完結済 短編

依頼の来ない探偵事務所

作者からの一言コメント

初投稿。 『日常の謎』応募作品

夏休みが始まり一週間ほど、結轍雷はダメ元で送ったバイト先に呼び出されていた。バイト先の名は篝裏探偵事務所。期待と緊張を胸に面接へと向かうが、話を聞くたびに不安と違和感が胸の隙間を縫ってくる。 依頼が来ない探偵事務所?突然フラれた友人? 怪しい探偵、篝裏さんとの少し変わった夏のひと時。果たして僕はバイトには合格できるのだろうか。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 依頼の来ない探偵事務所
作者名 くろいしかく
ジャンル ミステリー
タグ 日常の謎コン ほのぼの 現代日本 日常
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年7月3日 17時00分
最終投稿日 2020年7月3日 17時06分
文字数 16,830文字
ブックマーク登録 2件
コメント/スタンプ 13件
応援ポイント 5,600pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 日常の謎ミステリー×秋田県

    ♡51,100

    〇662

    ミステリー・完結済・12話 アキラル

    2020年7月28日更新

    【短編版】のため、作者はかなり手探りで書いています。 【作者】アキラル 【素敵な表紙の絵師様】陸一じゅん様 https://novelup.plus/user/283839594/profile ・捜査ファイル~秋田・夏編~ <夏編1> 酷暑あきたネバトロうどんの謎を追え! <夏編2> 秋田の夜空を翔る星の謎を追え! <夏編3> 秋田涼夏奇譚 泰衡と風穴の謎を追え! <番外編・夏> NOT一国一城 秋田・三城の謎を追え! を当作品は収録しています。 < あらすじ > 秋田は何もないド田舎だって!? いやいや、そう卑下なさらず、ふるさと秋田の 日常の謎を捜して、考えて、謎解きましょう! 探偵っぽいエルフの少女、レナ・ホームズは、小さい謎解きが大好きです。 レナの行き倒れを助けてくれた女の子、柳 備朶<ヤナギ ソナタ>が助手になりました。 さて2人で、秋田の日常の謎を捜査開始です! 皆さん、秋田へようこそ! <出典> ・秋田県民の謎 ご当地探偵事務所(著) KADOKAWA/中経出版 2014年 ・あきたをおしえて!! こばやしたけし(著) くまがい書房 2012年 ・はじめての秋田弁 こばやしたけし(著) 無明舎出版 2010年 ・シャーロックホームズの冒険 ボヘミアの醜聞 アーサー・コナン・ドイル(著) 日暮雅通(訳) 光文社文庫 2006年 ・吾妻鏡 ・大館郷土博物館 長走風穴

  • 座敷童、異世界の魔王になる。

    ♡800

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・15話 水無月龍那

    2020年8月3日更新

    乃万は学校の座敷童だ。学校の平和を守るため、怪談を管理するのが主な役割。今日も噂を調査するべく踏み込んだ先は、異界――ではなく異世界だった。 出会った魔術師を名乗る男に「この世界は魔王が不在で、魔族や魔物の統率が取れなくなってきている」と聞いた乃万は、とりあえずこの世界を平和にしよう、と奮闘するが。 平和主義者なのに、気付けば魔王の座に上り詰めている座敷童の話。 不定期更新。 掲載サイト:小説家になろう

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 監禁、裁判、サバイバルミステリー

    ♡107,750

    〇840

    ミステリー・連載中・92話 正崎ゆら

    2020年8月4日更新

    のどかな東北の黒沼村。そこで一人の小学生が惨殺された。 そして、中学生達を乗せたバスが断崖絶壁から落ち、全員が死亡した。 この村の全権を握る玄蔵は、これは天狗の悪霊が人間に憑依し、その人間が殺人を犯したのだと断定した。 天狗は、15歳から18歳までの女子に憑依しやすいとの文献を見つけた玄蔵は、この村の高校生達を学校に監禁、幽閉することにした。 そこで、魔女狩り裁判ならぬ、天狗狩り裁判が行われる。 高校生達が、毎日、誰か一人天狗か、殺人犯と思しき人物を差し出していかねばならなくなった。 牢獄化した高校からは、最早、脱出不可能。 こうして、日一日に犠牲者を出しつつ、高校での犯人捜しの裁判は続いていく。 注)残虐、暴力描写はけっこうエグいです。苦手な方はご遠慮下さい。R-15です。 イラストはニコニコのフリーアイコン「黎(クロイ)さん」のフリーアイコンです。

  • グレーゾーンの出来事を解決、その8。

    ♡2,000

    〇0

    ミステリー・連載中・2話 御 一

    2020年8月4日更新

    インターネット上に密やかに存在するそれは「灰色のページ」と呼ばれていた。 特殊な状況、問題、現象、事件に困った人間が検索を繰り返すとある時、たった一ページだけがヒットする。 「灰色の問題でお困りですか?」 そのページをクリックすると進むのは真っ白なページに一文。 「誰にも理解されない問題でお困りでしたらその内容をご記入し、送信ください。当方の範疇に当てはまるものである場合、あなたをお助け致します」 そうして状況を送信すると返信が返ってくる。そうして、理解不能な出来事を解決してくれる者が現れると。 ※ 「灰色」を生業とする日昏マチと纐纈ヒムラ、佐久間カケルの一行は依頼を受けてとある富豪の家へ。 依頼人は一家の妻、冬生双葉。彼女の一人娘にかかる呪いを解いて救って欲しいというものだった。 娘の冬生秋知にかかる呪いは九代前から始まり、それは凡そ二百年もの間続く。 長い年月、冬生の家では娘が必ず死ぬ。それは確実に二十歳を迎えず、確実に十代半ばから後半に死んだ。 秋知は既に十六、今まさにその命を消しかけていた。 しかし冬生の家に着いたマチの目には受けた依頼とは違ったものが映っていた。 それはつまり、「依頼人」の嘘でもあった。 ※「依頼人」に起こる様々な不思議な出来事、グレーゾーンの現象を解決していく怪奇系ミステリー。