現代/その他ファンタジー 短編 完結済

読書キャンペーン開催中!

紅紫陽花の染まるわけ

作者からの一言コメント

雨と紫陽花、あやかしと海月と贄

読了目安時間:4分

総エピソード数:1話

ひとつだけ色の違う紫陽花。それにあやかしなどの不思議が関わるとしたら? わりと仄暗い読み切りです。

総エピソード数:1話

作品情報

作品名 紅紫陽花の染まるわけ
作者名 上月琴葉
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ シリアス 人外 男主人公 現代日本ファンタジー ノベプラオンリー あやかし 紫陽花 仄暗い
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月23日 18時26分
最終投稿日 2020年6月23日 18時27分
完結日 2020年6月23日 18時27分
文字数 2,039文字
読了目安時間 4分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 開闢のミーディアム ~人ならざる者が見える辰美の視点~

    異界を視る眼と無理難題ハッピーエンド

    7,800

    5


    2022年5月26日更新

    【あらすじ】 ─「視点」を変えれば未確認生物、神使や人ならざる者が存在している? 日本の首都圏にあるS玉県の山奥にある田舎町、越久夜町(おくやまち)に住む女子大生の辰美(たつみ)はある時から人界とは剥離した異界や人ならざる者が見える目を持っていた。 一方世界は神々や摩訶不思議な─超自然的な事柄を信じなくなっていた。 そんな辰美はある日、「異界」の影響を受ける。地球の神であるという麗羅(らいら)という女性から「ハッピーエンドにして欲しい」と頼まれてしまう。 夢の中で起きる摩訶不思議な経験、そして友人の妹がいなくなる事件。長閑な山間部の田舎町が徐々に様相を変え、不穏な空気が漂い出す。人間が認識している世界では起こりえない出来事が辰美を巻き込んでいく。 町の神域を破壊する悪い魔法使いははたして悪なのか?正義なのか?町を守るタヌキたち、神使たち─人ならざる者たちの思惑の行方は? 辰美の前に現れた喋る赤眼のカラスは何者なのか? とある時空での都内で起きた出来事がきっかけで物事が狂い、「変哲のない」女子大生の辰美へ影響を与える。越久夜町を破壊する様々な出来事が起きていき、最期へ向かう。 『そんじょそこらの使わしめ』の主人公、童子式神の視点から離れた、また別の話。 ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ ※漫画やイラストで現在創作中の『そんじょそこらの使わしめ』のハイパーリンク小説です。 本編ストーリーを読まなくても大丈夫なように書いていきたいです。 ジャンルは現代ファンタジーですが、自分は現代的で和風要素があり、ほんのり薄らと民俗学的な要素ありなハッピーエンドストーリー感じだと思っています。 絶対ハッピーエンドにさせますし、完結させたいと思っています

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:8時間9分

    この作品を読む

  • て、て、天命が聞こえる……? た!  

    暗い世の中でも、面白い話がここにある。

    814,801

    1,360


    2022年5月26日更新

    幼少の身でありながら、身勝手な親から無理やりその国の主をやらされていた男が、また強引に使命を持たされ、大人の体で現代社会に落とされる。そんな男がなんとかやっていけたのも自分の中にいるもう一人の存在のおかげであったのだが、その存在が恋に落ちてしまうと何もかもが変わってしまう。そして男は勝手な父親に、罰として古代社会に落とされてしまう。 片や女は生まれてすぐに古代社会に落とされたがために自由奔放に生きてきたと思いきや、この女にしても長い寿命を授かったがために最初のころは神と崇められていたのだが、がまんできない事情に腹を立て村を出てしまう。 二人を違う世界に落とした者は、子供を捨て宇宙に逃げ出した双子の兄弟であった。そして連れ添う女は妹である。この三匹は進化途中のゴキブリであるが、妹をめぐって二人の争いは絶えなかった。 そんな二人が何もない、獣だらけの古代の大平原で出会い恋に落ちる。 男が自分らしさを取り戻していくほどに、中に居座っていた者は次第に鳴りを潜めていくのだが、女は出会った時から男を連れて理想の土地に行こうと思っていた。そして授かった命だが、処刑される女のお腹からいち早く逃げ出す。 やがて女に誘われるがままにたどり着いてしまった所。はるか昔に古代へと落とされる時のわずかな父親の記憶は残っているものの、以後については全くといっていいほどなかった女であるが、その世界で自分を落とした父の存在とその父から託された役割とを知る。 女はひたすら父を信じ、尊敬し、自慢する。その父は父で、人にとっての幸せをひたすら追求するのであるが、その結果、そもそも人間に寿命を与え進化させ、その上に増え過ぎると殺し合わせるという歴史を考え出した者こそが間違っているという結果に至り、新たな命の循環を模索していた。それはまた、真の創造主に対する挑戦でもあった。 片や男は幼少の身で現代社会に落とされたため、両親のわずかな記憶は残っているものの、その記憶たるやろくなものではない。そんな対処的な二人だ。好きになってしまったものは仕方がない。誘ったのも自分だ。なぜこうなってしまったのか知った女は、ふがいない男の仕事まで買って出る。 さらにそこで知り合った偉大な二人は創造主もどきの子供と思われる女を利用して、真の創造主の意図するところを実現しようとする。そんな四人をいざなう者の正体とは?

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:22時間58分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る