異世界ファンタジー 長編 連載中

美少女おじさん ~ちやほやされたいので異世界転移でカワイイ美少女になることにした~

Ell

作者からの一言コメント

『おじさん』は『美少女』になりたいのだ!

『おじさん』は、存在しているだけでこの世の中では色々と辛い目に遭うが、『美少女』ならば存在しているだけでちやほやされるに違いない! そう考えた『おじさん』は、とあるきっかけで金髪碧眼エルフ美少女になって異世界転移を果たす。 『おじさん』はただ、異世界で適当にちやほやされればよいのだ……そんな安易な考えのまま異世界転移した『おじさん』は、異世界の様々な人々と出会うが、これがまた変態ばかり?『蟻食い子爵』?『ドヘタのミレイ』? ええい『おじさん』はちやほやされたいのだーー!! 【他小説サイトにも掲載しております  小説家になろう  https://ncode.syosetu.com/n4631gm/  アルファポリス  https://www.alphapolis.co.jp/novel/941871627/391416826  カクヨム  https://kakuyomu.jp/works/1177354054922215136】

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 美少女おじさん ~ちやほやされたいので異世界転移でカワイイ美少女になることにした~
作者名 Ell
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ほのぼの 女主人公 エルフ 日常 チート ハーレム R15 TS 魔法 美少女 TS転生 性転換 内政 冒険
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年9月20日 1時00分
最終投稿日 2020年9月30日 21時00分
文字数 288,854文字
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 3件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • その雑用係、異世界から来た神の使徒につき

    ♡8,300

    〇50

    異世界ファンタジー・連載中・7話・24,905字 高柳神羅

    2020年10月27日更新

    世界を救い英雄となった冒険者ジュリアのパーティで雑用係として働いていたミナヅキは、非力で魔法が全く使えない戦力外の役立たず扱いされてパーティから追放されてしまった。 パーティを去ることを渋々承諾したミナヅキは、ジュリアに内緒で彼女に施していたひとつの魔法を解除した。それは、己の能力を相手に貸し与える魔法──ジュリアが持っていた英雄としての能力は、元々はミナヅキの才能だったのだ。 居場所は失ったが本来の能力を取り戻したミナヅキは、自由気ままに暮らすために新天地へと旅に出る。一方、英雄としての力を失ったジュリアは、本来の実力に伴わない肩書きに振り回されて順風満帆どころか急転直下の波乱万丈な冒険者生活を送る羽目に。自分が捨てたものの本当の価値に気付いた時には──全てはもう、手遅れ。 本作は試験的に投稿したものです。更新頻度は不定期であることを御了承の上、御覧下さい。

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡59,800

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・53話・274,956字 普門院 ひかる

    2020年10月26日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、電撃的に勲功を重ねていく。 ついには第6騎士団長に就任する。彼が編成した騎士団は闇のダークナイトなどを含む異色の騎士団で、人々からは暗黒騎士団(ドンクレリッター)と呼ばれ畏怖されるのだった。 そんな折、次期皇帝を巡るホーエンシュタウフェン家とヴェルフ家の争いが激化するが、フリードリヒの活躍もあり、ホーエンシュタウフェン朝が復活し戦いは収束する。 これで帝国に平和な時代が戻ってきたかに思えるのだが、帝国にデンマーク軍が攻め込んできたのだった。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 嘗て誅戮の限りを尽くした者の異世界冒険譚

    ♡1,500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・62話・302,168字 鳥びゅーと

    2020年10月27日更新

    『殺戮の執行者』と呼ばれ、ネットやワイドショーを大いに騒がせた、悪人のみを狙って思うがままに殺戮の限りを尽くしていた人物がいた。 誰にも知られることはなかったが、彼は二重人格でそれぞれの得意分野を活かしながら殺人を繰り返していた。 だが、そんな彼はある日、異世界への転生を果たす。それも、それぞれの人格を分離した別々の一つの存在となって。 転生した彼らは近くにあった街に向かうが、そこでひょんなことから街でも有数な人物であるルミナと出会う。 そして、二人はそこから様々な人物と出会い、自分達のことを受け入れてくれた者達と活動を共にしながら、その世界のことを学んでいく。 だが、転生前から用いていた戦闘技能や暗殺技能はあるが、魔力が存在していて魔法がある異世界は、それだけでどうにかなるようなものではなかった。 転生直後は魔法の知識も無いので、異世界で生きて行くには不安な状態だったが、二人は魔法や魔力を用いた戦闘方法について学んで、着実に実力を付けていく。 これは不条理を嫌い、世界さえも嫌っていた二人の異世界冒険譚。 ※一話当たり4000~7000文字ぐらいです(普通にそれを超えることもあります)。 元々は小説家になろうのみで連載していましたが、こちらでも連載することにしました。 それに際して掲載している分の改稿作業を行い、それが済んだ部分から順次掲載していきます。 そのため、改稿作業が最新部分に追い付くまでは更新量は不定になります。 小説家になろう、カクヨムでも連載しています。 【小説家になろう】 https://ncode.syosetu.com/n3566fk/ 【カクヨム】 https://kakuyomu.jp/works/1177354054934583938

  • シスコン超人高校生が帰るために頑張るお話

    ♡31,200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・74話・338,626字 イミティ

    2020年10月27日更新

    ある日、何の変哲もない日常から、突然異世界に勇者として召喚されてしまう高校生、夜栄刀哉と、そのクラスメイト。 彼らは召喚した国の王族に魔王を倒して欲しいと頼まれ、それを『自分達の身の安全、人権、尊厳』を保証してもらうことを条件に受け入れ、そうして勇者として力をつけるための訓練が始まる。 だが刀哉は、天才的な才能を持っており、すぐにその圧倒的な実力を周囲へとみせていくことになるが、ある日城が強大な力を持つ魔族に襲われ……。 圧倒的な強さと、異常とも言っていい膨大な知識量。 異世界での新たな出会いに、彼が何よりも大切にしていた、家族との再会。 時には支え、時には支えられる、大事な親友達との、強まる絆。 そして顕になる、夜栄刀哉という人間の特異性。 それらが果たして、刀哉にどのような影響を与え、どのような運命を見出させるのか。 ───これは、夜栄刀哉という人間の終着点までを描く、バトルファンタジーである。 ※既存作のリメイク作品です。