下総の犬~玉響~

読了目安時間:3分

エピソード:38 / 100

 建保(1219)7年1月  正月、三浦義村(みうら よしむら)を『犬』と罵り、周囲にいた御家人等(ごけにんら)を恐怖に陥れた一件より、数日が経過していた。  昨今、御所で囁かれる噂は  千葉介(ちばのすけ)三浦介(みうらのすけ)の上座に座った――…ではなく。  2度聞き返す程、意外な――、  耳を疑うような内容だった。 「は?今、何と?」  言葉を掛けてきた足利義氏(あしかがよしうじ)を見上げるのは、年の頃12程の若者。下総権介(しもうさ ごんのすけ)千葉胤綱(ちば たねつな)。  通称『千葉介(ちばのすけ)』だ。  気の強い眼差しを、まともに顔面に受けるのは足利義氏(あしかがよしうじ)。  尼御台(あまみだい)北条政子(ほうじょう まさこ)執権(しっけん)北条義時(ほうじょう よしとき)の妹を母に持ち、妻を 北条泰時(ほうじょう やすとき)の娘とする。  足利家なのか、北条家なのか、分からぬ血筋よな――と、胤綱(たねつな)は常々思っている。  その足利義氏(あしかが よしうじ)が、口許を綻ばせ2度目の言葉を吐く。 「そなた、三浦家と縁談が進んでいるのだとか?」 「戯言(たわごと)を申すな」 「ん?寄合で噂になっておったぞ?」  義氏(よしうじ)の言葉に、胤綱(たねつな)は呆れたと言わんばかりに溜め息を漏らすと、火箸(ひばし)で赤々と燻る炭を義氏の方へ寄せる。  火鉢にあたれ――、そういうことだろう。 「これは、すまぬな」  足利義氏(あしかが よしうじ)は一言断り、手をかざす。  ここ最近 特に冷えてきたと、皆が口にするように、朝晩は底冷えのする寒さなのだが、それは昼間も同じ事。  詰所では火鉢の取り合いに似た、席の争奪戦が勃発する有り様なのだが、年若い胤綱(たねつな)に大人達は優しい。 『千葉介(ちばのすけ)、寒かろう。こちらへ参れ』など、重鎮の大江広元(おおえの ひろもと)などが側に寄せるものだから、皆して席を譲る。  普段、若輩者扱いを嫌う胤綱(たねつな)も現金なもので、このような場合は、すんなりと火鉢の前に座るのだ。  そんな千葉介胤綱(ちばのすけ たねつな)は語る。 「身体を冷やすと、血の巡りが悪うなり色々と支障がでると申す、そなたはまだ爺ではないが若者でもない。用心せねばならぬぞ?そのような可笑しな妄想を持つのも、血の巡りが悪いのやも知れぬ。家人(けにん)も心配であろう」  まるで自身より、年若い者を諭すような口振りに、今年三十路に入る足利義氏(あしかが よしうじ)は咳き込んだ。 「ゴホ!」 「ほら、見たことか」 「む、むせただけじゃ」  胤綱(たねつな)の口振りに、吹き出したとは口が裂けても言う訳にはいかないと、笑いを誤魔化し咳払いをしてみせる。  笑った――などと、勘づかれては後々面倒だと義氏(よしうじ)は、御所で囁かれる噂を胤綱(たねつな)の耳に吹き込んだ。 「噂じゃ。三浦義村(みうら よしむら)殿の娘御を胤綱(たねつな)殿へ……」 「知らぬ」  終わらぬうちに、キッパリと遮る様子に義氏(よしうじ)も、おや?と首を捻る。  目の前の胤綱(たねつな)は、つまらぬ嘘を付く者ではない。  (まこと)に、縁談が持ち上がっていれば『そうだ』と答えるだろうし、嘘を付く理由もないのだ。 「実に知らぬのか?」 「儂の縁談を、儂が知らぬ訳がない」 「それは……そうだなぁ?う――む……」  腕を組み 考え込む義氏に、灰に落とした視線を持ち上げ胤綱は語る。 「何を考え込むことがある?千葉家の当主は、この千葉介(ちばのすけ)じゃ。縁談を持ち込むのも父亡き今、本人である儂以外にあり得ぬ。儂が知らぬのだから、縁談などない」 「まぁ……そうなのだが」 「腑に落ちぬか?」 「ああ、ただの噂にしては広まり過ぎておる。間違いなら誰かが正すと思うのだが……」 「うむ、確かに」  これには、胤綱(たねつな)も異論はなかった。

●千葉胤綱(ちば たねつな) 下総の御家人。父の急逝により家督を継いだ 12程の少年。 ●三浦義村(みうら よしむら) 鎌倉幕府の重鎮。 正月、胤綱と席のことで『犬』と罵りあった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 野辺良神社の巫女

    安房 桜梢(Sakura✿Awa)

    ♡1,100pt 〇50pt 2022年3月24日 15時53分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    続きを楽しみにしてるよ

    安房 桜梢(Sakura✿Awa)

    2022年3月24日 15時53分

    野辺良神社の巫女
  • 文豪猫

    涼寺みすゞ

    2022年3月24日 20時42分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    う…う…嬉しいですっっ!

    涼寺みすゞ

    2022年3月24日 20時42分

    文豪猫
  • 魔法剣士

    熊乃しっぽ

    ♡300pt 〇30pt 2021年7月1日 5時21分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    最新話お待ちしていました

    熊乃しっぽ

    2021年7月1日 5時21分

    魔法剣士
  • 文豪猫

    涼寺みすゞ

    2021年7月2日 9時02分

    しっぽさん、いつも応援ありがとうございます!下総の犬は自分なりに文字数の目標を定めてまして 納められるように頑張っています。10~12万で納めたい!良かったら見張ってて下さい(笑)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    涼寺みすゞ

    2021年7月2日 9時02分

    文豪猫
  • アマビエペンギンさん

    MUNNIN

    ビビッと ♡300pt 〇10pt 2022年3月4日 18時45分

    《胤綱(たねつな)の口振りに、吹き出したとは口が裂けても言う訳にはいかないと、笑いを誤魔化し咳払いをしてみせる。》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    MUNNIN

    2022年3月4日 18時45分

    アマビエペンギンさん
  • 文豪猫

    涼寺みすゞ

    2022年3月4日 18時58分

    12歳が30歳に 説教じみたことを言ってますが、本人至って真面目です(笑)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    涼寺みすゞ

    2022年3月4日 18時58分

    文豪猫
  • ステラ

    柊ノ木 ゆま

    ビビッと ♡100pt 〇5pt 2022年1月7日 10時33分

    《「身体を冷やすと、血の巡りが悪うなり色々と支障がでると申す、そなたはまだ爺ではないが若者でもない。用心せねばならぬぞ?そのような可笑しな妄想を持つのも、血の巡りが悪いのやも知れぬ。家人(けにん)も心配…》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    柊ノ木 ゆま

    2022年1月7日 10時33分

    ステラ
  • 文豪猫

    涼寺みすゞ

    2022年1月7日 13時25分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    感謝感激雨あられ

    涼寺みすゞ

    2022年1月7日 13時25分

    文豪猫
  • 2周年記念ウルスラ&女子作家ちゃん

    郭隗の馬の骨

    ♡100pt 〇3pt 2021年8月24日 12時26分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    良いものを見せてもらった

    郭隗の馬の骨

    2021年8月24日 12時26分

    2周年記念ウルスラ&女子作家ちゃん
  • 文豪猫

    涼寺みすゞ

    2021年8月24日 23時28分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    燃えてキタ~‼

    涼寺みすゞ

    2021年8月24日 23時28分

    文豪猫

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 時空外伝 -side story-

    時空憑依と時空移動の外伝

    10,500

    10


    2022年5月28日更新

    『千葉篤胤の時空憑依』 『千葉純胤の時空移動』 の外伝となります。 基本的には登場人物の一話完結集となります。

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

  • 龍虎、東アジアを駆ける

    江戸時代、主流から追放された者達の逆襲譚

    221,771

    3,076


    2022年5月28日更新

    時は江戸時代、三代将軍家光の末期。 時代に取り残された浪人の多くが、幕府に対する不満を募らせていた。 そうした浪人を相手に軍学を教える由井正雪もまた倒幕を視野に入れた活動をしていた。 同じ時代、東アジアでは清によって明が滅亡したが、皇族の生き残りが有力者の庇護を受けて抵抗を続けていた。 国姓爺と称される鄭成功もまたそんな一人であり、日本とも縁のある彼をはじめね多くの者が江戸幕府に支援を求めていた。 こうした状況の中、幕府老中筆頭・松平信綱は一石二鳥の手を思いつき、実行に移す。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:7時間26分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • (かいりゅうのエコー) 現代海軍×ロボット兵器 現行文明が滅亡して、何千年も後のどこかの惑星。海に囲まれ、大海流に流される浮島に住む人々の物語。 星の命運も尽きるかと思われた第二次全洋大戦から20年が過ぎた。人々が平和な日々に慣れつつあった開放歴865年、再び暗雲が世界を覆いつくそうとしていた。 大戦の英雄、羽佐間誠十郎の甥である羽佐間勇名(いさな)は、叔父の元で優秀なパイロットになるべく英才教育を受けていた。彼が駆るのは海面を滑走する海軍所属のロボット、機甲神骸(アーミス)だ。 16歳の勇名は、様々な人々と関わりを持ちながら成長し、世界の危機を食い止めるため、仲間を失わないために、戦いの日々に身を投じる。 ※本作は小説家になろう様にも投稿しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3時間41分

    この作品を読む

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    まさかのタイムスリップで江戸の幕末へ。

    59,500

    385


    2021年8月8日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります ※素敵なイラストは毒島ヤコ様に作成して頂いたものです ※著作権は毒島ヤコ様にあり、無断使用・無断転載はお控えください あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から、どうにか保護して貰えた。 でも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めてる。 誰も愛さねぇ、選ばねぇ、信じねぇ。 誰も望んでねぇ、求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為。 歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間31分

    この作品を読む