現代/その他ファンタジー 長編 連載中

おい勇者、さっさと俺を解雇しろ!

作者からの一言コメント

冒険者を辞めたい主人公と止める勇者チーム

読了目安時間:26時間1分

「俺は冒険者なんてさっさと辞めたいんだ。最初の約束どおり、俺は辞めるぞ」 「そんなこと言わないでください。後少し……後少しだけで良いですから、お願いします! 私たちを捨てないでください!」 「人聞きの悪いこと言ってんじゃねえよ! 俺は辞めるからな!」 「……でも実際のところ、チームリーダーの許可がないと抜けられませんよね? 絶対に許可なんてしませんから」 「くそっ! さっさと俺を解雇しろ! このクソ勇者!」 今より少し先の未来。エネルギー資源の枯渇をどうにかしようとある実験をしていた国があった。 だがその実験は失敗し、だがある意味では成功した。当初の目的どおり新たなエネルギーを見つけることに成功したのだ──望んだ形ではなかったが。 実験の失敗の結果、地球は異世界と繋がった。 異世界と繋がったことで魔力というエネルギーと出会うことができたが、代わりにその異世界と繋がった場所からモンスターと呼ばれる化け物達が地球側へと侵攻し始めた。 それを食い止めるべく魔力を扱う才に目覚めた冒険者。主人公はそんな冒険者の一人であるが、冒険者の中でも最低位の才能しかないと判断された者の一人だった。 そんな主人公が、冒険者を育てるための学校に通う少女達と同じチームを組むこととなり、嫌々ながらも協力していく。そんな物語。

前へ

次へ

前へ

作品情報

作品名 おい勇者、さっさと俺を解雇しろ!
作者名 農民
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ HJ大賞2020後期 男主人公 勇者 現代日本 ダンジョン
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2021年2月2日 23時39分
最終投稿日 2021年7月22日 13時03分
完結日 -
文字数 780,503文字
読了目安時間 26時間1分
ブックマーク登録 2件
コメント 1件
スタンプ 4件
ビビッと 0件
応援ポイント 4,400pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • スリンガー -シングル・ショット-

    恩讐を弾丸に込めて、獣を殺せ

    1,900

    0


    2021年7月27日更新

    “獣”と呼ばれる人間の皮を被った化け物達が秘密裏に人間達を侵食していく中、 獣への激しい感情を抱いた者達が立ち上がる。 恩讐を弾丸に込め、獣達を討伐していく彼らはいつしか”スリンガー”と呼ばれるようになる。 これは、獣を狩る少女の物語。 SLINGER ホームページ: https://ginnnokazecp.wixsite.com/slinger

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:28分

    この作品を読む

  • 世話焼き神様と社畜の恩返し。

    家族が増えました。置物の付喪神です。

    11,100

    0


    2021年7月27日更新

    修学旅行と言えば一回ぐらいは経験があると思う なぜか売ってあるドラゴンが巻き付いた短剣のストラップ 俺はそれ・・・ではなく、その隣にあった健康長寿のドラゴンの置物をじいちゃんのお土産として購入した それから数年後 当時中学生だった俺「巽夏彦」も立派な真っ黒社畜 今はだいぶ落ち着いたが・・・会社に泊まる時だって少なくはない 「もう辞めたい」と思いながら仕事をこなす中、俺に届いたのはじいちゃんこと「巽龍之介」の訃報だった 流石に慶弔関連の休暇ぐらいはきちんと取らせてくれる 俺はじいちゃんの葬式と遺品の整理をしに、田舎へと戻っていったのだ そんな中、爺ちゃんの介護をしていた寅江さんより、俺は中学時代の修学旅行で購入した健康長寿のドラゴンの置物を預かった じいちゃんが大事にしてくれていたようで、それは昨日買ってきたかと思うぐらい綺麗なまま だからだろうか 例え、百年間大事にしていなくても 例え、職人の手ではなく、機械で作られた量産品であっても 「大事にされていた」という事実だけで「この子」はこの置物についてくれたのだろうか 拝啓、じいちゃん 貴方が旅立ってから一週間が経ちました 俺は、じいちゃんが大事にしてくれていたドラゴンの置物の付喪神を名乗る「りんどう」と共に暮らしています (小説家になろうにも、同一のものを投稿しています。なろうでは一月末に完結済) (サブタイに「+」表記がある分はそれ以降に追加した回となります)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:11時間39分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る