エッセイ/評論/コラム 短編 完結済

禁断の対義語を作ろう

作者からの一言コメント

禁断の対義語はないらしい。なので……。

 夜食と聞いて思い浮かぶものはラーメン。そう、ラーメンは美味しいが、深夜のラーメンはヤバイほどうまい。美味しいではなく、うまいなのだ。  カロリーを気にして、いつしか罪の意識を覚えるようになった夜食。罪の意識があっても食べたいカップラーメン。  ううう、贅沢品は避けるべく、我慢するべきなのか。ううう、深夜の解放感は幻で、単に日常の延長線というわけか……。  そんな涙に暮れたとき。  なんと、代替品が……あった~! というのが、今回のお話。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 禁断の対義語を作ろう
作者名 呂彪 弥欷助
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ 禁断の夜食コン
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年11月24日 18時44分
最終投稿日 2020年11月24日 18時45分
完結日 2020年11月24日 18時45分
文字数 1,270文字
ブックマーク登録 3件
コメント 3件
スタンプ 4件
ビビッと 1件
応援ポイント 5,200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 正しく生きるための戦い方

    ♡5,900

    〇50

    異世界ファンタジー・連載中・60話・247,953字 霜月みさき

    2021年1月15日更新

    「いいか、お前の力は何かを守る力だ。何かを奪ったり誰かを傷つけたりする力じゃ決してない」 この世界の人間は、炎や雷などの能力を生まれながらに持つ。 そんな世界で自分が異世界である日本という国の女子高生だったことを思い出した少女の人生は一変していく。 記憶と共に出現した少女の能力である「青い炎」はこの世界では禁忌の能力とされ恐れられ、かつてとある国のとある女王が最強の名を欲しいままにしていた能力だった。 月日は経ち、絶滅したはずの魔族の襲撃で大切な育ての親を失った少女は魔族への敵討ちを誓い騎士団に入団する。 しかし、禁忌の能力「青い炎」の使用を禁止された少女は仕方なく剣の腕を磨きながら魔族を倒すために任務をこなすことになる。 思い出した記憶の自分も今の自分も変わらないことが1つだけある。 「助けてと言われたら絶対に助ける」 それが自分の命を削ることになったとしても。 自分が本当は誰なのか、どこからきたのか分からなくても生き方はずっと変わらない。 大切な人との約束をずっと守り続けるだけだ。 そんな少女…井神みぃが世界を変えてしまうまでの話。

  • 最強やチーレム、悪役令嬢を断罪する!

    ♡169,200

    〇11,830

    異世界ファンタジー・連載中・8話・37,749字 おむすびころりん丸

    2021年1月12日更新

    最強・チーレム・悪役令嬢! 増えすぎたテンプレあるある転生者達を片っ端から始末する! ⭐️一話に多くの自作挿絵を利用してます。ラノベやノベルゲーム好きな方にはお勧め! ⭐️各話の最後に女性キャラのサービスショット付! ※第一話からです。 ⭐️挿絵掲載はノベルアッププラスのみ! ※カクヨムにも挿絵無しで掲載しております ※挿絵は全て、フリー素材や二次利用可能なツールを使って作った自作のものです。 表紙や挿絵など作成希望の方はお気軽にご連絡ください。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 妄想かは、あなたにおまかせ致します

    ♡700

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・連載中・19話・2,890字 micyn

    2021年1月16日更新

    あ、そういえば、と思ったことを、 面白そう?に書いてみます。

    タグ:

    ほのぼの 日常

  • 解説編

    ♡500

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・連載中・5話・7,607字 kazura

    2021年1月16日更新

    拙著『カッシーニの冒険』の解説です。 専門用語や技術的な説明を本編で行なうと興ざめするので、こちらで解説します。 本編と同時進行です。 今後のストーリーに関わるネタバレはありません。 しかし、物語の演出で「あえてこうしている」という場面も解説に載せますので、物語に浸りたいという方は、本編を読み終えてからこちらに目を通していただくことをお勧めします。 「ここがわからん」、「ここをもっと詳しく」という項目がありましたら、コメントをいただければ後で追記します。 ・画像はNASAの著作権フリーのものを使っています