文芸/純文学 短編 完結済

縁側は火薬の匂い

作者からの一言コメント

あの夏の日の君を、僕はずっと

読了目安時間:7分

総エピソード数:1話

縁側は火薬の匂いの表紙

ほろ苦い、夏の日の出来事。 それは、少年の心に世界を植え付けた。 ――あの日の君を、僕は忘れない。

総エピソード数:1話

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 縁側は火薬の匂い
作者名 碧井夢夏
ジャンル 文芸/純文学
タグ 現代日本 日常 夏マラソン2週目
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年7月16日 16時45分
最終投稿日 2021年7月16日 16時45分
完結日 2021年7月13日 16時52分
文字数 3,304文字
読了目安時間 7分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 1件
コメント 1件
スタンプ 4件
ビビッと 0件
応援ポイント 3,800pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る