歴史/時代 長編 連載中

大江戸コボルト【WEB版】

作者からの一言コメント

江戸時代? の大江戸にコボルトあり

読了目安時間:14時間8分

総エピソード数:157話

時は貞享、天下の名君、徳川綱吉の時代。 空が割れて異界の門が開かれる。 門より溢れし犬小人の「こぼると」を一目見た綱吉は深く愛し、直ちに保護せよとの命を発す。 以後もえるふ、どわあふなどが次々に現れ、綱吉はこぼるとと同様に友好関係を築くことに注力す。 ―――そうして異界の知識と技術を得ることになった江戸の世は、異界の力による文明開化を迎えることになる。 それから時が流れて、享保。 八代将軍徳川吉宗の時代となり、江戸の世は飢え知らず、病知らずの太平の世を謳歌していた。 ……が、それはあくまで江戸の世だけの話。 海の向こうにある諸外国は、異界文明と接触したことによる混乱と対立と、異界からの侵攻を受けて大いに荒れてしまっていた。 そんな状況を打破すべく将軍吉宗は、海を渡っての平和を主眼とした介入を決意し、その為の技術と資源を得る為に、異界の門の残滓である『異界迷宮(ダンジョン)』の攻略の命を発す。 その命を拝領することになった御庭番であり武芸百般に通じていた『犬界(いぬかい) 狼月(ろうが)』は親友であるコボルト『ポチ』と共にダンジョンに挑むことになるのだった。 ※第二回アース・スター大賞、奨励賞を受賞、書籍化決定しました! 12月15日発売で絶賛予約中です! ※他サイトでも掲載しています。

前へ

1-100

次へ

前へ

1-100

作品情報

作品名 大江戸コボルト【WEB版】
作者名 風楼
ジャンル 歴史/時代
タグ アクション/バトル 男主人公 人外 和風 ダンジョン 江戸時代? 日常とバトルが半々 コボルト ドワーフ エルフ 不定期連載
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年2月1日 19時54分
最終投稿日 2021年11月24日 20時37分
完結日 -
文字数 423,904文字
読了目安時間 14時間8分
総エピソード数 157話
ブックマーク登録 55件
コメント 17件
スタンプ 631件
ビビッと 2件
応援ポイント 859,700pt
ノベラポイント 390pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 世界史嫌いのchronicle(クロニクル)

    ある女子高生の不思議な体験

    708,500

    8,397


    2021年11月27日更新

    聖リュケイオン女学園。珍しい「世界史科」を設置する全寮制の女子高。不本意にも入学を余儀なくされた主人公宍戸奈穂は、また不本意な役割をこの学園で担うことになる。世界史上の様々な出来事、戦場を仮想的にシミュレートして生徒同士が競う、『アリストテレス』システムを舞台に火花を散らす。しかし、単なる学校の一授業にすぎなかったこのシステムが暴走した結果...... ※表紙のイラストは作画三林こーこ様によるもので使用許可を頂いております。 ※この作品は『小説家になろう』『カクヨム』『エブリスタ』様にも掲載しております。

    読了目安時間:7時間45分

    この作品を読む

  • 【とある、長屋の髪結い主人】の話しで御座います!

    ライトノベル風に書いた時代小説で御座いま

    7,400

    2


    2021年11月27日更新

    魔法のiらんど大賞2021コミック原作本大賞予選通過作品 自身の元服を果たし。地方から高見を目指し、上京してきた。主人公伝四郎元重は? 自身の両親の反対を押し切り。ある長屋での新しい生活を始めますが? その長屋……何故か? 地主も家主も女性なので御座います。 う~ん、それでも? そんな長屋で独り暮らしを始めた伝四郎元重なのだが? 彼の待ち受ける長屋での独り暮らしの方は? 伝四郎が夢見た独り暮らしとは、こと離れた夢物語……。 そう~? 彼を待ち受ける長屋での独り暮らしの方は? 前途多難……。 まあ。良くあるこの頃の時代の髪結い亭主の話しで御座います。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間35分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 勇者アルテによって魔王は討ち果たされ、世界は平和になるはずだった。 しかし魔王を倒した〝勇者アルテ〟を恐れて人間達は裏切り、アルテを騙して殺してしまう。 だがアルテは瀕死の状態で逃げ延びており、自分が何故か魔王になっているのに気付く。 もう裏切られた人間の世界も今いる魔界も関係ない。 今度こそ自分が平和に暮らすため、魔王も勇者も自分でやればいいと動き出す。 ※カクヨム様、小説家になろう様でも投稿しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間28分

    この作品を読む

  • 囚人から始まる異世界逃亡記

    概要欄、19話以降の後書き。報告あり

    149,870

    23,760


    2021年11月26日更新

    重要報告です。※Twitterにて続報あり。 最近月間ランキングが上がる度に、一定数の方から風評被害を受けております。そのため、ノベプラでの更新を20話でストップすることにしました。 特に多い批判は、特定の応援者様をサクラ扱いするものです。 自分個人としてはどう思われようが関係ないのですが、応援者様の風評被害にも繋がると判断し、この結論にいたりました。 『そのため、今後こちらの作品への応援ポイントは一切つけないようにお願いします』 心当たりがある方、自らの発言には何かしらの影響があることを重々承知してください。 続きが気になる方、他サイトでも応援するよ!っと言って頂ける方。準備が整い次第ツイッターにリンクを張りますので、そちらから遊びに来ていただけたらと思います。 勝手な決断ですが、ご理解お願いいたします。 ※この作品には残酷な表現、暴力描写、性的描写が含まれる場面があります。 久瀬 恭介(くぜ きょうすけ)26歳。 20歳の時に社会人としての重圧に敗北した彼は、それから6年間ニートとして自堕落な生活を過ごしていた。 現実の様々な秩序に立ち止まり、流れに取り残されるように引きこもる。 辛い日々から逃げ、夢を失い、何のために生きているのか分からない。 それでも世の中は様々な責務を突きつけてくる。 「異世界転生……本当にそんなものがあるなら、俺は変われるんだ」 あるはずがないものを妄想をして、強く現実逃避をする毎日。 そんなある日、謎の声で目を覚ます。 「……おい……嘘だろ? こいつ、生き返ったのか?」 良く分からない言葉に目覚めると、俺は死刑囚オルディ=シュナウザーになっていた。 理解できない現状に、困惑が頭を支配する。 強く異世界転生を願ったため、恭介は本当に異世界転生をしてしまったのだ。 貴族達による審議の末、恭介は大監獄ベルバーグに収監されることとなる。 そこは数多の種族が混濁し、毎日のように争いが勃発する最悪の牢獄。 そんな監獄で生き抜く唯一の希望は、突然身につけた転生恩恵【理解力】であった。 数々降り注ぐ災難に、恭介はこの異世界で生きぬくことができるのだろうか。 恭介の一風変わった異世界生活は、のちに異世界を大きく変えていくのであった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間26分

    この作品を読む