現代/その他ファンタジー 長編 連載中

最近の小説は異世界ファンタジーばかりになっている

作者からの一言コメント

小説界に革命を起こせ!

異世界ファンタジーの異常なブームによって小説界は大きな転機が訪れる。 それは異世界ファンタジーを書かなければ差別される、攻撃されるというものだった。 出版社も当然のように作品の内容ではなく、まず異世界ファンタジーであるかどうかを確認するようになった。 そんな世の中をよしと思わない作家集団は小説自由同盟を設立。 一方、そんな世の中を守りたい異世界有志連合。 二つの組織の抗争はやがて、世界の命運に関わる戦いへと向かっていくのであった。 ♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢ カクヨムにて先行公開しております。↓ (https://kakuyomu.jp/works/1177354054897121270)

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 最近の小説は異世界ファンタジーばかりになっている
作者名 桐生深夜
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 現代日本 R15 戦争 陰謀論 策略 小説 革命 美少女 赤毛 カクヨム
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年5月22日 22時53分
最終投稿日 2020年7月23日 13時25分
文字数 28,506文字
ブックマーク登録 3件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 2020年11月23日更新

    平和な島で暮らす衣織(いおり)は十六歳の少年で、親をなくして紫暮(しぐれ)一家の家に引き取られて暮らしている。 外の世界では魔物が入り混じった黒頭巾の軍団が無慈悲な殺戮を繰り返しているという。 ある日、島に例の軍団が攻めて来て、島民は惨殺される。 傷を負った衣織は気が付くと仙人の住む仙洞にいた。 美しい仙人に介抱された衣織は仙人に弟子入りして剣技や秘儀を授けられながら、そこでしばらく日々を過ごした。 ある日、仙洞の宝物庫で剣が呼ぶ声がして、いわくつきの剣の主になった衣織は都で暴れているという憎い敵を討つために旅に出る。 ※R18には今のところなっていないのでフェアに参加します。

  • 11月特集 コンセプトとセールスポイント

    ♡8,500

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・連載中・7話・25,520字 板皮類

    2020年11月23日更新

    ここは、2018年にゲーム制作業を引退した、私こと板皮類がプレゼンツ。 14年間にわたって企画&シナリオライターとして活動し、身に着けてきた雑学を、幾つかご紹介していきたいと思います。 取り上げるジャンルに垣根は設けませんが、企画屋もやっていた筆者の性質上、『大勢に自分の作品を読んでもらう・支持される』ための、ちょいテク・心理学・発想法に比重がよるかもしれません。 ■ 2020年11月のお品書き ■ 1.『コロンビア大学のジャムの実験』 2.『左右と、敵味方の配置』 3.『マクドナルドのアンケート』 4.『武器軟膏』治療法 5.『売り上げが倍変わる』 6.『墨子』は報われない ■ 11月の特集 (全4回) ■ 『コンセプト』と『セールスポイント』を極める! ※ この作品は、2019年よりカクヨムに投稿している、『【シュレディンガーの猫よりも】クリエイターならば知っておきたい雑学』のバックナンバーを、再編集してお送りします。 ※ 2020年度中は、毎週・月・水・金曜日に更新します。お楽しみに!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • たとえ、バケモノと呼ばれてもーー

    ♡18,700

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・84話・255,278字 名鈴

    2020年11月24日更新

    霊能力という力を持つ者たちが支配する世界。 何の力も持たない『無能』の少女、天宮楓は、なぜか霊能力者を育成する高校に入学させられた。 その上、右も左も分からない楓に護衛として付けられたのは、かつて『孤高の天才』と呼ばれた少年、相川光希だった。 何も持っていなくても、武術に秀でた才能を持つ楓にとって護衛は無用の長物で、光希は護衛任務を毛嫌いする始末。 もちろんそんな二人が仲良くなれるわけもなく……。 しかしそれでも運命は動き出す。 それはずっと前から仕組まれていた運命。二人の出会いを起点に組み込んだ陰謀は、ここから始まるのだ。 これは壊れた世界で異端の少女と異端の少年が出会い、仕組まれた運命に抗う物語ーー。

  • ブックマークやコメントお願いします

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・32話・54,683字 谷星 光

    2020年11月24日更新

    『魔導士』 それは、世界各国の軍事部隊に必ずと言っていい程に存在する『魔術団』という団体を 形成する魔術に長けている者の事である。 3月のある日、主人公【神海 祐】「しんかい ゆう」は、魔導士になるため「国立魔術校」に進学する。入試試験では、かなりの点数を取って首席の座を獲れると思っていたが、何者かに首席の座を奪われてしまう。 祐は首席の座を奪うべく日々精進していきながら楽しく学園生活を送ろうと 思ったが入学当初から立てこもり事件などの事件に巻き込まれまくる?!