現代/その他ファンタジー 長編 連載中

ゲートキーパーズ・アパート ~異界対策部のお仕事~

作者からの一言コメント

そのアパートは異世界へとつながっている。

読了目安時間:12時間4分

総エピソード数:105話

『物体転移が得意な人材急募。寮完備』 ネットで見かけた募集広告をきっかけに、謎の組織『ゲートキーパーズ・アパート』で働く事となった祥太郎。 そこにはマスターと名乗る初老の紳士のほか、結界術を得意とするドレス少女マリー、『気』を操るアスリート系女子の理沙、ちょっとチャラい予知能力者の才、謎のゆるふわ美女の遠子が住んでいた。 そこそこチートな能力者たちが異世界に行ったり異世界人と戦ったり異世界からの侵攻に立ち向かったり――異世界を相手に、そこそこ頑張る話です。

総エピソード数:105話

総エピソード数:105話

作品情報

作品名 ゲートキーパーズ・アパート ~異界対策部のお仕事~
作者名 森山たすく
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ コメディ シリアス ほのぼの アクション/バトル 男主人公 女主人公 現代日本 日常 異能 異世界 魔法 超能力 お仕事 群像劇
セルフレイティング 暴力描写あり
初掲載日 2019年6月2日 12時12分
最終投稿日 2023年1月23日 21時58分
完結日 -
文字数 362,062文字
読了目安時間 12時間4分
総エピソード数 105話
ブックマーク登録 12件
コメント 2件
スタンプ 17件
ビビッと 0件
応援ポイント 3,360pt
ノベラポイント 100pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ループサマーバケーション

    戦え、クリエイター。想像を開花せよ。

    0

    0


    日時集計中

    タイトル未定←ループサマーバケーション決定。 終わらない夏休み。 夏休みが、ループしているのに誰も違和感を持たない。 →ループしていることに主人公を含め、数人が気づく。 主人公たちが、調査を始めて二週間。次元の歪みから、何かが出てくる。 何かが←まだ未定。←デスペレイション デスペレイションは絶望を取り戻す鍵。 クリエイター 絶望を乗り越えることで得る力。 クリエイターの力を使って、強い想像を現実に。 ↓ヒロイン芦渡理花苗 戦う正義のヒロイン 私ね、ずっとこんなヒーローになりたかった。 でも、何で忘れてしまっていたのかな? 大人に少しずつ近づく度、夢が曖昧になっていく気がするんだ。 でもさ、忘れちゃだめなんだ。これは特別な宝物。 戦え、クリエイター。 想像を開花せよ。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • RED ~Legend of justice~

    さぁ、舞踏會(パーティ)を始めやうか!

    500

    0


    2023年2月8日更新

    18歳の少年『和谷颯太』は、海東高校に通う高校3年生だ。 幼くして母を亡くした彼には秘密があった。 富豪の祖父・達郎。警察官の父・光太郎。 そして彼の選んだ道は……。 少年・颯太の冒険活劇が、今、始まる!

    読了目安時間:57分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • Giftbiene

    負けたらエラいことなチェスで勝負する話。

    72,900

    1,000


    2023年2月7日更新

    ドイツ、ベルリンはノイケルン区。 ケーニギンクローネ女学院に通うシシー・リーフェンシュタールは、才色兼備な全生徒の模範。 しかし、彼女にはもうひとつの裏の顔がある。 それは違法な「賭けチェス」に興じていること。 そして「リスクを負う」ことに生を感じること。 底の見えない彼女の欲望は、大金のみならず、自らの身体、そして命までも賭けの対象として、生を貪る。 その先に待ち受けるものは、喝采か、破滅か。 堕ちていく、ひとりの少女のカタストロフィ。 ※Kindleにてまとめて電子書籍で出ています。1冊99円となっているので、まとめて読みたいという方は、よろしくお願いいたします。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間28分

    この作品を読む

  • ひねもす亭は本日ものたり

    日常モノ×怪異退治?モノ ※水・日更新

    89,600

    2,530


    2023年2月8日更新

    陽之戸国の都、貴墨に住む三流作家の丞幻(じょうげん)はある夜、祟り神が出るという噂の荒れ寺で男を拾う。 埋められていた土の中からずるずると這い出て、力尽きたように倒れている男を見て、丞幻は思わず呟いていた。 「――あらやだ、ネタだわ」 これは、怪異を見聞きする力を活かして関わった事件を小説にしているものの、いまいち売れない三流作家が愉快な仲間達と共に(次回作のネタの為に)怪異に挑み。 神隠し調査の為に異界に突撃し。 美味しいものに舌鼓を打ち。 賭博ですってんてんになり。 時には盗人捕縛に駆り出され。 はよ次の話を書けと、版元に物理で尻を叩かれる。 そんなお話である。 ※キャラはコミカル、ホラーはまったりな、なんちゃって和風怪異モノです。よろしくお願いします。 ※話の展開上、人の売買や殺人・強盗などの犯罪行為の描写がある場合があります。 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ※毎週水曜日、日曜日の午前0時前後更新します。 ※複数の小説投稿サイトでも公開しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間11分

    この作品を読む