異世界ファンタジー 長編 連載中

僕は踏まれたい~踏まれるほどに強くなる~

作者からの一言コメント

踏まれたい作家が贈る踏まれワールドの原点

 ちょっとエッチな少年タイヤー・フマレは、魔物を専門に狩る新人の『討伐者(サブジュゲーター)』  彼の唯一の武器は、数多あるスキルという能力のうちの一つである──『麦』  ただ、発動には仲間の協力が必要不可欠で──判明した条件は『異性に踏まれるほどに強くなる』というもの。  しかも、段階的に強くなっていくので複数の女性が必要であった。  過去の英雄に、幼い頃から憧れを抱いていたタイヤーは、仲間(主に女性)と一緒にその背中を追っていく中でスキル“麦”を進化させて、やがては世界の命運を担う一つの選択を迫られることに。  それでもタイヤーは、今日も踏んでもらう為に叫ぶ。 「踏んでくれよおおおぉ!! お願いだからさああぁ……あ、ついでにパンツも忘れずに見せておくれえぇ!」──と。  ちょっとエッチなドタバタコメディーファンタジー。 ※小説家になろうでの拙作『僕は踏まれたい~踏まれるほどに強くなる~』(現在非公開)の完全リメイクです。 ※小説家になろうにも投稿してます。(一話遅れで) ※タイトル戻しました

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 僕は踏まれたい~踏まれるほどに強くなる~
作者名 怪じーん
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ コメディ 男主人公 最強主人公 魔王 スキル 西洋風 ひゃっはー 踏んでください 踏まれたい ふまれたいやー ポチョムキン 第2回ノベプラ大賞
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年1月12日 18時03分
最終投稿日 2020年5月20日 20時00分
文字数 105,413文字
ブックマーク登録 29件
コメント/スタンプ 126件
応援ポイント 55,800pt
ノベラポイント 4,710pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 転生の前に広がる、狭間の世界へようこそ。

    ♡122,100

    〇1,267

    異世界ファンタジー・連載中・20話・56,895字 南方 華(みなかた はる)

    2020年9月23日更新

    少年が目を開けると、そこは、薄暗く狭い「棺」の中だった。 身体を起こすと、白髪に赤い瞳の少女「テンシ」が隣に座り、にこにこと微笑んでいた。 彼女は言う。 「ここは突然の事故や病気などで、不幸にも命を落とした方が稀に流れ着く先であり、再び転生する為の様々な準備が出来る、死と生の狭間にある世界なんです」と。 悲しい死の後に横たわる狭間の世界で、少年と少女は出会い、新たなる生へ向け、不思議な日々を過ごしていく。

  • 第二部開始 人の数だけ世界は違って見える

    ♡447,500

    〇8,995

    異世界ファンタジー・連載中・38話・258,584字 シキバヤシコ

    2020年9月16日更新

    魔王復活の兆しを受け、再び始まるであろう闘いに、初代勇者は憂いていた。 魔王は何故この世界に生まれたのか、勇者は何故その度に異界から召喚しなければならないのか。 繰り返されるこの戦いは、何故終わらないのか。 救えなかった<あの人>への罪を背負ったまま、年老いて前線を退いた今も、何を持ってすればすべてを救うことが出来るのかを模索していた。 一方、この世界に生きる人々は、それぞれの悩みを抱えながらも日々を懸命に生きていた。 ある者は、世界を護る為に。 ある者は、真実を知る為に。 ある者は、傍らで見守る為に。 ある者は、罪を贖う為に。 複雑に絡み合う彼らの関係は、とある人物を廻り、やがて一つの事実へと繋がって行く。 ****** パズルピースのように、それぞれのキャラ視点で、現在・過去の物語が少しずつ明かされながら進んで行きます。 何の変哲もない日常的な話が点在し、全ての断片を拾い集めつなぎ合わせれば、少しずつ世界が見えて来ます。 基本一話完結の群像劇型、ほぼ繋がってます。 ※十年程前に書いたものを今風にリメイクしているので、拙い上に表現が古臭いかも知れません ※時々こっそり加筆修正していたり、気が向けば挿絵が入っていたりすることもあるかも知れません。 ※異世界に召喚された勇者の活躍はあまりありませんので悪しからず。むしろ元々いる住人の話が主体です。 表紙はあしる様(@Achille_c_d)よりいただきました。ありがとうございます!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 予言者は告げる。恐怖による支配が始まると

    ♡9,400

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・88話・241,630字 志登 はじめ

    2020年9月23日更新

    かつて、この世界は魔王に蹂躙された。 圧倒的な力をもって破壊の限りを尽くす魔王の軍勢に、「アンベルスの6人」と呼ばれる勇者たちは勇敢に立ち向かい、見事それを討ち果たす。 そして世界には再び安寧の日々が訪れた。 それから5年後。 王国の占い師がある予言を王に言い渡した。その内容は、「アンベルスの6人が世界を恐怖で支配する」というもの。 世界の未来を案じた国王は、わけありの処刑人と自称天才錬金術師の少女に、勇者暗殺の使命を下すのであった。 ※この作品は 小説家になろう でも連載しています。

  • スピード感遅めの俺TUEEEE作品です。

    ♡3,100

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・21話・80,835字 ホタテガイの貝殻

    2020年9月23日更新

    クラスに潜んでいた異世界の魔王に授業中、突然異世界へと飛ばされてしまう主人公の春野風斗。 その世界は魔法や魔物が跋扈するファンタジーを体現した世界であった。 この世界の生き物が持つとされる固有技能。そして風斗の固有技能とは、ただのありふれた技能『観察眼』だけだった。 しかし、勤勉な風斗は初めてあったリシュと呼ばれる人物との修行で自身の速度を劇的に上げることの出来る独自魔法の開発に成功する。 そして風斗はありふれた固有技能の『観察眼』と独自魔法で異世界を駆け巡っていく。 ※基本的に一週間に一話。一ヶ月に一回ペースで1週間連続投稿をしています。 異世界転移で徐々に俺TUEEEEを書きたくて始めました。作品のスピード感や俺TUEEEEまでとても長いですがよろしくお願いします。