異世界ファンタジー 長編 連載中

ペガシャール帝国興隆記

作者からの一言コメント

自称ガチ本格ファンタジー

読了目安時間:15時間50分

総エピソード数:102話

神の使徒が人の王の象徴として支えになる『選定遊戯』が行われなくなって、200年。 ペガシャール王国に王の資格を持つものとして生まれ育ったアシャト。 彼と、そして彼に敵対する六王国。これは、彼らの、天下の覇権をかけた争いである。 とまぁ大層なことを書いてますが、要はファンタジー世界で魔術だの神様だのをいれてるだけの三国志みたいなもんです。 劉備に関羽や張飛、孔明がいたのと同じように敵にも夏侯淵や張郃、司馬懿みたいなのが6国にわたりいる、そんな話です。つまり本格ファンタジー戦記ですね、多分。 主人公側も大概なチート、敵も同じだけのチート。ワンサイドゲームには絶対しない、を心がけております。 単純で分かりやすい世界観ですが、だからこそ人や環境、政治等に力を入れています。ぜひとも読みに来てくれると幸いです。 俺TUEEE展開、ざまぁ展開等の流行からは真っ向から違反してます。あるいはそれっぽいナニかはあるかもしれませんが、作者が企図したものではありません。ラブコメは……どうでしょうね?

総エピソード数:102話

総エピソード数:102話

作品情報

作品名 ペガシャール帝国興隆記
作者名 四守 蓮
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 戦記 シリアス 男主人公 中華風 西洋風 R15 異能 下剋上
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2021年8月24日 0時00分
最終投稿日 2022年9月25日 16時00分
完結日 -
文字数 475,056文字
読了目安時間 15時間50分
総エピソード数 102話
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 4件
ビビッと 0件
応援ポイント 7,600pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • BLACK EDGE

    冒険ファンタジー

    8,200

    0


    2022年10月1日更新

    BLACK EDGE ⭐︎あらすじ⭐︎ 世界を作った原初の存在、龍。その龍達は太古の昔に滅び、伝説上の生物となっていた。 そんな龍の力を宿した主人公ブラッドは、過去に家族を殺したグリモワールという組織を追って旅をしているところ、金髪の少女フェアと出会った。 彼女もまた龍の力を持った存在であり、そしてグリモワールと因縁があった。 少女を助けたブラッドはあることを頼まれ、共に旅をすることになるのであった。 ⭐︎ピラフドリア⭐︎ 初心者の書き手です。誤字なども多いと思います。 イラストや動画制作もしているので、そちらもよろしければご覧ください。 ⭐︎注意⭐︎ 悪質な行動やコメントはお控えください。私だけではなく、関係者や他の読者が不快に思われる場合がございます。 出来る限りを尽くしますが、全てのコメントやメッセージを把握できるとは限りません。 大幅な修正は極力控えますが、事情により修正が加えられる可能性があります。 投稿頻度に関しましては、現段階では安定は保証できません。場合によっては長い期間お待ちしてもらうことがございますが、お許しください。 二次創作や宣伝に関しましては、一度作者(ピラフドリア)を通してください。作品への影響を考え、検討させていただきます ⭐︎詳細⭐︎ 以下のサイトでも投稿してます。 ・小説家になろう ・エブリスタ ・カクヨム ・ハーメルン ・pixiv ・ノベルアップ+ ・アルファポリス ・MAGNET MACROLINK ・ツギクル ・note ・TINAMI ・GALLERIA ・YouTube ※注意 ・かなりガバガバ設定です。 ・厨二作品を目指しましたが、知識的に限界な点があります。 ・一話一話は短いですが、作者のやる気を保つためです。その分ストックは溜まってます。

    読了目安時間:9時間6分

    この作品を読む

  • ~新世界の英雄譚~

    ガチガチなファンタジー物語でございます。

    2,700

    0


    2022年10月1日更新

    「キラ」と名付けられた少年には、記憶がなかった。 親も、友達も、居場所も。目を覚ました時には、そのすべてが忽然と消えていたのである。 しかも少年……キラは、魔法を使えなかった。 代わりに「神の如き力」を授かってはいたものの、終始暴走気味。 運命のいたずらはそれだけにとどまらず、数々の困難が立ちはだかる。 ”闇”に”青い炎”、”厄災の魔獣”ドラゴン、正体不明の敵……。 キラは「力」に振り回されながらも、愛刀とともに前へ突き進む。 そして……。 キラは己の謎と向き合うこととなる。 なぜ、記憶を失ったのか? どうして、あの時あの場所で倒れていたのか? どこで生まれ、何をして過ごし、どんな経験をしたのか? そのすべてが明らかになった時。 世界の真理への扉が開かれる。 これは、記憶を失った少年が、歴史上最も偉大な英雄となる物語である。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間40分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • (かいりゅうのエコー) 現代海軍×ロボット兵器 現行文明が滅亡して、何千年も後のどこかの惑星。海に囲まれ、大海流に流される浮島に住む人々の物語。 星の命運も尽きるかと思われた第二次全洋大戦から20年が過ぎた。人々が平和な日々に慣れつつあった開放歴865年、再び暗雲が世界を覆いつくそうとしていた。 大戦の英雄、羽佐間誠十郎の甥である羽佐間勇名(いさな)は、叔父の元で優秀なパイロットになるべく英才教育を受けていた。彼が駆るのは海面を滑走する海軍所属のロボット、機甲神骸(アーミス)だ。 16歳の勇名は、様々な人々と関わりを持ちながら成長し、世界の危機を食い止めるため、仲間を失わないために、戦いの日々に身を投じる。 ※本作は小説家になろう様にも投稿しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間0分

    この作品を読む

  • ドラゴン戦役

    ドラゴンを主軸とした超大型ファンタジー‼

    221,300

    33


    2022年9月30日更新

    この作品はドラゴンをメインに据えた、自身初の超大長編ファンタジーです。 約二〇〇〇年前、人類は滅びの道を選んだ。人類は核兵器と呼ばれる恐ろしい兵器を用い、自滅した。そして放射能により、恐ろしく巨大な化け物を生み出した。鳥たちの一部が変異を遂げたのだ。さらなる太古に存在していたとされる恐竜が、その姿を鳥へと変えて生き延びたように、今度は恐竜よりもっと恐ろしい怪物、ドラゴンへと姿を変えた。その結果人類は、その数をおよそ全盛期の一〇〇分の一以下にまで減らしてしまったのだ。 人類はドラゴンによって空を支配された。制空権を失った。 人類は異形の者によって海を支配された。制海権を失った。 ドラゴンが支配する空域”レムレース空域”には、ドラゴン達を束ねる強大な闇のドラゴンが存在する。 闇のドラゴンはドラゴン以外の種族を消し去ろうとした。しかしそれに反対したのが、四体の偉大なドラゴンだ。 光のドラゴン”レフレオ” 炎のドラゴン”エタンセル” 水のドラゴン”アルウェウス” 風のドラゴン”ブリューム” 彼ら四体の偉大なドラゴンは、闇のドラゴンの考え方に反対し、それぞれ地上に降り立った。そして彼らは地上の人間達を守護するため、空のドラゴンたちが地上にやってこないように、共同で結界を張った。地上と空をわけたのだ。 人類は四体の守護竜に守られながら、非常に長い時間をかけて四つの国を作り、それぞれの守護竜の名前をその国名とした。 そんな中、神話に登場する光の後継者の名を継いだ男、ハンス・ロータスは、守護竜の血を引く相棒、四足竜レフレオと共に、空と海の主導権を取り戻すための戦いに身を投じていく。 これは神話の名を継いだハンスと、守護竜の血を引くレフレオの、人類の存亡を懸けた冒険譚! 金土日の週3日更新でやっていきますので、よろしくお願いしますm(_ _)m

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12時間45分

    この作品を読む