連載中 長編

富羅鳥城の陰謀

作者からの一言コメント

『くノ一』サギと忍びの猫にゃん影の活躍!

時は江戸中期。若き富羅鳥藩主が何者かに暗殺され富羅鳥城から盗み出された秘宝『金鳥』『銀鳥』。 『銀鳥』は年寄りの銀煙、そして、対の『金鳥』は若返りの金煙が吹き上がる玉手箱であった。 そう、かの浦島太郎が竜宮城から持ち帰った玉手箱と同じ類いのものである。 誰しもが乞い願う若返りの秘宝『金鳥』を巡る人々の悲喜こもごも。忍びの『金鳥』争奪戦。 『くノ一』サギと忍びの猫にゃん影がお江戸日本橋を飛び廻る。

前へ

次へ

作品情報
作品名
富羅鳥城の陰謀
作者名
薔薇美
ジャンル
歴史/時代
セルフレイティング
なし
初掲載日
2019年8月30日 10時13分
最終投稿日
2019年12月14日 17時48分
文字数
490,933文字
ブックマーク登録
21件
コメント/スタンプ
446件
応援ポイント
122,000pt
ノベラポイント
4,995pt
応援レビュー
2件