異世界ファンタジー 長編 完結済

ロマン・エイジ

作者からの一言コメント

この物語のロマンを、感じてください

読了目安時間:2時間48分

ロマン・エイジの表紙

鉄と石炭、煤煙と蒸気が漂い、列強国が睨み合うユースティア大陸。 グラーセン王国の若者、クラウス・フォン・シャルンストはマールに留学していた。彼はある夜、不思議な少女に出会う。彼女はクラウスに、自分の夢に協力してほしいという。 彼女の夢。それはかつて大陸に存在していた、『クロイツ帝国』を復活させるというものだった。 これは『近代』という、まだ世界にロマンが残っていた時代の物語

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ロマン・エイジ
作者名 葉桜藍
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ファンタジー ノベプラオンリー 西洋風 近代 男主人公 女主人公 HJ大賞2020後期
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年3月23日 0時17分
最終投稿日 2020年3月23日 10時55分
完結日 2020年3月23日 10時55分
文字数 84,237文字
読了目安時間 2時間48分
ブックマーク登録 112件
コメント 9件
スタンプ 99件
ビビッと 5件
応援ポイント 79,615pt
ノベラポイント 1,610pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 【召喚士の旅】少年は不愛想な人型精霊から、召喚中はどうせ暇だろうと双剣を渡された。

    召喚士が不愛想な精霊と物理攻撃で生き抜く

    105,800

    502


    2021年5月12日更新

    【1行紹介】 貧乏症で微笑ましい少年召喚士と、クールで不愛想なのに人の常識に疎く照れ隠しする精霊の相棒旅! 【あらすじ】 物語の主人公であるキリムは、危険を冒して各地を回る「旅人」を志望する少年だ。 彼は召喚の能力を持っていて、自然や力を司る精霊を呼び出すことができる。 しかしその能力を使っていつかは旅に出たいと思うものの、 病気の父の看病、魔物の襲来で壊滅した村の復興のため、その夢を諦めつつあった。 キリムはそんなある日、駆け出しには不相応な強さを誇る人型の精霊ステアを呼び出してしまう。 生活費も底をつき、父親の薬も残りわずか…… 哀れなキリムを見かねて、ステアはキリムに旅立ちを決意させる。 「魔法はどれくらい使える。1度召喚してしまえば暇だろう」 「暇って……。魔法なら1日に5,6発はなんとか」 「話にならん。魔力切れを恐れて突っ立っているくらいなら武器を使え」 「え、ええ……? 俺、召喚士ですけど」 貧乏な村を襲った悲劇のせいで、出遅れてしまった新米召喚士の少年キリムと、そんなキリムを放っておけない不愛想で優しい相棒、人型精霊ステアの旅。 時折現れる他の精霊の助けや人々との出会いにより、キリムは次第に旅人としての頭角を現す。 そして、その旅の中で、それぞれに隠された秘密へとたどり着く。 デルを捕らえ、両親や精霊たちの雪辱を果たせるのか……。 毎日更新! 世間慣れしていない少年と精霊の旅を是非お楽しみ下さい! 主人公の成長や相棒との信頼関係、旅の様子、人との繋がりを重視した作品です。 どうか面白いと思っていただけましたら応援を宜しくお願いします。 ※ブックマーク、スタンプ、レビュー、応援ポイント等は有難く頂戴いたしますが、 ノベラポイントは不要です。お気持ちだけで十分です。 カクヨム他でも掲載しております。 カクヨム版作品フォロー1000人突破、14万PV達成! 小説家になろう版1000pt突破、20万PV達成! 有難うございます!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:16時間40分

    この作品を読む

  • 拝啓スノードロップ

    それは、二千年前に届いていた手紙だった。

    273,900

    8,310


    2021年4月18日更新

    ――これは、『邪悪なドラゴン』を救う物語。 古の堕ちたドラゴン、アルマス・ヴァルコイネン。 彼と出会い、彼を知り、そして様々な形で彼を愛した人々。紡がれた記録は、アルマスにまつわる謎を暴く。 彼は恐ろしい化け物なのか、愛すべき英雄なのか。 魔法×ドラゴン×現代の幻想群像劇、ここに開幕。 ----- 魔法やドラゴンが存在する、似て非なる地球。 この世界では強い意志を持つ人間はドラゴンに成る。 「愛する人を守るため」。 類まれな愛を神は認め、強大な力を与えるのだ。 気弱な青年・アルマスも、その愛を神に認められた一人だった。彼は命がけでドラゴンに成り、襲撃者であるドラゴンから町を救った。 しかしアルマスの姉、キエロは自身の日記にこう記す。 『アルマスは人を脅かす悪のドラゴンだ』と。 結果、アルマスはいつの世も悪者として扱われた。実姉の書いた日記『スズランの手記』は何千年も御伽噺として語り継がれ、民衆はアルマスを恐れ続ける。 そんな中、彼に助けられた一人の少女が現れた。 邪悪な黒いドラゴンの追放から二千年。長い時を超えて、物語は大きく動き始める。 ※この作品は「カクヨム」「小説家になろう」にも掲載しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間25分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る