恋愛/ラブコメ 長編 連載中

婚約破棄された公爵令嬢は実は男なので、元婚約者の妹に告白します

作者からの一言コメント

ふざけたラブコメファンタジー、開幕

サラディアウス王国の次期王位継承者であるセヴラン=サラディ第一王子の婚約者、アデリーナ=ドヴレス公爵令嬢は、十七歳のある日突然、『本当の愛を見つけた』という王子に婚約破棄されてしまう。 しかし、アデリーナは、ドヴレス公爵の王家と姻戚関係を結びたいという野心のために立派な淑女として育てられた、公爵令息であった。 婚約破棄を嘆く父に、アデリーナは言う。 ——大丈夫ですわ、お父様。 本当の愛を見つけたのは、セヴラン王子だけではなかった。 かくして、アデリーナは、本命を落とすため、男に戻る特訓を始める……! 表紙画像:moe様にいただきました♡ (moe様Twitter→@moe76591306) ※さくも様主催の「プロローグ祭」参加作品です。おかげさまで、ノベラpt部門一位をいただきました! 「プロローグ祭」副賞で'moe様に朗読していただきました! https://ssl.twitcasting.tv/moe76591306/movie/572948277

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 婚約破棄された公爵令嬢は実は男なので、元婚約者の妹に告白します
作者名 祐*
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ ギャグ コメディ 男主人公 女主人公 西洋風 ファンタジー 婚約破棄 令嬢 プロローグ祭
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2019年9月1日 3時17分
最終投稿日 2019年11月20日 18時00分
文字数 17,069文字
ブックマーク登録 47件
コメント/スタンプ 80件
応援ポイント 82,400pt
ノベラポイント 10,110pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 人生の宝物を、探しに行こう

    ♡175,510

    〇4,022

    恋愛/ラブコメ・連載中・148話・598,509字 九条 蓮

    2020年9月26日更新

    【※2020/06 恋愛/ラブコメ部門で日間・週間・月間1位達成※】 【※2020/09 総合日間1位達成※】 【※2020/09 書籍化&書籍版にて先行完結※】 高校2年の秋、麻宮伊織が転校してきてから「俺」の人生は⋯⋯。切なくピュアなラブ・ストーリー。 高校に馴染めず、周囲から疎まれる存在だった麻生真樹。そんな彼の人生を変えたのは、転校生・麻宮伊織との出会いだった。伊織と日々を過ごすうちに、真樹は彼女が深い悲しみを背負っている事に気付いてしまう。彼女から垣間見得える寂しそうな表情を見て、真樹は彼女を救いたいと考えるようになる。彼女を支えたい一心で、真樹は迷い、葛藤しながらも少しずつ成長していく。ピュアで真摯な恋の行方は……? 【作者コメント】 恋愛だけでなく、友情と挫折、主人公『麻生真樹』とヒロイン『麻宮伊織』の成長を描く物語です。大切な人や友人の絆を深める事で、彼らの成長の様を見届けるような気持ちで読めます。 読んだ後にはじんわりと心に響くような余韻を味わえると思っています。中高生だけでなく、大人の読者様にも、過去の青春時代を思い出しながら読んで頂ければ幸いです。 〝あの頃〟の気持ちを思い出せると思います。 ※書籍版とは一部内容が異なります。 ※前半の伏線や疑問点は、細かいものも含めて徐々に回収していきます。そのため、読み飛ばすと意図がわからない等の問題が起きる可能性があるので、注意してください。 ※前半では「なんで?」と思う展開もあるかと思いますが、しっかりとその疑問は回収していきますので、そのまま読み進めて下さい。 ※縦読みがおすすめです。 【こんな方にオススメの小説です】 ■Web小説にありがちな安っぽい描写の恋愛小説に飽きた ■現実に近い本格的な恋愛小説が読みたい ■一途な恋が好き ■暖かい気持ちになれる小説を探している ■『誰かを好きになる』という気持ちを忘れてしまっている ■心を鷲掴みにされたい

  • 少年は進む。世界で一番優しい人のために

    ♡23,000

    〇50

    現代/その他ファンタジー・連載中・22話・71,594字 コロリエル

    2020年9月26日更新

    世界中に出現した、インビジブルビースト、通称IB。 普通の人間には認知することすらできないその存在は、世界中の人々を恐怖のどん底に陥れた。 しかし、IBが出現した数年後。一人の科学者によって、対抗手段が誕生した。 IBの事を認知でき、通常では考えられないような異能の力を持つ存在……『IBキラー』。 主人公である七宮 千尋も、その中の一人だった。 しかし、彼には四年前から記憶がなく、なぜそんな力を持っているのか、分からなかった。 自分の進むべき道を見失っている中、彼が強く惹かれた少女が、一人居た──。 ──これは、世界で一番優しい君と、共に歩くための物語。 (小説家になろう様とマルチ投稿しております)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る