暇つぶしのお供

読了目安時間:1分

ある日の記録

_______________________________________________ 「約束して、あなたはかならずあの高校に行きなさい。」 そう言っていた人がいる。 私を置いて出ていった母親だった人。 なぜあの高校に行かなければ行けないのかはわからないし、分かりたくもない。 でも目指した方がいい事は理解しているつもりだ。 この国には選ばれたのもしか入ることができない高校がある。 入るって言うのは入学とかじゃなくて、敷地にすら入ることが許されない。 見えない何かで守られている学校なんだって。 皆からは「無敵の高校」って言われてる。 ほら、ドローンだって入れない。 入った瞬間壊れちゃう。 中の様子なんて入学した人しか知らないし、教えてくれないから謎だらけ。 無敵の高校って呼ばれてる理由を知りたくて受験する人が多いらしいけど、私は違う。 私が目指した方がいいと思ってるのは、あそこが安全だから。 それだけ。 学校に通っている3年間は安全が保証られるのなら、そこにいた方がいいでしょ。 怖い黒服の人達から迫られなくてもよくなるし。 平和に過ごせる日常が欲しい。 くもりぞらが広がる今日が私の平和の第1歩になりますように。 _______________________________________________ そうケータイにメッセージを打ち込んで私はこのストーリーを投稿した。 2X69年6月9日

最後まで読んでいただきありがとうございます! 今回のお題は『くもり、ケータイ、無敵の高校』でした…。 すごくお題が難しくて考えるのに何日もかかりました😅

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 佰肆拾字のお話

    140文字以内で。。。

    803,096

    1,123


    2021年7月25日更新

    Twitterでのコンテンツ用に作ったお話です。 ---------- 「結果的連作」の お品書き:https://novelup.plus/story/770595863

    読了目安時間:1時間33分

    この作品を読む

  • 銃受け

    R-18かも〜地雷注意

    0

    0


    2021年7月25日更新

    たぶんR-18です。 小説にすらなってないただの私の妄想垂れ流し多いです。 誰か小説か漫画にしてください。 もししてくれる場合は一言コメントお願いします。 私が全力で読みに行きます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界転移して元の世界に帰れないのでここで生活を始めます

    少年レンは空の大地に!冒険生活の旅にでる

    953,000

    170,029


    2021年7月19日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる、転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムのレム、メイドのミュウ、ギルドマスターのセレナと共にギルド結成!! レンはレベルアップして召喚石で召喚獣のライとアンジュをサモン!二人がスキルで人の姿に変身!? レン達は様々な大陸や時にだれもいったことがない未開の地に足を踏み入れる! 第3章アースクラウドを舞台に風と雲ともう一つの地上を冒険! この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! 感想やポイントなどもらえると小説の励みになります!

    読了目安時間:15時間46分

    この作品を読む

  • 操竜姫戦記~青い瞳の少女と赤い双眸の黒い竜~

    愛ゆえに人は狂気に染まる

    7,500

    50


    2021年7月25日更新

    エルシアン大陸、アルノリア王国。 そこは人類の残された唯一の大地。だが、古の時代より亡者と呼ばれる怪物の侵攻をたびたび受けている。それに対抗する力、竜を操る者たちがいる。 彼らは操竜者と呼ばれ、騎士団を形成し国と人々を守り続けている。 そして、操竜者になるべく一人の少女、ステラが儀式を受ける。 だが、そのれは失敗に終わる。 騎士団長であり父であるレグルスから騎士団長室へと呼ばれる。 そして言い渡されたのは、竜の墓場に行って来いという任務だった。 逆らうこともできず、ステラは竜の墓場へと向かった。 そこで、運命の邂逅を果たす。 そして、物語の歯車は動き出すのだった……。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間45分

    この作品を読む