恋愛/ラブコメ 短編集 連載中

Die Sterne Funkeln~ディ シュトーン フォンケーン

作者からの一言コメント

――星が瞬く

読了目安時間:8分

Die Sterne Funkeln~ディ シュトーン フォンケーンの表紙

これは夜空に輝く星々のような新生男性アイドル達のささやかな恋愛模様。 全て同じように見える星々も、一つ一つ見てみれば異なる。アイドル達もまた、一人一人過去があって今があるのだ。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 Die Sterne Funkeln~ディ シュトーン フォンケーン
作者名 鈴牧りんな
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ BL 薔薇 日常 現代日本 ほのぼの ノベプラオンリー BLフェア2020
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2020年12月22日 14時01分
最終投稿日 2020年12月22日 14時03分
完結日 -
文字数 3,750文字
読了目安時間 8分
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 片思い同士の初恋

    これはハッピーエンドですよ

    0

    0


    2021年9月22日更新

    宮崎泉は誰もが認める美少女である。彼女は容姿だけではなく天使のような心も持ち合わせている正に女神と呼ぶにふさわしい存在だ。ただし、勉強は人並み以上に苦手としていた。そして、幼稚園からの幼馴染である奥谷信寛に小学生の時から片思いをしているのだが、その思いを伝えることは高校三年生になっても出来ていなかった。彼を追って同じ高校の演劇部に入ったものの、人前に出るのは少し苦手なため裏方として活動している。 奥谷信寛は演劇部に所属する容姿端麗で運動も得意で後輩からも慕われている。くしくも、宮崎泉と同じように勉強は苦手のようだ。彼も同じく幼馴染の宮崎泉にずっと思いを寄せているのだが、それを上手く伝えることは出来ないでいた。同じ演劇部に所属しているのだが、演者と裏方という少し距離の空いた関係のせいにしているのだが、彼自身の勇気が足りないだけという事は他の部員も気が付いている。 山口愛莉は常に一人で行動をしているような生徒である。だが、他人が嫌いというわけではなく、他の人との距離感が掴めていないだけなのだ。幼馴染の宮崎泉と奥谷信寛の二人がお互いを好きだという事には気が付いているのだが、自分がきっかけで仲の良い三人の関係が壊れることを恐れるあまり、二人の思いを成就させることが出来ずに悩む日々が続いている。 同級生や演劇部の部員も二人をくっつけようとしては見るものの、自分に自信のない二人は関係を前進させることが出来ずにいた。 このままでは思いを伝えることが出来ないまま卒業してしまうのではないかと危機感を抱いた二人が送る、高校生活最後の一年間の物語である。 この話は「小説家になろう」「カクヨム」「アルファポリス」にも投稿しております。

    読了目安時間:30分

    この作品を読む

  • 男子高校生、一軒家とメイドを手に入れる ~クールで毒舌なメイドさんが実は内心デレデレなはずがない~

    男子高校生と毒舌メイドの日常

    1,000

    0


    2021年9月22日更新

    うちの親は再婚同士だ。 実父と義母。 二人は息子の俺がいたたまれなくなるほどラブラブだ。 義母さんが仕事の関係で海外に行くことになったのだが父も仕事を辞めついていくらしい。 高校入学が決まっていた俺は日本に残ることにした。 俺抜きで好きなだけイチャついてください、と。 そんな俺に義母さんが用意していたのが――一人暮らしではあり得ない一軒家と超絶美人でクールで毒舌なメイドさんだった。

    読了目安時間:1時間2分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る