歴史/時代 長編 連載中

富羅鳥城の陰謀

作者からの一言コメント

『くノ一』サギと忍びの猫にゃん影の活躍!

時は江戸中期。若き富羅鳥藩主が何者かに暗殺され富羅鳥城から盗み出された秘宝『金鳥』『銀鳥』。 『銀鳥』は年寄りの銀煙、そして、対の『金鳥』は若返りの金煙が吹き上がる玉手箱であった。 そう、かの浦島太郎が竜宮城から持ち帰った玉手箱と同じ類いのものである。 誰しもが乞い願う若返りの秘宝『金鳥』を巡る人々の悲喜こもごも。忍びの『金鳥』争奪戦。 『くノ一』サギと忍びの猫にゃん影がお江戸日本橋を飛び廻る!

前へ

次へ

前へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 富羅鳥城の陰謀
作者名 薔薇美
ジャンル 歴史/時代
タグ ミステリー ファンタジー コメディ 忍び 蕎麦屋 江戸のエンタメ 江戸の流行り唄 江戸のグルメ やたら詳しい時代考証 貴種流離譚
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年8月30日 10時13分
最終投稿日 2021年1月12日 22時50分
完結日 -
文字数 532,022文字
ブックマーク登録 34件
コメント 102件
スタンプ 947件
ビビッと 9件
応援ポイント 381,400pt
ノベラポイント 15,769pt
応援レビュー 2件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ある外交官の若き日を描いた青春小説です。

    ♡13,800

    〇10

    歴史/時代・連載中・7話・21,853字 清十郎

    2021年1月20日更新

    幕末維新の激動最中の明治2年、出羽国にひとりの男の子が誕生しました。少年は賊軍の地に生を受けながらも、教育熱心な家族の愛情の中で成長していきます。彼こそ、後にポーツマス日露講話条約の随行員として堪能なフランス語を駆使して講話締結に尽力し、第一次世界大戦後に成立した国際連盟の日本全権として活躍、その人格的高潔さは世界的にも称賛されて、アジア人として初の国際司法裁判所長官に満場一致で選出された法学博士安達峰一郎です。

  • 鬼と姫の六道をめぐる異世界バトル

    ♡0

    〇0

    歴史/時代・連載中・13話・62,972字 ドンキー

    2021年1月20日更新

    鬼に連れて行かれた千姫を救うべく、謎の雇われ剣士である小次郎が旅に出る。小次郎を送り出した千姫の父、信勝は小次郎の正体を知っている様である。人間道から地獄道へと入った小次郎は、かつての知り合い達の助けを得ながら千姫が匿われている閻魔御殿へと忍び込む。 一方、千姫を利用し生界と冥界の統一を図ろうと目論む閻王とその息子、赤兵衛、青兵衛、黒兵衛だったが、そのあまりの美しさに皆が千姫を妃にと取り合う事態に発展する。 そんな中、千姫は実は自分が信勝の娘ではなく、閻王の兄、閻紹と人間との合いの子であり、小次郎とは実は兄弟であった事実を知る。そして、閻魔御殿で起こった騒動に紛れて、駆けつけた小次郎の助けを得て見事、閻魔御殿からの脱出に成功する。 地獄道から修羅道へ逃れた二人は、やがて、小次郎の剣の師であるクリシュナの助けを得る。そこで千姫は、自身に潜む不思議な力に目覚める。実は千姫は修羅道の女シャチーの生まれ変わりだったのだ。 丁度、その頃、地獄道では大変なことが起こっていた。閻王が天道の使者ラースに唆されたルドラに暗殺されたのだ。ルドラは、さらに人間道にいる千姫の父、信勝の暗殺も試みるが、間一髪でやって来た千姫達に妨害され暗殺は失敗に終わる。 逃げたルドラは、今度は餓鬼道から信勝を呪い殺そうとするものの駆けつけた小次郎の相打ち覚悟の一撃に沈む。一方、人間道では城に鬼の軍勢が迫っていた。その軍勢を撃退していく千姫だったが……