連載中 短編集

鈍色の世界

作者からの一言コメント

短編集です

いろいろなところに投稿した作品集

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 鈍色の世界
作者名 押利鰤鰤
ジャンル 文芸/純文学
タグ 短編
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年6月24日 11時21分
最終投稿日 2020年7月2日 11時27分
文字数 143,447文字
ブックマーク登録 10件
コメント/スタンプ 19件
応援ポイント 7,800pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けていません

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 三十路の女性が人生の旅路を辿る

    ♡4,700

    〇0

    文芸/純文学・連載中・6話 六月のjuly

    2020年7月3日更新

    『私の人生は、旅とと共にあったと、思う』 三十歳を迎えた遊乃(ユノ)は恩返しの旅に出る。 今まで出会った人、衝突した人、お世話になった人。私はこれから、二度と会えなくなるのだから。 だから、後悔の無いように全てを振り返る。親切にしてくれたコンビニ店員、農家のおかあさん、近所の麻雀好きのおじさん、通りすがりの学生、冷えた麦茶の氷とグラスがぶつかる音、家のドアの取っ手の触感、海の潮風、些細な事も含めて全てを振り返る旅。 これが、今の私の現状であり、三十歳を迎えた私の全てだ。 旅の途中、バイク乗りの青年龍朗(タツロウ)と遊乃は出会う。 縁がありバイクに乗せて貰う事になった遊乃は龍朗に誘拐すると宣言され、共に旅をする事となる。 互いに言えぬ秘密を抱えたまま、旅を続けた先で世界から忘れ去られていく遊乃。 彼女の秘密を知った龍朗は「消去」から遊乃を救う為に、思わぬ行動に出て――。 そして彼女が旅路の果てに見つけるモノとは――。 Illustr 六月のjuly

  • 【書籍発売中】夜、彼らは歌い出す

    ♡62,200

    〇0

    文芸/純文学・連載中・156話 朽木桜斎

    2020年7月3日更新

    【アメージング出版様より書籍が発売中です。アマゾンおよび三省堂本店(支店はお取り寄せ)にてオンデマンド形式で購入が可能です】 俳句・川柳・その他の作品を集めた小品集です。 解説をつけておきますので、退屈しのぎ程度にご覧ください。