連載中 長編

その鑑定士、聖剣を握る。

作者からの一言コメント

チート級鑑定スキル。聖剣にも選ばれ、最強

卒業式の直後に王道異世界へ学級転移した塑通無(そつなき)春(しゅん)ら。音声ガイドによりなぜか冒険者になることとなり、剣士、魔法士など様々なジョブがある中、春のそれは枠外ジョブの鑑定士だった。一見役立たずだが、春を待つのは数多の鑑定スキル。敵の情報見放題、敵の攻撃も直前に鑑定し、全て対処可能。そんなチート職だった訳である。さらに聖剣までもが春を選び、彼は事実上最強の男となってしまった。しかし内気で優しい春は――? ※1話あたり約4000字です。 ※「小説家になろう」様にも連載しています。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 その鑑定士、聖剣を握る。
作者名 ラハズ みゝ
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 男主人公 鑑定士 学級 異世界転移 聖剣 ステータス 王道 チート 成長譚
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年3月22日 19時34分
最終投稿日 2020年6月7日 9時59分
文字数 50,601文字
ブックマーク登録 2件
コメント/スタンプ 8件
応援ポイント 1,100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界ふぁんたじー。

    ♡33,411

    〇711

    異世界ファンタジー・連載中・12話 六海 真白

    2020年7月14日更新

    インドア生活を送っていた高校生、黒川 翔は突然天使に死んだことを告げられた。魂の管理をしているという天使 サリエルにお約束であるはずのチート能力を与えられず、魔王を倒してほしいと異世界に送られる。少年は異世界で出会った自分を神であると名乗る少女 アリアとパーティーを組むことになったのだが・・・。 少年のどこか間違っている異世界冒険が始まる。

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡219,700

    〇1,785

    SF・連載中・56話 新星

    2020年7月12日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 2020年7月15日更新

    ※設定集は“最初に読まなくとも”楽しめます ※コメント等は積極的に歓迎しております ※海軍、特に軍艦の知識を募集しております 主人公“ゼルゲイド・アルシアス”は、敬愛する父親が遺してくれた辺境の小国「サロメルデ王国」に位置する家で、自給自足の生活をしていた。 しかし、そこに二人の来客が現れる。“アドレーネ”と名乗る少女と、“M”と名乗る初老の男は、ゼルゲイドの力を以て、亡国「ゲルゼリア王国」の再興を要請する。はじめは断ろうとするゼルゲイドであったが、『父親の不名誉の真実が分かる』との言葉を聞くと、態度を一変させて協力する意思を見せる。 時を同じくして、サロメルデ王国が戦争状態へと突入する。強大な軍事力を持つ「ベルゼード帝国」の圧倒的な力の前に、王国の民は一人、また一人と殺されていく。 ゼルゲイドはアドレーネやMのため、また、今まで過ごしていたサロメルデ王国、そして、今は亡き父親の名誉ために、愛機「シュヴァルリト・グラン」を駆り、戦争へと身を投じるのであった。

  • 異界着ぐるみ無双ライフ?

    ♡500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・18話 チョコレート

    2020年7月15日更新

    今年から新素材開発をする会社に新入社員として働きだした芦田真木は、着ぐるみ部門で新たに作られる着ぐるみのテストを毎日していた。 今日は着ぐるみ部門の変態と呼ばれている白木エルの開発した、ほぼ擬態化出来る動物着ぐるみシリーズの13号、ほぼペンギンスーツを着ながら施設内にある巨大プールにて、性能テストをしていたのだけど、そこで私は突然身体が硬直してしまった…… そして、目覚めた私が目にしたのは学生服を着た集団と鎧を着た集団との言い争いだった。 えっ? これはどういう展開? しかも私はペンギンの着ぐるみを着ているし…… あれ? 着ぐるみが脱げない!? 何で!?