異世界ファンタジー 長編 連載中

ラフィアの翼

作者からの一言コメント

忘れられた神話を巡る、少年少女の物語

読了目安時間:13時間43分

総エピソード数:91話

ラフィアの翼の表紙

夏が終わり、秋のはじめ。騎士を目指して学院生活を送るステラ・イルフォードは、故あって教会にやってきた。 そして、神父を狙う殺人鬼に出くわした。 ステラと彼女の学友たちは、事件現場に居合わせたことをきっかけに、隠された神話を知る。 ――世界を見守る偉大なる女神は、一時代に二人、心正しき人間を選ぶ。 そして選ばれた二人には強大な力が与えられる。人々は、彼らを『翼』と呼び、畏れ敬った―― 新たな『翼』の誕生を阻もうとする人々が教会関係者を狙っていると推測したステラたちは、神父を守るために行動を起こすのだが……その先で待ち受けていたのは、予想だにしなかった展開であった。 「困ってるのはみな同じよ。俺だって、正直、頭痛がしてきそうだ」 「あんたが頭痛だけなら、あたしはそれに加えて胃が痛くなりそう」 これは、自覚の薄いまま神話の当事者となった少年少女の、青春と戦いの物語。 ※他サイト先行、まとめて連続更新します(Ⅳ~) ※タイトル末尾に★がついているエピソードは、挿絵つきです。お好みで表示設定を切り替えてお読みください。

総エピソード数:91話

作品情報

作品名 ラフィアの翼
作者名 蒼井七海
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ハイファンタジー 学園 神話 青春 W主人公 近代欧風 挿絵あり 処女作リメイク
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2021年7月10日 14時32分
最終投稿日 2022年8月14日 19時00分
完結日 -
文字数 411,341文字
読了目安時間 13時間43分
総エピソード数 91話
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 10件
ビビッと 4件
応援ポイント 7,300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けていません

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 最強スキルで無双したからって、美女によってこられても迷惑なだけなのだが……。冥府王ノコは普通目指して今日も無双する

    主人公最強ストレスフリー、現地主人公です

    13,750

    40


    2022年8月15日更新

    男は四人の魔王を倒し力の回復と傷ついた体を治す為に魔法で眠りについた。 三十四年の後、完全回復をした男は、配下の大魔女マリーに眠りの世界から魔法により連れ戻される。 三十四年間ずっと見ていたの夢の中では、ノコと言う名前で貧相で虚弱体質のさえない日本人として生活していた。 目覚めた男はマリーに、このさえない男ノコに姿を変えてもらう。 それはノコに自分の世界で、人生を満喫してもらおうと思ったからだ。 この世界でノコは世界最強のスキルを持っていた。 同時に四人の魔王を倒せるほどのスキル<冥府の王> このスキルはゾンビやゴーストを自由に使役するスキルであり、世界中をゾンビだらけに出来るスキルだ。 だがノコの目標はゾンビだらけにすることでは無い。 彼女いない歴イコール年齢、風俗経験無しのノコに普通の彼女を作ることであった。 だがノコに近づいて来るのは、大賢者やお姫様、ドラゴンなどの普通じゃない美女ばかりでした。 果たして普通の彼女など出来るのでしょうか。 普通で平凡な幸せな生活をしたいと思うノコに、そんな平凡な日々がやって来ないという物語です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間17分

    この作品を読む

  • 死が永遠を生きる二人を別つまで ~失われた記憶と寂寞の過去の鎖~

    いつも過去を気にしてしまう貴方に捧ぐ

    0

    0


    2022年8月15日更新

    辺境伯の庶子であるアリシアは、記憶を失っていた。 気がついたときにはロイという美麗な青年と一緒に、聖都で慎ましく暮らしていた。 しかし、何故かロイと別れて、王都の屋敷に移ることに。 そこで義理の母、義理の姉妹と共に暮らすが、庶子であることから執拗に虐められる。 そんな中、ひょんなことから王宮へと出入りするようになり、様々な事件と遭遇する。 やがて、本当の自分に気付き……。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:28分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 幸せな高校生活を送ろうと、日夜ゾンビと戦う過酷な世界で生きようと、今日も俺は夢を見る

    割としっかりしていて今でも気にいってます

    9,300

    500


    2022年7月30日更新

    人間の三大欲求とされる睡眠という名の欲求。 俺はこの睡眠において、少しおかしな特性を持っている。 夜の9時には抗うことすら許されない程の強烈な眠気によって夢の世界に入り込み、例えどんなに眠かろうと、必ず朝の6時に起きてしまう。 その合間に起きることは無く、例え、どんないたずらをされようと、俺が目を覚ますのは決まって6時だった。 そして、決まっていつも同じような夢を見る。 夢で見る世界はいつも決まって同じ舞台だった。俺の知っている都市は壊滅的な状況に陥っており、外に出れば荒廃した世界がただ広がるだけの世界。そこに笑いあい、怒りあう人間の姿は無く、居るのはゾンビと称された元人間だけであった。 そんな世界で、俺は頼れる仲間と共にその荒廃した都市に蔓延るゾンビ達と日夜戦っていた。 不思議な不思議な夢で、その世界の俺はその世界を夢だと認識することは無く、同じように夢で見る平和な高校生活をまるで懐かしい思い出でも見ているかのように現実とは思ってもいなかった。 俺は約一年間に渡って、この奇怪な現象に悩まされてきた。 そして、もう二度とこの変な症状は治らないんだなと諦めかけていた時、俺の前に一人の少女が現れた。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:48分

    この作品を読む

  • 遺書と言って渡されたのはライトノベルでした。

    小説投稿サイトを舞台に繰り広げられる物語

    64,700

    9


    2022年5月28日更新

    葬儀はしめやかに行われた。 友人は余り多く無かった様で、 本人も家族もそれほど信心深い方では無かったのか 家族葬という形で静かに行われた。 私はその死をとても受け入れられずにいた。 ・・・ それから暫くして家にある男が焼香に現れた。 そして一束の小説原稿を私の前に差し出した。 その男は言った。 「これは彼女の遺書です」 それはライトノベルだった。 私は何をふざけているんだと憤った。 そして男を睨みつける。 すると男は真剣な顔で言う。 「そして彼女の生きた証です」 その真剣過ぎる姿に私は怒る気も失せた・・・。 ************** 小説投稿サイトを舞台に、とある女性の死を中心に そして一つのライトノベルによって伝えられる想いから 繰り広げられる物語。 *************** ※このお話はフィクションです。 大事な事なので2回言います。このお話はフィクションです! 追記: 私の作品リストに掲示板用の作品を作成しました。こちらにコメントし難い場合はそちらをご利用下さい。 ※ライトノベルの定義について:明確な定義はないそうですが、 本作に置いては『軽い文体でわかりやすく書いた小説』とさせてください。

    読了目安時間:3時間28分

    この作品を読む