チート無しで異世界行ったら聖女に溺愛されたので、ヒモしてたら悪の宰相扱いされました

読了目安時間:9分

第8話 可憐なる暗殺者

 聖女教会中央本部へ出立の日。用意されたキャンピングカー並みにデカい馬車に荷物を積み込み、後は俺達が乗り込むだけとなった。今いる西の聖女領から中央本部までは数日かかる。長旅の始まりだ。  俺は馬車の搭乗口でそわそわと浮足立つライラにそっと手を差し出す。お出かけ用の華奢なフリルがあしらわれた白のワンピースに身を包み、足首にリボンがついたサンダルを履いて、いかにもおめかしといった格好だ。夏の軽井沢あたりでよく見かけそうなご令嬢。いや、それよりもっと高貴な――高貴な知り合いの居ない俺には軽井沢が精一杯だった。 「ユウヤ、お出かけ用のベストもよく似合ってますね?カッコイイです♡」 「そうでしょうか?宰相服を羽織ってしまいますので、あまり外に出す機会はありませんが。僕なんかより、ライラ様の方こそよくお似合いですよ?まるで涼しい野に咲く花のようです。さぁ、お手を」  我ながらまったく上達しない賛辞の言葉。だが、溺れるライラにはそれで十分だ。  にっこりと嬉しそうに俺の掌に手を添える。 「はい♡」  ぽすっ。 「……あの?犬じゃないんですから。乗り込んでください?」 「ふふっ。ユウヤの手がひんやりして気持ちよくて、つい……♡」 「はぁ……朝からお元気なことで。ハネムーンに行くわけでもあるまいし」 「もう、ユウヤってばツレないわ?」 「そうそう!ツレなぁ~い!」 「リリスもお元気そうでなにより。お手をどうぞ?」 「まぁ!レディファーストね?」 「いいから、早く」  結局他の護衛は連れず、全員が乗り込んだのを確認して馬車が動き出す。馬車を動かす御者はモニカちゃんのツテの腕利き。念のため逆らう気にならないような金を握らせておいたので、こいつが俺に牙を剥くということはないだろう。命を狙われているかもしれないんだ、その辺は抜かりない。馬車の車輪や設備もチェック済み。事故死を装われてはたまったもんじゃないからな。  座席が硬くて尻が痛くなるのをある程度覚悟していたが、乗り心地は思ったよりも悪くなかった。流石は聖女専用車。中のシートはクッション素材でふかふかなうえ、寝転んでも平気なくらいの広さがある。ソファというよりはベッドに近いかもしれない。  そんな中、リリスがおもむろに服を脱ぎ始める。 「さぁ、ふたりとも。こっちいらっしゃい?」 「は?」 「何とぼけた顔してるのよ?道中暇でしょ?お姉さんが全身マッサージしてアゲルって言ってるの♡」  では何故服を脱ぐ?どう考えてもいかがわしいマッサージにしか思えない。 (こいつは放っておくとすぐコレだな……しかし。女もイケるとは。危険極まりない……)  俺は隣にいたライラの腰を抱えて傍に寄せた。『きゃっ♡』なんてデレつくライラを無視して、下着姿のリリスを睨めつける。 「ライラ様。淫乱魔術師の言葉に耳を貸してはいけません」 「あらぁ?東方のオイルマッサージ、王宮でも好評だったのよ?」 「高貴な身分の殿方に……でしょう?」 「ふふっ。宰相君てば、結構おマセなのね?(はかりごと)は得意なのかしら?」 (歴史ドラマでよく見る戦略だからな。色仕掛けなんて、むしろ初歩中の初歩だ) 「別に。少し考えればわかります。全く、とんだ宮廷魔術師がいたものだ。あなたのような実力者が故郷を離れてこんな遠方で油を売っているのも、大方ヤりすぎて追放でもされたのでしょう?」 「ふふふっ……♡」 「いいから、服を着てください。ライラ様が動揺してしまいます」  横目で見ると、案の定胸の大きさの違いに愕然としている。両手をおぼつかなさそうにわきわきと動かし、リリスの胸部に視線が釘付けだ。 「ど、どうすればあんな風に……」 「うふふ。教えてあげましょうか?ほら、こっちおいで♡」  向かいの席で隣をぽすぽすと叩くリリス。妖艶な笑みの裏で何を考えているんだか、油断も隙もありゃしない。俺はそっと膝を差し出した。 「行ってはいけません。ライラ様、あちらへ行くくらいなら僕の膝に」 「いいの?ふたりきりのとき以外はしちゃダメって……私達がラブラブなのは教会の皆には内緒なんでしょ?」 「本来ならば関係が露呈すると不利益を被るのですが、今回は構いません。リリス相手に今更隠す必要はありませんので」 「わぁい!」  嬉しそうに膝枕に寝転ぶライラを見て、にっこりと目を細めるリリス。 (よもや奴の狙いはこれだったのか?いや、まさかな……)  呑気に膝の上で揺られ、ライラが寝息を立て始めた頃。窓の外に大きな森が見えてきた。西の教会から街道を行った先。『鬱々として湿っぽい森(ダァクフォレスト)』と呼ばれる森林地帯だ。西方からではこれといった迂回ルートも無く、中央本部へ行くにはここを通らねばならない。  鬱蒼と生い茂った木々や蔦に囲まれ、難攻不落のダンジョンを彷彿とさせる佇まい。ザァッと風が吹くと、カラスが悲鳴のような鳴き声をあげながら飛び立っていく。 「薄気味の悪い森ですね……」 「そぉ?あたしは好きよ?魔女の住処っぽくて」 「はっ。あなたのような魔女は住んでないでしょうけどね?」 「あら、どうして?」 「男がいないから」  平然と告げると、リリスは楽しそうにくすくすと笑う。 「それもそうね。でも不思議。宰相君ってあたしみたいな人間に偏見とか無いの?」 「あなたみたいな?」 「そう。(しき)狂いの淫らな魔術師♡」 「別に。実力があってきちんと依頼をこなしていただけるのでれば、嗜好云々に口出しするつもりはありませんよ。あなたが好きでそうなったのであれ、そうならざるを得なかったのであれ……」  探るように目を細めると、リリスは口元に笑みを浮かべる。 「ふふっ。それ以上は詮索してこないのね?見た目以上に紳士なのかしら?」 「いいえ。深入りして巻き込まれるのがイヤなだけですよ」 「またまた、そんなこと言って。ライラちゃんがまだ幼いのに本部から一番遠い西に飛ばされた理由を聞かないのも、そういう気遣いなんじゃなくて?」 「…………」 (モニカちゃんか……案外口の軽い女だ)  俺は冷静に切り返す。 「僕のような力のない異邦人が生き残るには、厄介事とは無縁でいることが肝要です。ライラ様の方から話してこないのであれば、詮索するだけ危険に首を突っ込むようなもの。そんな自殺行為をするほど、僕は馬鹿ではありません」 「ふふ。だからかしらね?あなたの隣は居心地がいいわ」  リリスはそう言って、穏やかな笑みを湛えた。俺は釘をさすように言い放つ。 「この状況だからって、夜這いはやめてください?前も言った通り、胸の垂れかけた女に興味はないので」 「わかってるわよ。あたしだって、身体を許しても心が手に入らないような男に興味はないわ」 「そうですか。僕らはお互いがウィンウィンなようでなによりです」  くすり、と笑うとリリスも同様に肩を上下させた。腹の底が知れない魔術師だとは思っていたが、案外うまくやっていけそうでひとまず安堵する。  その後もリリスと他愛ない話や宮中、教会あるあるなどで話を弾ませているうちに日が沈み、『鬱々として湿っぽい森(ダァクフォレスト)』の中でも開けた場所に出たので、本日はそこで一泊することとなった。  リリスが魔法で火をおこし、馬車に獣が寄り付かないようにしたところで、夕食を済ませて眠りにつく。ライラは俺の隣、リリスはカーテンを挟んだ向かいのシートだ。昼間に散々寝たせいで中々寝付けないライラを寝かせるのには苦労したが、カモミールティーを淹れて背中をさすっていると、ライラはうとうとと眠りに落ちた。 (まったく……裁判へ行くというのに、呑気な寝顔だ)  満足そうに俺のシャツを握るライラに視線を落とし、ゆっくりと目を閉じる。 (裁判か……無事に終わればいいが……)  願うように逃れるように目を固く瞑っては、落ち着かない呼吸を整えながら眠りについた。       ◇ 「はぁ、はぁ……」  息苦しいような、聞いているだけで胸が痛む呼吸の音で目を覚ます。 (ライラ……?)  不思議に思って目を開けると、何も見えなかった。真っ暗で、視界いっぱいに闇が広がっている。目隠しをされているようだ。 「なっ――」  上体を起こそうと腕に力をいれるが、上に何かが乗っているようで思うように起き上がれない。腹部から胸元にかけて加わる柔らかい圧。覚えがあるような無いような心地の良い感触と、それにしては慣れない重み。 (乗っているのは、女か?だが……) 「ライラ、なのか……?」  どうにもそうは思えない。しかし、この軽さはリリスでもないだろう。  となると――  俺は目隠しを取って上に乗る人物を拘束しようと一気に起き上がる。 「誰だっ――!?」 「――っ!?」  銀の瞳と、目が合った。よく見ると、もう片方が青みがかったオッドアイ。顎下までのふわりとした銀色のミディアムボブ。見る限り可憐な美少女だが――こんな女に夜這われる覚えはない! 「どけっ!何者だ!?」 「くっ――!」 「――ッ!」  起き上がった拍子に、少女が手にしたナイフの先が手をかすめる。僅かだが、鋭い痛み。俺は一瞬で覚醒した。 「暗殺者(アサシン)か……!」 「――っ!」  再び振り下ろされるナイフ。俺は咄嗟に少女の手元を掴んで抵抗した。隣で眠るライラには目もくれない暗殺者。両手で短剣を構え、力一杯に俺を殺そうと刃先を突き付けてくる。 (狙いはやはり俺か……!だが、まさかこんなに早く、直接手を下しに来るとは……!) 「くっ……どこぞの手の者だ!?」 (ここで突き止めなければ、また同じ目に……!) 「言え!誰に言われて来た!」  ぷるぷると震える手を押し返そうと力を込めるが、流石暗殺者。少女にしては中々力がある。体重をかけているのか、思うように押し返せないうえに腹部に乗られているので脚で抵抗も出来ない。だが、体重をかけられているにしては相手の力が弱いように感じるのは気のせいだろうか?  震える手に潤んだ瞳。苦しげに漏れる呼吸。そして、心なしか徐々に弱まる力……  俺は、笑った。 「お前、人を殺すのは初めてか?」 「――っ!」 「その薄着(ベビードール)に、森の中にしては目立つ銀髪……大方色仕掛けで毒か睡眠薬でも盛ろうと思っていたんだろうが……残念だったな?馬車に美女を二名も侍らせるような男で」 「くっ――!」 「ふっ……そんな俺が今更、貧相な身体のお前に(なび)くはずもない」 「白い肌、黒い髪、鎖骨の十字傷……聖女を惑わす歪んだその笑み……!キサラギ宰相だな!?」 「だとしたら?」 「殺す……!」 「ククッ……ナメられたものだ」  いくら俺でも。こんな、獲物相手に怯えるような女に負ける気はしない。これならロイズの方が幾分マシだった。奴の剣先は確かに殺意に満ちていたのだから。  一向に身元を明かさない女に痺れを切らした俺は声を荒げる。 「俺を殺すということは、殺される覚悟があるんだろうなぁ!?」 「――っ!」 「リリス!いつまで寝ている!仕事の時間だ!!」  その瞬間、カーテンがサッと開く。姿を見せたのは、黒い下着姿のリリス。少女は思わず目を見開く。 「はぁい?こんばんは♡可愛いアサシンちゃん?」 「――っ!」 「じゃ、バイバイ?」  リリスが杖の先から仕込み刃を覗かせる。その鈍い光を見るや否や、少女は馬車から飛び出した。 「――っ!」 「逃がすな!追え!」 「はぁ~い♪」  リリスは軽い身のこなしで飛び降りると、杖を振るって焚き火を舞い上がらせた。少女の行く手に火の海が広がる。 「――っ!」 「ねぇ。わるーい女の子の行きつく先……知ってる?」  くすり、と迫る妖しい瞳。今では少女が俺達の獲物だ。リリスが赤い唇を開く。ゆったりと、撫でるように、諭すように、懐かしむように……  ――くすっ。 「――っ!」 「 火・あ・ぶ・り よ ♡」 「……っ!」  絶望する少女の瞳に映るのは、視界を埋め尽くす炎。そして……  妖しい魔女を従えた『悪の宰相』だった――

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • KAMIKOESI / Lucida Luster 〜頂点達の描いた最終未来〜

    なろうで残酷表現あり版を執筆しています。

    1,300

    0


    2021年6月22日更新

    第1節 Last Future 世界の頂点にして最も慈悲深いと評判の神族が運営・管理する魔法学園Gloryを辞めさせられたハツミリア・ルイデは 両親に魔法と剣術を習いながら悠々自適な生活を送っていた。 ある日、神界に顔が広い父であるキレが呟く。 かつての学友である大切な友達2人が危機に瀕していると... ハツミリアは両親にさえ秘密にしている ある"魔法"を使って友達2人に早速会いに行った。

    読了目安時間:3時間6分

    この作品を読む

  • 翡翠の星屑

    少女と青年の異世界ファンタジー作品です。

    44,700

    130


    2021年6月22日更新

    暗く澱んだその場所は果ての果て。最果てと呼ばれた牢の中。 「何がおかしいの?」 「──あんたは、誰だ。どうしてここにいる?」 母親を探す少女と囚われていた青年が出会い、物語は動き始める。関連のなかったひとつの出会いが新たな繋がりを呼び、やがてすべては必然と束ねられていく。少女が願い、青年が覚悟し、紐解いた先に見つけたのは、小さな星屑の欠片だった。 ※まれに暴力描写、残酷な描写が入る時もありますのでご注意ください。 ※小説家になろうにて連載している作品と同作品です。一部加筆修正しています。わけあってこちらでも掲載します。ご了承くださいませ。 ※タイトル画像は紅蓮のたまり醤油さん(@buU6eVC5WX4dNxM)が作ってくださった作品です。その節はどうもありがとうございました。 ※2021年3月2日から更新を再開します。毎週火曜日午前10時に更新予定です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:26時間4分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 負けるとご褒美映像のあるタイプの女勇者に転生してしまったorz

    ㊗️1周年イラスト追加 🔞に異世界転生!?

    470,700

    13,260


    2021年6月20日更新

    プロットあり ‪https://novelup.plus/story/406532720‬ 現世では男だった主人公は負けるとご褒美映像のあるアダルトゲームの女主人公に異世界転生してしまった。 負けると強くなる世界でこれを拒む主人公、主人公を敗北に導くべくあの手この手で無理難題の罠を張る国王。 果たして無敗攻略を達成できるのか?

    • 性的表現あり

    読了目安時間:15時間36分

    この作品を読む

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    126,400

    330


    2021年6月22日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:8時間16分

    この作品を読む