SF 短編 完結済

俺しか見えない

作者からの一言コメント

頭上に浮かぶ謎の数字をめぐる物語?

ある朝起きてみたら、人の頭の上に謎の数字が浮かんでいた。 この数字、なんなんだろう? どうやら他の人には見えていない謎の数字。 この数字に秘められた真実とは……?

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 俺しか見えない
作者名 千楽亭 十一作
ジャンル SF
タグ コメディ 現代日本 異能 日常 硫化鉄 謎解き 輪廻 OL
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年12月15日 17時28分
最終投稿日 2019年12月15日 17時29分
完結日 2019年12月15日 17時29分
文字数 10,203文字
ブックマーク登録 10件
コメント 2件
スタンプ 34件
ビビッと 0件
応援ポイント 14,600pt
ノベラポイント 20pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ★1/16更新『漫画を読む様に小説を』

    ♡425,950

    〇20,570

    現代/その他ファンタジー・連載中・21話・50,592字 degirock

    2021年1月16日更新

    ★先に言っておきます! これはコメディですッ!!★ ☆みんなを笑わせたいのだ!!!☆ ◤◢◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢ 右上の『最新話を読む』ボタンで案内される話は最新話ではありません! お手数ですが、目次を下って頂き、【★NEW★】と冒頭に打ってあるタイトルをご覧下さい(・∀・) ==================== 例えばさ、『変身願望』って言葉があるじゃん? 小さい頃なんかだと変身ヒーローとか、大人なんかは今の自分を変えたい、とか。まあ色々さ。けどそれはやっぱり願望であって、願ってはいるけど頭のどっかでは「無理ではあるけど」みたいな一文がくっついてると思うんだよね。 でもそれって普通の事で、現実に対してそういった空想があって、そんでもって今とバランスを取ってるって言うやつ? まあ早い話が、俺はこの日常が嫌いじゃないんだよね。別に変わって欲しいとかは望んでなかった。 けれど。 空想出来る事は起こり得る未来の可能性…ってヤツが、ラッパを鳴らして登場しちゃったら? その時、俺達に選べる選択肢って…そうあるのかな。 ==================== イラストで戦う相棒:とうま (https://twitter.com/ZqAiZkftprcAKcp)

  • 元ゲームクリエイターが遺言、キャラ設計術

    ♡101,100

    〇150

    エッセイ/評論/コラム・完結済・50話・57,092字 板皮類

    2020年10月11日更新

    ---- 最近までプロだった企画屋・シナリオライターだった筆者が記しちゃう! これから来るかもしれない、キャラクターの設計法の仮説・ノウハウ集デス。 ---- 1:まずは、有名なアレやソレの成功例を分析します 2:心理学もちょっとだけ参考に 3:コロンブスの卵的だけど、見逃しがちなテクを明文化 4:ユーザー・読者に支持されるキャラクターのコツ、発想法を考えます もう、単独キャラクターでのクオリティアップは限界。 (リテイクばっか増えてイクナイ!) 違う設計思想でヒロインのしずる感(訴求力)を上げようぜ! というのが最終目標です。 ※この連載は、2019年3月~2020年4月にかけてカクヨムに投稿した『【チームでキャラデザのすすめ】言われてみれば当然だけど、優れたキャラクター設計に必要な工夫を考えてみる』を再編集してお送りします。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • I love wicks.

    ♡31,400

    〇0

    SF・連載中・19話・40,615字 Autor e Art 空ゾンビ

    2021年1月14日更新

    Hero is a young man who dreams of surpassing his father and becomes the greatest mecha legend.

  • 陰謀マシマシのバディものサスペンス

    ♡0

    〇0

    SF・連載中・4話・20,042字 かんばやしいずひさ

    2021年1月17日更新

    【 あらすじ 】 19年前、世界大戦の最中に突如地球を襲った電磁波災害は、人類に電気の使用を封じ、科学技術の発展を大いに遅らせた。いつしかそれは〈天の火〉と呼ばれるようになり、科学者や宗教家が様々な解釈を試み続けているけれども、未だ原因も対策も解き明かされないままだった。 茨野商会の副主任エアロンは、行方不明になったエルブール町長の捜索と町に現れた不審な集団を調査するよう依頼を受ける。調べを進めるうち、彼らが見たこともない装置を用い、翌朝何かを実行しようとしていることを突き止めた。そして、事件を追うエアロンの前に謎の少女が立ちはだかる。 「あたしの名前はメルジューヌ。あたしはあなたに、殺されに来たの」 彼女はこれから彼らが巻き込まれる悲劇の幕開けを告げる。 白の神官を巡るヴァチカン教会の闇。その背後に潜む研究所の存在とは。 小さな町から始まった事件はやがて世界を巻き込む陰謀へと繋がっていく。 【 コメント 】 遥か昔に書いていた短編シリーズを長編化リメイクしました。 がっつり長編全10話+番外1話。完結までは既に書き上げているので、ちまちま更新していくつもりです。 ジャンルは該当するものがわからなかったので、サイエンス要素はほぼファンタジーですが… 実際はアクションもりもり陰謀マシマシのバディものサスペンスです。 このお話が誰かの目に留まり、ほんの一時でも楽しみを提供できますように。 ※実在の人名、国家、団体、宗教とは一切関係はありません。また、なにものをも貶める意図はありません。 ※pixivでも公開中です。