ゲートキーパーズ・アパート ~異界対策部のお仕事~

読了目安時間:7分

布石 3

 それは奇妙な闇だった。真っ暗なわけではない。だが先ほどの薄暗い店内とは全く違う。ねっとりと重く、生ぬるく、けれども冷や汗が体を伝うような不気味な闇。 「――っ!?」  あたりを恐る恐る見回し、思わず声をあげそうになった祥太郎(しょうたろう)だったが、かろうじて堪えた。  店の奥、カウンターの隙間からぬうっと出た青白く細い手は、手招きをするように何度か揺れてから消える。 「ここで来よったか」 「……友里亜(ゆりあ)さん、あ、あれ、何なんですか?」 「いろんな呼び名があるみたいやけどな、うちらは『隙間鬼(すきまおに)』て呼んどる。気ぃつけんと祥太郎ちゃんも引きずり込まれるで」 「引きずり込まれるって……ど、どこに?」 「『隙間』や」  友里亜は店内全体に油断なく視線をめぐらせながら言う。 「この世でもあの世でもない、この世界でも異世界でもないとこ。引きずり込まれたが最後、出られへんようになるで」  色気を感じさせる低くささやくようなその声も、今は背筋をぞっとさせるだけだった。 「ま、祥太郎ちゃんは転移能力者やから、ワンチャンあるかもしれんけどな。何にせよ、やられる前にやるだけや」  脅かしてしまったことを詫びるように彼女は付け加える。 「ほんまは、ここで遭うはずじゃなかったんやけどな。出るはずのとこに出てけぇへんかったから、次の指示を待っとってて。うちの獲物やから、祥太郎ちゃんのことも巻き込んでしもうて悪かったわ」 「いえ、それは仕方ないですけど……僕たちも一旦ここから出て、対策を立て直すことって出来ないんでしょうか?」 「それは出来へん。そんなことしたら隙間鬼に逃げられてしまうからな。叩いとかんと人に悪さする」  二人とも自らの『コンダクター』を確認する。通信を試しても、切れている状態だった。 「これ、邪魔されてるってことですよね……?」 「そやね。うかうかしとると逃げられるどころか、うちらが捕まってしまうかもな。店長とお客はん、さっさと逃がしといて良かったわ」  友里亜は軽く笑い、バッグから煙草のようなものを取り出すと、素早く火をつけた。それから大きく煙を吸い込み、一気に吐き出す。煙はまるで何匹もの蛇のようにうごめき、うねりながら部屋へと拡散していった。 「これで隙間鬼をおびき出すから、あとは祥太郎ちゃんお願いな」 「……はい? 何をですか?」 「何をって、隙間鬼の退治」 「はぁ!? 僕がやるんですか!?」 「基本的にうちはサポート役やし」 「で、でも、退治って、どうしたら」  やるしかないと分かっていても踏ん切りがつかない。そんな祥太郎の心を読んだかのように、友里亜は付け加えた。 「もし殺すのに抵抗があるとかやったら気にしなくてええで。隙間鬼、死なへんし」 「そうなんですか?」 「そうなんよ。うちらの力じゃ無理みたいでな、『隙間』に追い返すのが精いっぱいやねん。せやけど一回追い返せば、その個体はしばらくか、ずっとかは知らんけど、もう出てけぇへんようになる」 「な、なるほど……じゃあ、思い切りやればいいんですね!」 「そ。ま、でも今のうちに覚悟決めとくのもええ思うで。優しいのはええけど、この仕事で甘いこと言っとると死ぬし」 「はい、肝に銘じておきます……」  とはいえ、気が楽になったのは確かだ。祥太郎はいつでも動けるように意識を集中した。  薄闇の中を煙が覆い、視界がより悪くなっていく。そこへ、ゆらゆらと動く影が映った。――と思った直後。 「ギィィッ」  すぐ目の前に、大きな赤い目と、裂ける口が現れた。 「わぁぁぁっっ!」  思わず叫んだ。祥太郎は必死の形相で怪異を吹き飛ばす。それはくるりと空中で一回転をし、床へと着地した。 「ギィィッ」  再び軋むような声を発する。祥太郎の持っている知識の中でその姿のイメージに一番近いのはゴブリンだ。小さく青白い体で、尖った耳。  隙間鬼は二人を見ると嬉しそうに、その場で何度も跳ねる。 「これが隙間鬼……」 「祥太郎ちゃん、今のうちや! 何でもええからダメージ与え!」 「は、はいっ!」  祥太郎はうなずき、近くにあったイスを弾丸のように飛ばした。 「ギィィッ!」  しかし隙間鬼は軽やかに避ける。そのまま壁を蹴ったかと思うと――すぐ隣に出現した。 「わぁっ!」 「このっ!」  友里亜がすぐさま蹴りを放つ。理沙ほどではないが、サマになった鋭い蹴りだった。しかし隙間鬼はそれも難なくかわして空中で何回転もし、華麗に着地をしてみせる。 「ギィッ! ギィッ! ギィッ!」 「スピードスターか……厄介やな」 「スピードスター?」 「素早さにステ全振りしたみたいな隙間鬼のこと。うちらのこと遅いて馬鹿にしとるで。憎たらし!」  確かに隙間鬼はやけにご機嫌だ。先ほどまでは嬉しそうに跳ねていただけだったのが、だんだんとダンスのように激しい動きになってきている。  その隙をつくつもりで弾き飛ばそうとしたり、食器などの小物で次々と攻めてみたりもしたが、とにかく隙間鬼は速かった。目がとらえたと思った次の瞬間にはもう別の場所に移動している。 「くっ、転移してるわけじゃないのにメチャクチャ速い……!」 「祥太郎ちゃん、まずいで。このままやと本戦に入る」 「本戦? ――って何ですか? ちょっと情報量が多すぎて頭が追いつかないんですけど」 「ギギギギギィィィィィィィィィィッ!」  二人の会話をさえぎるように、隙間鬼が耳障りな声で叫んだ。 「時計……?」  いつの間にか空中には、小さな半透明の時計が無数に浮かんでいる。ほとんどの文字盤は読めなかったが、その中には良く知るアラビア数字やローマ数字のものもあった。時間はどちらも12時ちょうどを示している。 「ギギィッ!」  それから長針と短針がぐるぐると回り始めた。しばらくして、それがピタリと止まる。指し示すのは――11時30分。 「今回は30分か……その間に何とかするしかないな。本戦に入ったらもう隙間鬼の領域。時間内に倒されへんかったら、うちらの負けや」  ◇ 「……暇だねぇ」  エレナがぽつりと言う。その声がくぐもって聞こえるのは、彼女が白い装甲に身を包んでいるからだ。 「暇なのではない。患者がいないのだ。それは素晴らしいことだぞ、燕尾服」  同様にくぐもった声が聞こえる。ドクターだった。彼は茶とせんべいの乗ったお盆を片手で器用に運び、スチール製の事務机の上にそっと置くと、自らもイスへと腰掛ける。大して広くはない医務室の中、白いプレートアーマーのような装甲が二体並んでいるのは異様ともいえる光景だった。 「ドクター、妙なコードネームで呼ぶのは勘弁してくれたまえ。大体こんな甲冑を着こんでいたら、服なんて見えやしないじゃないか」 「甲冑ではない、白衣だ。今は休憩時間だ。ひとまず茶でも飲もう」  言って脇腹部分にあるボタンを操作すると、機械音とともにヘルメットが開く。エレナも同じようにしてから長い息を吐いた。 「意外と中は快適だったが、やはり窮屈な気分にはなるな」 「この業務に携わる間だけだから我慢することだ。あの三人のように君も普段と違ったことに挑戦してみたいというから、白衣も急いで用意したんだぞ」 「それには感謝してるよ。ただ業務といってもさ、患者も来ないのにドクターは普段何をしてるんだい?」 「いまは、ボクの研究をしてることがおおいっピよ」  棒人間が突然やってきて二人の間に割り込み、せんべいを一枚取ってポリポリと食べる。 「確かに君は謎だらけだからね、ボウニンゲンくん。それで研究の結果、何か分かったのかい?」 「全く何も分からん」 「……もしかしたらドクターの仕事内容に関してはあまり聞かない方が良かったかな。私は雇用者側でもないから、マスターや上が納得してるならそれで構わないしね」 「あーでもー、このまえドクターがつくったハクイが、たかーく売れたって言ってたっピよ?」 「それは素晴らしい! でもやっぱり深くは突っ込まないことにするよ。……ところでボウニンゲンくん、君は我が姫たちと一緒に行ったんじゃなかったかな?」 「いかないっピよ?」  棒人間はまたせんべいをつかむと、輪っかになった顔へと放り込む。 「もうマリーちゃんさんと理沙ちゃんさんには、ボクが教えられるだけのことは教えたんだっピ。ふたりはもうリッパなアイドルだから、あとはヒトリダチ……フタリダチ? するんだっピ」 「なるほど。君も立派な先生ということだね。けれども二人の勇姿を見て褒めてあげるのも、先生の大事な役目なんじゃないかな?」 「うむむ……たしかにそうかもしれないっピ!」 「ということでドクター。私はボウニンゲンくんとともに二人のステージを見に行ってこようと思う。研究のための資料が必要なら、後でレポートでも提出するからさ。……ついでに、ショウタロウくんの様子も見てこようかな」  言うが早いか、エレナは棒人間の手を取って姿を消す。  残されたドクターは、エレナが入っていた『白衣』に向かって小さくうなずき、黙って茶をすすった。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ダークスレイヤーの帰還

    美女とロマン多めのファンタジー大河小説!

    785,450

    5,300


    2021年6月4日更新

    【日間総合1位、異世界ファンタジー日間1位になりました!】 【HJ小説大賞2020後期、二次選考通過】 かつて無限世界の構造に異を唱え、絶対者たちに唯一反旗を翻し、永遠の闘争に身を置いた戦士がいた。 神々の不都合を封じた『永劫回帰獄』の黒い炎を纏い、封じられた戦士たちの力と武器を揮う闇の存在、ダークスレイヤー。 しかし、いつしか彼は忘れ去られ、その戦いも伝説として忘却されつつあった。 一方、緩慢に滅んでいく無限世界の中で、唯一『永遠の地』と呼ばれる異世界ウロンダリアでは、八百年前の大戦を最後に訪れた長い平和に、不穏な退廃が漂い始めていた。 全てが漂着するとされるウロンダリアにおいて、ことさら特殊な漂着者とされる『眠り人』。 二十人を最後に永遠の平和が訪れるとされていた予言は破られ、二十一番目の『眠り人』とされる男が流れ着く。 彼を目覚めさせるのは『眠り女』と呼ばれるさまざまな種族の女性たち。 やがて目覚めた男は何を見、何と戦い、何処へ行くのか? 妙に多い美女たちの謎と、彼女たちとの関係は? 囁かれる『時の終わりの大戦』とは? これは、神と人の時代の隠された断絶と、我々が忘れた戦士の物語。 ※総文字数は250万字を超える予定です。 ※大長編なので、所々に単発エピソードを置いています。『※単発』とあるエピソードは話の進行に関係なく読めます。 広大な異世界ウロンダリアの沢山の物語の一つにして最重要エピソードである、『ダークスレイヤーの帰還』をピックアップした物語です。 政治・文化・言語まで設定された世界を舞台に、素敵なヒロインたちと硬骨な冒険が続いていきますが、やがて物語は多くの他の異世界や無限世界全域の問題を浮かび上がらせていきます。 【各章の紹介】 序章・主人公の目覚めと『眠り女』たち、そして魔の都。 第一章・工人の女アゼリアと、銃を使えるようになるまでの物語。 第二章・大国バルドスタの王女アーシェラが、古い困難を取り除くまでの物語。 第三章・ゴブリンの姫ゴシュの一族の敵討ちで、帰らずの地へ。【現在執筆中】 第四章・狼の魔女ファリスと魔女協会、そして黒い森の物語。 第五章・北のアンスリノラを出る、最後の眠り女カルラの物語。 以降順次発表・執筆していきます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:27時間4分

    この作品を読む

  • 魔女イッリ

    世界がどうあれ、三人は仲良し。挿絵多数!

    724,344

    4,770


    2021年6月22日更新

    ◆作品紹介 小さい頃から傭兵として生きてきた少女エリッカ。 筋力や反射神経が魔族並みになっている代わりに、人間らしさを失いつつある魔心病のフィルヴァニーナ。 魔心病を広めたとして魔女と呼ばれ、追われる身となり、旅をしながら隠れるように生きるイッリ。 魔族、機械、銃。そして人間が築き上げた社会。彼女達は、激動する世界に巻き込まれながらも、次第に世界へ影響力を持つようになっていきます。 彼女達は、悲しい過去を持ちつつも強く生きます。尊く、強く、そして可愛い三人の少女のハイファンタジー小説です。 お互いの過去が過去だけに、複雑な思いを抱きつつも、世界に関係なく、きっと彼女達はずっと友達であり、大切な人なのであろう。そんな物語です。 ◆挿絵イラストレーター 高架 pixiv:https://www.pixiv.net/users/2031328 twitter:https://twitter.com/kouka_oekaki ◆作者コメント 小さい頃からファンタジーが大好きで、よく色々な世界を想像していました。この世界の構想自体はかなり昔から作っています。 AIに携わる仕事を通して感じたことなどを作品に盛り込んでいます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:17時間1分

    この作品を読む