連載中 長編

神なき世界の異端姫

作者からの一言コメント

守りたいものを守るための強さを…。

霊能力という力を持つ者たちが支配する世界。 何の力も持たない『無能』の少女、天宮楓は、なぜか霊能力者を育成する高校に入学させられた。 その上、右も左も分からない楓に護衛として付けられたのは、かつて『孤高の天才』と呼ばれた少年、相川光希だった。 何も持っていなくても、武術に秀でた才能を持つ楓にとって護衛は無用の長物で、光希は護衛任務を毛嫌いする始末。 もちろんそんな二人が仲良くなれるわけもなく……。 しかしそれでも運命は動き出す。 それはずっと前から仕組まれていた運命。二人の出会いを起点に組み込んだ陰謀は、ここから始まるのだ。 これは壊れた世界で異端の少女と異端の少年が出会い、仕組まれた運命に抗う物語ーー。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 神なき世界の異端姫
作者名 名鈴真生
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ シリアス アクション/バトル ダーク 女主人公 最強主人公 人外 現代日本 魔法
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年5月12日 18時02分
最終投稿日 2020年7月14日 7時44分
文字数 180,035文字
ブックマーク登録 5件
コメント/スタンプ 20件
応援ポイント 13,500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 夢の超光速機関には人類の罪が隠されていた

    ♡17,600

    〇50

    SF・連載中・56話 K1.M-Waki

    2020年7月15日更新

    現在から少し先の未来、人類は苦しんでいた。 人口爆発──それは、貧富の差を拡大し、差別を助長し、不正と貧困を栄養にして、大きく育っていた。発展途上国であふれた難民は、先進国になだれ込み、経済発展の足を引っ張っていた。 『このままでは共倒れになる』 地球人類を牽引する先進各国は追い詰められていた。 そこで、人口爆発の解決方法として、人類は地球圏外への移住を計画した。 スペースコロニー、月面基地、太陽系惑星のテラフォーミング……全てが失敗し、人類に明日はないかに見えた。 だが、そんな中、三人の科学者──エトウ(Etoh)、スズキ(Suzuki)、パウリ(Pauli)らにより超光速推進機関が発明されてしまった。三人の頭文字を冠して『ESPエンジン』と名付けられたそれは、光速の壁を突破し、何百光年もの距離を隔てた宇宙の果てまで人類を送り出すことに成功した。これにより、人類は太陽系から外宇宙へと進出し、銀河を探索できるようになった。 そして、第七十七太陽系発見に因んで名付けられた六隻目の超光速移民船──ギャラクシー77が、地球を出港し、大銀河の大海原へと飛び立った。 これは、とある事がきっかけでギャラクシー77のパイロットに選ばれた少女の物語である。

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡219,700

    〇1,785

    SF・連載中・56話 新星

    2020年7月12日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る