連載中 連載

魔法学校の転校生

作者からの一言コメント

六度目の転校先で再び事件に巻き込まれる。

「またやっちゃったね」 少女はトロールの死骸でできた山の上で呟いた。 少女とは腐れ縁である。五度目の転校先でも偶然再会し、またこうして問題を起こしている。 そうしてまた二人はそろって退学となってしまった。 だが二人にはどうしでも魔法学校を卒業したい理由がある。 次の学校では再会しませんように。 次の学校でこそ、ちゃんと卒業できますように。 祈るような気持ちで、二人は学校を後にする。 これはやっかいごとに巻き込まれやすい腐れ縁の二人組が、穏やかな学生生活を渇望する物語である。

前へ

次へ

前へ

次へ

この作品をシェア

Twitterでシェア Facebookでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
作品情報
作品名
魔法学校の転校生
作者名
英 秋
セルフレイティング
残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日
2019年6月17日 20時29分
最終投稿日
2019年7月3日 13時55分
文字数
50,930文字
ブックマーク登録
8件
コメント/スタンプ
18件
応援ポイント
3,350pt