異世界ファンタジー 長編 連載中

ラフィアの翼

作者からの一言コメント

忘れられた神話を巡る、少年少女の物語

読了目安時間:5時間21分

ラフィアの翼の表紙

夏が終わり、秋のはじめ。騎士を目指して学院生活を送るステラ・イルフォードは、故あって教会にやってきた。 そして、神父を狙う殺人鬼に出くわした。 ステラと彼女の学友たちは、事件現場に居合わせたことをきっかけに、隠された神話を知る。 ――世界を見守る偉大なる女神は、一時代に二人、心正しき人間を選ぶ。 そして選ばれた二人には強大な力が与えられる。人々は、彼らを『翼』と呼び、畏れ敬った―― 新たな『翼』の誕生を阻もうとする人々が教会関係者を狙っていると推測したステラたちは、神父を守るために行動を起こすのだが……その先で待ち受けていたのは、予想だにしなかった展開であった。 「困ってるのはみな同じよ。俺だって、正直、頭痛がしてきそうだ」 「あんたが頭痛だけなら、あたしはそれに加えて胃が痛くなりそう」 これは、自覚の薄いまま神話の当事者となった少年少女の、青春と戦いの物語。 ※Ⅱ以降は毎週金曜日、土曜日の19:00更新です! ※タイトル末尾に★がついているエピソードは、挿絵つきです。お好みで表示設定を切り替えてお読みください。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ラフィアの翼
作者名 蒼井七海
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ハイファンタジー 学園 神話 青春 W主人公 近代欧風 挿絵あり 処女作リメイク
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2021年7月10日 14時32分
最終投稿日 2021年9月18日 19時00分
完結日 -
文字数 160,544文字
読了目安時間 5時間21分
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 6件
ビビッと 1件
応援ポイント 4,900pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けていません

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 王宮まかない婦さんは偉大〜贅沢料理で疲れた胃袋を優しく癒す〜

    まかないは癒しの料理……

    50,900

    0


    2021年9月21日更新

    ​───────『自分はイージアス城のまかない担当なだけです』。 いつからか、いつ来たかはわからない、イージアス城に在籍しているとある下位料理人。男のようで女、女のようで男に見えるその存在は、イージアス国のイージアス城にある厨房で……日夜、まかない料理を作っていた。 近衛騎士から、王女、王妃。はてには、国王の疲れた胃袋を優しく包み込んでくれる珍味の数々。 その名は、イツキ。 聞き慣れない名前の彼か彼女かわからない人間は、日々王宮の贅沢料理とは違う胃袋を落ち着かせてくれる、素朴な料理を振る舞ってくれるのだった。 *少し特殊なまかない料理が出てきます。作者の実体験によるものです。 *日本と同じようで違う異世界で料理を作ります。なので、麺類や出汁も似通っています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間7分

    この作品を読む

  • 【クライシス・ゾーン~翡翠の悪魔~】

    異世界トリップアクション!

    5,000

    0


    2021年9月21日更新

    知らぬうちに知らぬ場所に立っている。 そんな経験は、人生においてさほどない。むしろ、ある方が珍しい。 様々な事案に遭遇してきたが、その中でもこれは最も奇妙な出来事だ。後にも先にも、これを越えるものはないだろう。 <異世界トリップコメディアクションファンタジー> スペシャルサンクス:観月らん様

    読了目安時間:33分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • そのメイドは振り向かない

    今の彼女は、ただのメイドでしかないから

    29,400

    112


    2021年9月18日更新

    (ネタバレ注意) もう、過去なんて振り返らない。未来を、幸福な世界を作るために前を向くんだ。五年前に母を殺された元王女は、そう決意した。 日本で普通の高校生活を送っていた紺野あずさは、突然異世界に召喚される。召喚された国の名はシリウス王国。「闇の魔物」によって多くの国民が害を被っており、それに対抗出来るのは聖女の力だけということらしい。 王国で彼女が出会ったのは、三人の王子。 国のことを一番に思う王の器ウィリアム、計り知れない欲の持ち主であるルーカス。そして優しさだけが取り柄のエルヴィン。年齢も近いからか、あずさはすぐにエルヴィンと仲良くなった。 ウィリアムの命令で、エルヴィンの元専属メイドのエステルがあずさの専属メイドとなる。あずさはエステルと関わっていくうちに、彼女が普通の人ではないと思い始める。 次期国王候補に(本人は嫌がっているようだが)ものすごく甘やかされていたり、必要以上に現国王を嫌っているという点。 これらは、鎮魂祭という五年前に死んだ王女を追悼する祭の日に確信に変わる。エステルこそが五年前に死んだはずの王女であると。 その頃裏で、ルーカスが他の王子や聖女を暗殺するという計画を立てている。彼は世界の全てを手に入れるために、闇の魔物と手を組んでいたのだ。 数日後、彼女のもとに国王が倒れたという報せが来る。今後のことを話し合う会議で、ウィリアムが次の国王になることが決まる。ルーカスは逆上すること無く、それを素直に受け入れた――――かのように見えた。 あろうことか彼はエルヴィンとあずさのお茶に毒を盛り、彼らを亡き者にしようとしたのだ。それは五年前に使われたものと同じ毒であり、間一髪でエステルによって阻止されてしまう。 だがその時にエステルは毒を浴びてしまい、三日間も生死の淵を彷徨う。夢の中で彼女は「彼」のために、そしてこの国のためにも生き続けたいと願った。 数ヶ月後に「彼」ことウィリアムは国王となった。エステルは彼の良き補佐官として、一緒にシリウス王国を治めていくことだろう。

    読了目安時間:1時間12分

    この作品を読む

  • 負けるとご褒美映像のあるタイプの女勇者に転生してしまったorz

    ㊗️1周年イラスト追加 🔞に異世界転生!?

    522,900

    14,435


    2021年8月22日更新

    現世では男だった主人公は負けるとご褒美映像のあるアダルトゲームの女主人公に異世界転生してしまった。 負けると強くなる世界でこれを拒む主人公、主人公を敗北に導くべくあの手この手で無理難題の罠を張る国王。 果たして無敗攻略を達成できるのか?

    • 性的表現あり

    読了目安時間:16時間23分

    この作品を読む