさんは、初めて食べた料理に衝撃を受け、もっと色んな料理を食べてみたいと願い始めた。 片や、毎日を生き延びるべく、試行錯誤を繰り返す楽天家な人間。 片や、ただ料理を食べたいが為だけに、殺す事が出来ない人間の家に毎日現れる都市伝説。 互いに嚙み合わないずれた思考が平行線のまま続くも、一つの思いだけが重なっていく日常。

    読了目安時間:8時間7分

    この作品を読む

  • wink killer もし、ウィンクで人を殺せたら――。

    たとえ君を忘れて、悲劇を繰り返しても。

    789,300

    1,640


    2023年2月5日更新

    もしウィンクだけで人を殺せる力を手にしたら、貴方はその力、何に使いますか。 誰かを守るため? 自分を守るため? それとも――憎い相手を、殺すため? ☆★☆ 別れたはずの元恋人に殺されかけ、死の間際にあったある一人の女子高生。 彼女が手に入れたのは、右目を瞑ることで人を殺めてしまう事ができる、wink killerと呼ばれる死神の力だった。 「この力は、大切な人を守るために使う」 彼女はそう誓い、大切な者を守るために生きると決めた。 ――はずだった。 ※小説家になろうにて前編完結済の作品の、リメイク版になります。 ※素敵な表紙絵は瑞樹くりむ様(@773_cream)に作成していただいたものになります。著作権は瑞樹様にあり、画像は小説表紙として使用許可を頂戴しておりますので、無断使用・無断転載はお控えください。 ※この作品には、本編ラストにハッピーエンド保証が付いています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13時間24分

    この作品を読む