完結済 短編集

小品集『詩人が旅と出会うまで』

作者からの一言コメント

貴方を理解する為に知らなければいけない事

小品集です。心と身体フェア応募作品です。 心と身体というテーマに関連する詩や、 自分の経験を短歌と語りで繋いだ短歌物語など、いくつか投稿させていただきます。詩につきまして、小説家になろう様に投稿したものの転載を含みます。 普段は短歌がメインのため不定期の更新ですが、 どうぞよろしくお願いいたします。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 小品集『詩人が旅と出会うまで』
作者名 s.h.n
ジャンル 詩/短歌
タグ 詩集 心と身体フェア 小品集 短歌 体験談
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年5月5日 1時56分
最終投稿日 2020年6月30日 21時40分
文字数 23,003文字
ブックマーク登録 22件
コメント/スタンプ 224件
応援ポイント 107,760pt
ノベラポイント 3,660pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 熱帯魚を飼うJKたちの極彩色な日常譚

    ♡1,299,200

    〇18,155

    現代/青春ドラマ・連載中・117話 スガワラヒロ

    2020年7月3日更新

    行きつけの熱帯魚ショップを訪れた巳堂琴音は、同じ高校に通う小清水由那を発見する。 まったくの初心者だという小清水を見かねた琴音は、「師匠」として水槽のイロハを教えることに……。 琴音の幼馴染である千尋、清楚なクラス委員長の莉緒も加わって、JKアクアリストたちの学園生活はどんどん賑やかになってゆく!? 姿勢はエンジョイ、知識はガチガチ。 アクアリウムを通して交流を深めてゆく少女たちの、ちょっと百合風味な日常物語。 ※本作は「カクヨム」様にも掲載しています。が、付録はノベプラ限定です。 ※毎週金曜日17:05に本編更新します。 協力/キャラクターデザイン:卯月みそじ様 カバーイラスト:はるあや様 タイトルロゴ:黒井澪様 デフォルメアイコン:桑折様

  • R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    ♡374,250

    〇1,080

    異世界ファンタジー・完結済・225話 駿河防人

    2020年6月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっとエッチな恋愛ファンタジー。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 言の葉のさざめきに、その身を任せて。

    ♡1,900

    〇100

    詩/短歌・連載中・4話 御子柴 流歌

    2020年7月3日更新

    短歌や詩をメインに、いわゆる小説的ではないタイプの「言の葉」をお届けします。 ちょっとガンバって詠んだモノから、何気なく詠んだモノまで。

  • 素直になり切れないけどホントはね

    ♡2,800

    〇0

    詩/短歌・連載中・22話 真朱マロ

    2020年7月3日更新

    別HNで別サイトに掲載したことのある過去作をブログから移転しています。 素直になりきれなかったり、かわいくなかったり、でも本当はね。 そんな気持ちを集めていきます。 『ヤマアラシのジレンマ』とは「自己の自立」と「相手との一体感」という2つの欲求によるジレンマ。 寒空にいる2匹のヤマアラシがお互いに身を寄せ合って暖め合いたいが、針が刺さるので近づけないという、ドイツの哲学者、ショーペンハウアーの寓話による。 但し、心理学的には、上述の否定的な意味と「紆余曲折の末、両者にとってちょうど良い距離に気付く」という肯定的な意味として使われることもあり、両義的な用例が許されている点に注意が必要である。 なお、実際のヤマアラシは針のない頭部を寄せ合って体温を保ったり、睡眠をとったりしているらしい。

    タグ:

    詩集