連載中 長編

僕は踏まれたい~踏まれるほどに強くなるのでパンツも見せて~

作者からの一言コメント

踏まれたい作家が贈る踏まれワールドの原点

 ちょっとエッチな少年タイヤー・フマレは、魔物を専門に狩る新人の『討伐者(サブジュゲーター)』  彼の唯一の武器は、数多あるスキルという能力のうちの一つである──『麦』  ただ、発動には仲間の協力が必要不可欠で──判明した条件は『異性に踏まれるほどに強くなる』というもの。  しかも、段階的に強くなっていくので複数の女性が必要であった。  過去の英雄に、幼い頃から憧れを抱いていたタイヤーは、仲間(主に女性)と一緒にその背中を追っていく中でスキル“麦”を進化させて、やがては世界の命運を担う一つの選択を迫られることに。  それでもタイヤーは、今日も踏んでもらう為に叫ぶ。 「踏んでくれよおおおぉ!! お願いだからさああぁ……あ、ついでにパンツも忘れずに見せておくれえぇ!」──と。  ちょっとエッチなドタバタコメディーファンタジー。 ※小説家になろうでの拙作『僕は踏まれたい~踏まれるほどに強くなる~』(現在非公開)の完全リメイクです。 ※小説家になろうにも投稿してます。(一話遅れで)

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報
作品名
僕は踏まれたい~踏まれるほどに強くなるのでパンツも見せて~
作者名
怪じーん
セルフレイティング
なし
初掲載日
2020年1月12日 18時03分
最終投稿日
2020年1月28日 20時07分
文字数
55,333文字
ブックマーク登録
20件
コメント/スタンプ
52件
応援ポイント
28,600pt
ノベラポイント
2,100pt
応援レビュー
0件