歴史/時代 長編 連載中

下総の犬 ~玉響 ~

作者からの一言コメント

和田合戦まで言及するはめに……。

読了目安時間:4時間0分

下総の犬 ~玉響 ~の表紙

時は、建保7年正月。 鎌倉幕府 三代将軍 源実朝の御世 下総国千葉郡千葉荘を本拠とする、御家人 千葉胤綱は、あろうことか幕府の重鎮 三浦義村の上座に着座した。 『下総の犬は寝床を知らぬのか』 犬と罵られた胤綱は、年若いが下総権介 通称『千葉介』と呼ばれる立派な肩書きを持っていた。 売り言葉に買い言葉か、 『三浦の犬は、友を喰らうなり』 そう放つ千葉介には、そうする理由があった。 ※本編『たまゆらの日輪』 スピンオフ作品。 ※第1章は 話の触りのような物で 第2章から 『下総の犬』 ★表紙は スタチュン様に描いて頂きました。 本編『たまゆらの日輪』の中表紙より。 竹御所鞠子 北条時氏 三浦光村

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 下総の犬 ~玉響 ~
作者名 涼寺みすゞ
ジャンル 歴史/時代
タグ たまゆらの日輪 鎌倉
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年4月1日 0時10分
最終投稿日 2021年9月20日 10時06分
完結日 -
文字数 120,249文字
読了目安時間 4時間0分
ブックマーク登録 17件
コメント 104件
スタンプ 296件
ビビッと 79件
応援ポイント 174,436pt
ノベラポイント 3,658pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • モノクロ怪奇譚

    ちょっと不思議な歴史ファンタジー

    4,700

    140


    2021年9月21日更新

    2020.12.04 執筆開始 2020.12.25 完結 時は明治から大正時代にかけて。 島崎直哉こと、『僕』に降りかかる奇妙な出来事。そして、恋。 島崎藤村と志賀直哉、その他芥川龍之介など、様々な文豪をモデルに書き上げた作品です。 2021年、集英社オレンジ文庫にて、一次選考通過作品となります。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間20分

    この作品を読む

  • 魯鈍の人(ロドンノヒト) ~信長の弟、信秀の十男と言われて~

    信長信照伝はホントにいた史実の人です。

    281,200

    37


    2021年9月21日更新

    気が付くと戦国時代? 人間万事塞翁が馬が座右の銘な魯鈍な人は戸惑った。 生活は最低・最悪。 それでもこの世界ではマシな部類という。 織田信照は信秀の10男だ。 10男って、がんばり過ぎでしょう。 もうギャグでしかない。 信秀の子と言えば、織田信長。 第6天魔王の弟という恐怖なポジションだ。 魔王と対峙しながら魯鈍な人は生活改善にひた走る。 天下静謐を目指す信長とのんびりと暮らしたい魯鈍の人はやっていけるのだろうか? 美男子コンビが取り成す、戦国トンチコメディーのはじまりだ。 魯鈍の人は総押し、それとも総受けか?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:57時間16分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る