童話/絵本/その他 長編 完結済

ラフ絵あれこれ

作者からの一言コメント

若書きをば

読了目安時間:50分

総エピソード数:100話

ラフ絵あれこれの表紙

・ツイッターでやっている募集についてのあれこれ ・タグをつけて投稿したラフ絵について  を思ったままに追記していく。不定期更新です。  2019年9月11日 100話到達  同 完結済へ  ありがとうございました。描画は止めません( 一一)Φ

総エピソード数:100話

作品情報

作品名 ラフ絵あれこれ
作者名 あるまたく
ジャンル 童話/絵本/その他
タグ ラフ絵 Twitter 女の子 エルフ 異世界 アナログ デジタル
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2019年6月26日 21時48分
最終投稿日 2019年9月11日 9時48分
完結日 2019年9月11日 9時48分
文字数 24,942文字
読了目安時間 50分
総エピソード数 100話
ブックマーク登録 8件
コメント 26件
スタンプ 47件
ビビッと 0件
応援ポイント 17,800pt
ノベラポイント 10pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 鳥cafe絵本

    鳥尾巻の絵本です

    150,310

    620


    2022年11月29日更新

    鳥cafe絵本にようこそ。 ちょっと忘れっぽい不思議な黄色い鳥。 あなたの傍にもいるかもしれない。 写真にデジタル画を描いた「フォトドローイング」に言葉を添えて。 お茶でも飲みながらゆっくりしていってくださいね。 ◎インスタなどに載せていた絵に物語を加えてみました。 一話完結の短編集なのでどこからでも読めます。

    読了目安時間:17分

    この作品を読む

  • 愛すべき絵たち、セカンドステージ

    私が描いた絵をアップしています。はてさて

    8,950

    60


    2022年11月28日更新

    どもども。星埜銀杏です。 最近、ようやく絵を描く気が湧いてきまして、描いたら見て欲しいわけで、ここに発表する事としました。そそ。今まではエブリスタさんの方で発表していたのですが、こちらに切り替わります。初めましての方も、お久しぶりの方も、よろしく、お願いしますo(・ω・´o)

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界での冒険は愛猫を頭に乗せて!

    猫と一緒に転生した冒険バトルファンタジー

    2,629,646

    123,060


    2022年6月25日更新

    楢崎和仁(ならさき かずひと)は愛猫ソラと暮らしているごく普通の28歳社会人。 大規模な地震に巻き込まれ、そのまま剣と魔法のファンタジー溢れる異世界へ… だが女神ティアがドジ?ったお陰で和仁の能力は異世界でも超ド級! 喋るように進化した愛猫ソラを頭に乗せて一緒に異世界へと踏み出した! 愛猫ソラは自由気まま!喋るし空も飛ぶ! でもそんなソラに和仁も親バカ(猫バカ)デレデレだ! 「カズ?うちは美味しいご飯とカズさえいれば文句ないにゃ」 「僕もソラと世界中を旅して悠々自適に暮らしたいなぁ」 巻き込まれ体質のカズは行く場所で様々なイベントに遭遇する。 若返った2人(?)は世界の果てで何を見るのか!?何も見ないのか!? 笑いあり涙ありの異世界ファンタジーにしたいなぁ……

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:31時間39分

    この作品を読む

  • 幸せな高校生活を送ろうと、日夜ゾンビと戦う過酷な世界で生きようと、今日も俺は夢を見る

    割としっかりしていて今でも気にいってます

    62,500

    1,400


    2022年11月26日更新

    人間の三大欲求とされる睡眠という名の欲求。 俺はこの睡眠において、少しおかしな特性を持っている。 夜の9時には抗うことすら許されない程の強烈な眠気によって夢の世界に入り込み、例えどんなに眠かろうと、必ず朝の6時に起きてしまう。 その合間に起きることは無く、例え、どんないたずらをされようと、俺が目を覚ますのは決まって6時だった。 そして、決まっていつも同じような夢を見る。 夢で見る世界はいつも決まって同じ舞台だった。俺の知っている都市は壊滅的な状況に陥っており、外に出れば荒廃した世界がただ広がるだけの世界。そこに笑いあい、怒りあう人間の姿は無く、居るのはゾンビと称された元人間だけであった。 そんな世界で、俺は頼れる仲間と共にその荒廃した都市に蔓延るゾンビ達と日夜戦っていた。 不思議な不思議な夢で、その世界の俺はその世界を夢だと認識することは無く、同じように夢で見る平和な高校生活をまるで懐かしい思い出でも見ているかのように現実とは思ってもいなかった。 俺は約一年間に渡って、この奇怪な現象に悩まされてきた。 そして、もう二度とこの変な症状は治らないんだなと諦めかけていた時、俺の前に一人の少女が現れた。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間37分

    この作品を読む