異世界ファンタジー 長編 完結済

魔導書転生。 最強の魔導王は気がついたら古本屋で売られていた。

作者からの一言コメント

私は気が付いたら記憶喪失の魔導書だった。

最強の魔導王だったゾディアは気がついたら古本屋に売られている魔導書に転生していた。 名前以外のほとんどの記憶を失い、本なので自由に動く事も出来ず、なにもする事が無いままに本棚で数十年が経過していた。 そして念願の購入者が現れることにより運命は動き出す…… 元最強の魔導書と魔導が苦手な少女の話。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 魔導書転生。 最強の魔導王は気がついたら古本屋で売られていた。
作者名 チョコレート
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 魔導書 最強 少女 学園 元魔王 最強主人公 勇者 魔王 ほのぼの アクション/バトル ダンジョン 転生/転移
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年9月12日 7時09分
最終投稿日 2020年3月28日 20時20分
文字数 98,594文字
ブックマーク登録 8件
コメント/スタンプ 57件
応援ポイント 16,550pt
ノベラポイント 115pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 2020年9月29日更新

    《青髪美少女ら個性的なキャラが勢揃い! 陽キャ悪魔が恋と戦いに生きる物語》 ここは、人間と人外が共存する世界。4世紀以上の歴史を持つティトルーズ王国は、魔術と蒸気という双方の機関によって平穏が保たれていた。 天然ジゴロの悪魔騎士アレックスは、他国での任期を終え故郷へ帰国。行きつけの酒場で看板娘シェリーと出会い、恋に落ちる。しかし、彼女の心には3年間行方不明の想い人ジャックがいた。 一見平穏に見える母国だが、実際は(アレックスの帰国から)1ヵ月前より反社会的組織「銀月軍団(シルバームーン)」によって魔物が蔓延っていた。急速に勢力を伸ばしたことで、一流ギルド「ティトルーズ防衛部隊」ですら手に負えなくなる始末。 惨状に嘆いたマリア国王は、魔術戦隊「純真な花(ピュア・ブロッサム)」を結成する。一刻も早く解決すべく、王である本人も参戦していたのだ。 銀月軍団に対抗できるのは、より高い魔力を秘めた者とその統率者のみ。アレックスは、マリアの夫ルドルフからの命により、純真な花の隊長を務めることに。 メンバーは、紅蓮の女王“マリア”に月光のメイド長“アイリーン”……そして、燐光の銃使い“シェリー”。自身が恋した看板娘と同一人物だ。 のちに柳緑のエルフ“エレ”と、陽光の剣士“アンナ”も加入。それぞれの思いを胸に、内に秘めし力を覚醒させることとなる。 やがてシェリーはある理由からジャックへの想いを棄てる。それでも進展しにくいアレックスとシェリーだったが、ある共通点があった。それは、会う度に断片的な追憶が起こること。彼らのフラッシュバックは必然的に互いを結びつけ、惹かれ合っていくが……。 5人の美女との絆はやがて強固になり、思わぬ方向へ……? 「母国の未来」と「愛しきシェリーとの関係」の行方、そして閉ざされた記憶の真実とは。 --- ・なろう・カクヨムでも掲載中。 ・ハイテンポで軽やかなファンタジー ・純愛度高め、ビターなハーレムあり ・ヒロイン:青髪ロングのガンナー、ツインテ女王、即堕ちエルフ、クール系武闘派メイド、ショートヘアなボクっ子剣士 キャラ紹介などのまとめ有 【テーマ】 第一部「希望」 第二部「消えぬ過ち」「冒険」

  • 異世界ストイックファンタジーここに開幕

    ♡8,600

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・19話・67,345字 終わりの詩人

    2020年9月29日更新

    世界に絶望する青年ユウセイは、魔王との戦いにより親友カグラを失った。全てが終わると思われた時、正の女神ネメシスと出会い、その命を救われる。苦悩の末にカグラの意思を継ぎ、勇者を目指す。 かつての動乱が支配した時代より5000年。九つの国は、お互いを牽制し合い、何とか均衡を保っていた。ソレは最強の勇者カグラの死により、音を立てて崩れていく。 勇者ユウセイと、失った女神ネメシスによる英雄ストイックファンタジーここに開幕ーー