暇つぶしのお供

読了目安時間:2分

棚ぼた気分 (前編)

「なぁともや、ちょっとだけ相談に乗ってくれないか?」 「どうしたんだいきなり、お前が相談なんて珍しい」 「俺ってさ、酒飲んで裸踊りとか人前でやったことないよな…?」 「はぁ!?いきなり何を言い出すんだ?そんなこと俺の前でやってたら写真でも撮って素面のお前に見せてるよ」 「それはそれで最悪だけど…、ともやだったら確実にそうするよな。」 「それで、なにかあったのか?」 俺には昔から自分がしたことないような記憶がある。 それにずっと悩まされている。 しかも俺目線の記憶だから本当かどうか確かめないと分からない。 質が悪い… 「昔からそういったことに悩んでいたよな。一回お祓いとかにでも行った方が良いんじゃないか?」 「お祓いか…信じられないんだよな。実際これお祓いが効果あるのか分からないし」 「まぁ、信じられないのは分かるけどよ、物は試しに行ってみたら何かわかるかもしれないぜ?」 「それもそうだな、今度行ってみるわ」 正直このバカげた記憶に関してはずっと悩まされているから解決はしたい あまりにもバカげていて言いずらいのかもしれない… ともやに限って言わないっていうのは無いとは思うが、可能性は無きにしも非ずって感じだよな たしかにともやなら俺が酒を飲んで腹踊りしていたら写真に撮りそうだ でもこの前あった座布団を使ってヘッドスピンとかだったら撮らないかもしれない はぁ、1人で考えていても答えがないから埒が明かない 今度の休みに行くか… 「こんにちは~」 「いらっしゃいませ。どのようなご用件でしょうか?」 うわ、かわいい こんな子がお祓いしてるのかよ 緊張するわ 「あの、今回お話だけでも聞いていただけたらと思ってきたんですけど、大丈夫ですか?」 「えぇ、平気ですよ。お名前を苗字だけでも構いませんのでお伺いしてもよろしいですか?」 「野路です。」 「野路様ですね。お話を聴いてほしいとのことですが、最近何か困ったことでもありましたか?」 「最近というか、以前からなんですけど―」 俺は今まで悩んできた記憶について話した。 やった覚えがないこと 自分の目線で記憶があること 話している声は入っていないこと 母親以外にこんなに女性に親身になって聞いてもらったことがない俺にしたらなかなか新鮮な感じだ あとなんて言ったってかわいい 「これで話したかったことは全てです。聴いて下さってありがとうございました。」 「話して下さりありがとうございます。お話して頂いた内容から推測にはなってしまうのですが、恐らく前世の記憶ではないかと思われます。」 「前世!?」 何ということだ 俺は、今まで顔も見たことの無い前世の記憶に悩まされてきたのか… そりゃ身に覚えがなくても当然だよな これで俺がやったわけじゃないと知れたから少し心が楽になったが 記憶が消せるわけじゃない いや待てよ、消せないと言われたわけじゃない 消せるのであれば相談してみるしかない 最後の望みだ… 「あの、この記憶ってどうにか出来るんですか?」 -続く-

最後まで読んでいただきありがとうございます。 今回三題噺なのですが、前後半の続き物になります。 筆者の書きたいこと詰め込みすぎました💦 次回も読んでいただければと思います。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 佰肆拾字のお話

    140文字以内で。。。

    802,596

    1,123


    2021年7月25日更新

    Twitterでのコンテンツ用に作ったお話です。 ---------- 「結果的連作」の お品書き:https://novelup.plus/story/770595863

    読了目安時間:1時間33分

    この作品を読む

  • 銃受け

    R-18かも〜地雷注意

    0

    0


    2021年7月25日更新

    たぶんR-18です。 小説にすらなってないただの私の妄想垂れ流し多いです。 誰か小説か漫画にしてください。 もししてくれる場合は一言コメントお願いします。 私が全力で読みに行きます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 空に偽りのダークネス

    復讐から始まる冒険ファンタジー

    1,023,972

    38,873


    2021年7月25日更新

    小さな村で暮らしていた少年・シオンは、ある日突如として襲ってきた【白の悪魔】により、家族や仲間を失った。 生き残ったのは自分と幼馴染みのサンドラだけ。 生きる理由を復讐に委ねたシオンは、王国最強と謳われる戦姫アリスの元で四年の修行を経て、冒険の旅に出る。 目指すは【白の悪魔】がいる魔界。 シオン達の行手を阻むのは、1〜10の数字をもつ凶悪な魔物達。 冒険の先で出会った新たな仲間達と共に、魔物達との決戦に挑む。 憎悪によって磨かれた力を扱い、世界の安寧を取り戻すべく戦う彼らは、表裏一体と化した思想と創造の狭間でもがき、やがてそれぞれの答えを提示する。 誰が敵で誰が味方なのか、それは最後まで分からない。 * * * 【最高成績】 週間 異世界1位 総合1位 月間 異世界1位 総合4位 年間 異世界3位 総合7位 応援してくれる読者様のお陰です、誠に有難う御座います!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間50分

    この作品を読む

  • 虹魔の調停者

    彼らの魔法は、人々に————を与える。

    79,500

    115


    2021年7月23日更新

    国を離れた精鋭たちの集う独立ギルド『ガレーネ』。 彼らは世界各地で起きる様々な問題を独自の手法で解決する役割を担う。 ある時、村育ちの兄妹であるジオとネルマが王都の観光をきっかけに彼らから勧誘を受けることに。 ギルドに加わり、任務や休日の時間を共にしながら互いのことを知っていくジオたち。 しかし強敵との戦いの最中、彼らの前に真の敵とも言える存在が立ちはだかる————

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間26分

    この作品を読む