エッセイ/評論/コラム 短編 完結済

僕が「なろう系」を嫌う理由

作者からの一言コメント

好きな方は読まない方がよろしいかと

なろう系もとい、チーレム嫌いの僕が何故それらを嫌いになったか……です。 僕が嫌いなだけで、好きな人をどうこう言うものではありませんが、僕の経験やその時の思いに準じたものですので他意はなくとも否定があります。 こういう人間がいる、という程度に覚えていただければ。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 僕が「なろう系」を嫌う理由
作者名 那須 粋花(なす すいか)
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年1月12日 22時53分
最終投稿日 2020年1月19日 0時44分
文字数 11,909文字
ブックマーク登録 52件
コメント/スタンプ 159件
応援ポイント 154,000pt
ノベラポイント 400pt
応援レビュー 0件
受け付けていません
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 厄災を巡る骸骨騎士と猫小人の戦いの記録。

    ♡404,350

    〇1,050

    異世界ファンタジー・連載中・102話・991,235字 なっとうごはん

    2020年9月25日更新

    地球とは違う世界。すなわち異世界。そこでは多種多様の種族たちが生を謳歌していた。 人間族、エルフ、ドワーフ、獣人。そして、小人族。 その小人族の中に、更に珍妙な種族が存在した。 その名も【にゃんこびと】。彼らは猫の特徴を持つ、十センチメートル程度の小人族である。 手のひらに載ってしまうサイズであるにゃんこびとは、その猫の特徴と性格を持つが故に可愛らしい。 しかして、その身体能力は人間族を圧倒し、尚且つ【弱肉強食】を掲げる戦闘民族でもあった。 そんな彼らはある日、にゃんこびとの兄妹が連れてきた【死したる黒き騎士】との出会いによって、大いなる運命に導かれることになる。 かれらと相対するは、絶望的な力を有し、悪逆の限りを尽くす【十二の厄災】。 全ての命、そして世界そのものを滅びに誘わん、とする厄災に敢然と立ち向かうにゃんこびとと仲間たち。 果たして、彼らは理不尽極まる存在にどう立ち向かい、どう打破してゆくのか。 剣が煌めき、魔法が踊り、戦闘ロボットが閃光を放つ。 鎖から解き放たれた獣たちによる、世界の存亡を賭けた戦いが、今、始まる。 これは、小さな勇者たちと、彼らに仕える死霊の騎士の壮絶なる闘いの記録である。

  • 夢コン出品作品です

    ♡4,200

    〇200

    現代/青春ドラマ・完結済・1話・1,091字 来亜子

    2020年9月24日更新

    恋に落ちてくキミも 恋に破れるキミも いちばん近くで見ていた

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 軽く読んでください

    ♡400

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・連載中・30話・54,400字 鮫島英一

    2020年9月25日更新

    投資家としてのそこそこの経験から、色々思うことなどを出来るだけ読みやすく描いていきます。 このエッセイを読んで、少しでも投資に興味を持ってくれたら幸いです。 現在相場がめちゃくちゃなので、コロナショックが過ぎたら投資を開始しよう、が正しいタイトルだろうね。 毎週金曜日午前8時に更新 興味に惹かれた方へ一言。 投資は結果も含めて自己責任で。

  • 初心者~中級者向け、小説講座だよ

    ♡281,905

    〇1,678

    エッセイ/評論/コラム・連載中・56話・112,933字 とんこつ毬藻

    2020年9月25日更新

    初めましての方、初めまして。 Web作家をやってます、とんこつ毬藻です。 いつも作品を読んで下さっている方、ありがとうございます。 皆さんは、なぜ小説を書いていますか? 小説は書いているんだけど、今悩んでいる事がある。 或いは今から書きたいなって思っている方。 ◆小説は書きたいけど、どうやったら面白くなるか分からない。 ◆アニメやゲーム、小説を読むのが好きで、形にしてみたい。 ◆妄想は浮かぶんだけど、形にするとおかしくなる。 ◆書く意欲はあるんだけど、すぐにエタる(更新が止まる)。 ◆起承転結って何? プロットって何? ◆どうやったらランキングに載るの? ◆どうやったらもっとうまく書けるかな? ◆モチベーションが維持出来ません。 ◆読者を惹きつけるコツってあるの? ◆伏線の張り方がわからない。 ◆書籍化やコミカライズを目指してます! 創作って、本当に奥が深い。 考えれば考えるほど、沼にハマっていきます。 モチベーションも考え方も人それぞれ。 「そもそも、創作なんて楽しくなくていい。お金をもらう手段だ」 みたいなプロ作家さんもいらっしゃいます。 ここではあくまで、創作をするにあたって楽しく、 そして上達するためにはどうすればいいか? そんなお話が出来たらなって思います。 創作歴15年(ブランク期間を除く6~7年) コンテスト受賞歴(長編1作/短編ミニコン1作) 小説投稿サイト公式作家経験あり(MAGNET MACROLINK) そんなとんこつ毬藻が送る小説講座のはじまりです。