ゲートキーパーズ・アパート ~異界対策部のお仕事~

読了目安時間:7分

ヨウコソ、ワガヤヘ 3

 まぶたを開くと、闇が見えた。次第に目は慣れてきて、自分が薄暗い部屋の天井を見ているのだということに気づく。  そこで今までの記憶が一気によみがえった。祥太郎(しょうたろう)は注意深く首を動かし、周囲を確認する。 「おう、気がついたか」 「(さい)!?」  思わずがばりと起き上がった。目を()らしてよく見ると、近くには理沙(りさ)も、マリーもいるようだ。それ以外、狭い部屋の中には何もなさそうだった。 「えーと……」  頭の中には、様々な疑問がぐるぐると回る。その中からとりあえず一つを選び出し、口に出した。 「ここ、どこ?」 「わからん。――が、思い当たることはないでもない」 「サイ。四人そろったし、そろそろ話してくれてもいいんじゃない?」  マリーが呆れたように言う。 「どちみちリサたちも来るだろうし、それまでに考えをまとめておきたいからって、教えてくれないんだもの」 「それって、予知ってことか?」 「うんにゃ、ただのカン。マリーちゃんもここに来た時点で、そうなるんじゃねーかなって思ったわけ。俺ら一応、ワンセットみたいなとこあんじゃん? チームとして。遠子(とおこ)さんがいたら、同じように巻き込まれてたかもな。……んで、もう一人いるじゃんか。『アパート』のシステムでも(とら)えられねぇ、怪しくて、謎なヤツ」  才は言って、誰もいない部屋の隅の方を見た。 「サイは、ここがあの時消えた『ゲート』だと言いたいのね?」 「ああ。ここを『ゲート』と呼んでいいもんかどうか迷うとこではあるけどな」 「あの時のって?」 「棒人間(ぼうにんげん)が『アパート』に来た時の『ゲート』だよ。どっかに消えちまっただろ?」  そう言われ、祥太郎もようやく思い出す。その結果、棒人間は帰れなくなり、皆と一緒に生活するようになったのだ。 「でも、何で誰にも気づかれないまま、あたしたちを閉じ込めることが出来たんでしょうか? あの時は確か、才さんの予知に引っかかりましたよね?」 「思うに、どっかへ消えちまったんじゃなく、ずっと近くに潜んでたんじゃねーかな。あの時はこっちの世界と初めて繋がったわけだろ? それだと観測できるエネルギー量も相当変わるしな」 「しかしホント、『ゲート』っていうよりは『部屋』って感じだよな……僕はそんなにたくさんの『ゲート』を知ってるわけじゃないけどさ」 「実際、あいつの『部屋』っつーか、『家』っつーか、そういう感じのとこなのかもな」  才はもう一度、周囲を見回す。 「あいつ、ひとりぼっちだったって言ってたじゃん。こんな何もねぇ狭い場所で、どのくらいの時間なのかわかんねーけどさ、ひとりで居たってのを考えると……何だかな。想像もつかねーというか、レベルが違うっつーか」  彼が言葉を切ると、沈黙が流れた。  四人でこうやっていても、ともすれば不安が頭をもたげてくる。 「だけど、今はひとりぼっちじゃないですよね」  そんな空気を、理沙の声が明るく照らした。 「向こうではきっと遠子さんと一緒ですし、こっちに戻ってくれば、みんながいますし。そういえば、シロちゃんとも意外に気が合うみたいですよ」 「あいつ結構ゲームが上手くてさ、対戦すると面白いんだよなー」 「そういや、完コピあまなちゃんも披露してもらわねーとな」 「ボーニンゲンが帰ってきたら、わたしも今までよりは優しくするわ」 「……だから、安心して大丈夫ですよ。棒人間さんはもう、あたしたちの大事な仲間なんです」 「リサ、どうしたの? 突然」  何故か天井に向けて呼びかけ始めた彼女に、皆が首をかしげた時――部屋の中が急に揺れ始める。 「おいおい、今度は何だっつーんだよ」 「転移――は、やっぱ出来ないか。どうしよう」  しかし、迷いは一瞬のことだった。文字通り、光が見えたからだ。  現れた光は急速に拡がり、目の前を覆いつくしていき――気がつくと、そこは見知った場所だった。 「ここ――テストルームか」  才はあたりを見回す。置きっぱなしだった道具もそのままで、よく似た別の場所だということもなさそうだ。 「結局、何がどうなってあんな場所に連れてかれたんだろ……?」 「俺に聞かれてもさっぱり分からん」 「そうだリサ。あの呼びかけは何だったの? 何か分かったの?」 「えーとね……」  問われて理沙は、ふっと笑う。 「才さんの話を聞いててあたし、師匠のこと思い出しちゃって。あの部屋が棒人間さんを送り出したけど、棒人間さんのことが心配で、今までもこっそり隠れて様子を見てたとしたら、何だかお母さんみたいだなって……だったら、あたしたちが本当に信用できるかどうかを知るために、ああいうことをしたんじゃないかって思ったの」 「なるほど。部屋がそういう行動を取るというのも奇妙だけれど、実際、わたしたちは解放されたものね」 「でも、やっぱりあたしの言葉だけじゃ説得力がなかったと思う。みんなの熱い思いがあったからこそだよ!」 「いや、熱いかと言われると、わたしは別に……」 「ま、そこらへんはいいじゃねーの。無事認められて、こうして出してもらったわけだしさ……ん?」  才は言って何気なくポケットへ手を突っ込み、違和感を覚えた。 「そういや渾櫂石(こんかいせき)ポケットに入れたの忘れてたな。――んんん!?」 「なんつー声出してんだ才。――んん!?」  取り出したものを見てほぼ同じリアクションをした祥太郎に、何事かと理沙たちも寄ってくる。 「どうしたんですかこれ!? ……うずまき?」  才の指に挟まれている小さな石の中には、あのオパールのようなきらめきの代わりに、いつの間にか黒い渦が居座っていた。といってもそのシンプルな曲線は、ナルト巻きの模様を思わせる。 「マジックアイテム化してるんだわ。おそらく、あの部屋の力を取り込んだのね。――そうだ! これを使えば、ボーニンゲンとトーコを召喚できるんじゃない?」  しばらくじっと見て、そう口にしたマリーの顔がにわかに輝く。  他の三人にも、その希望はすぐに伝染した。 「マジで!? すごいじゃん!」 「あの部屋が、探すのに使って欲しいって力を分けてくれたのかもしれないですね! 才さん、出来そうですか?」 「ああ。すぐには無理かもしんねーけど、また分析してみて……もうマジックアイテムになってんなら、マスターのツテで、ちゃんとした召喚術師を紹介してもらうのもいいかもな」 「こういう時こそ意地張ってないで源二(げんじ)さんに頼めないのか? 人脈広そうじゃん」 「うるせーよおせっかい太郎。ま、それも考えとくが、立場上、色々ややこしくなる可能性も高いからな。この前みたいなこともあっただろ?」 「あ、そうか。ごめん」 「召渾術(しょうこんじゅつ)みてーに簡単にいけば楽なんだけどなー。なんだっけ? 来たれ! 棒人間と遠子! って感じでさ」  すると。 「呼んだっピ?」 「いたっ。おしり打っちゃった。……あら、ここテストルームね」  石がにわかに輝き、中からでろん、と棒人間と遠子が出て来た。 「………………」  あまりの出来事に思考停止し、何も言えなくなる一同。  才は何度かまばたきをしたあと、つかつかと二人に歩み寄った。それから棒人間の手を握り――空中へと投げる。 「ひょぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!」  棒人間はそのまま壁に激突し、びたんと床へ落ちた。 「し、ししょー! 何をするんだっピ! 感動のサイカイがダイナシなんだっピ!」 「うるせー、感動もクソもあるか! 『呼んだっピ?』じゃねーわ! てめー、俺らがどんだけ苦労したと思ってんだこのバカ!」 「り、リフジンだっピ……!」 「遠子さん……本物だ」  一方で、理沙も遠子の手をおそるおそる握り、その感触に、笑顔を取り戻していく。 「ええ、ちゃんと本物よ。棒人間ちゃんが急に、呼ばれたって言って手を引っ張るから、私も驚いちゃった」  あくまで飄々(ひょうひょう)としたその態度は、皆の記憶に残る彼女そのものだった。  感情が、ようやく追いついてくる。マリーは無言で抱き着き、祥太郎のひざからは力が抜けて、その場に座り込んだ。 「聞きてーことも言いてーことも色々あるけどさ。とにかくまー、何つーか……おかえり」 「遠子さんも、棒人間さんもおかえりなさい!」 「おかえり」 「……おかえりなさい」  顔を伏せたまま、小さく言ったマリーの背中を撫で(なで)、遠子は改めて部屋の中を、そして仲間たちを見る。 「前にね、マリーちゃんが、ここが私の居場所だって言ってくれたでしょ? ……一度離れて、こうやって戻ってくると、やっぱりそうなんだなって思う」  それから、いつものおっとりとした笑顔を浮かべた。 「ただいま」

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • Against 〈human〉:『想像/創造』世界の神を墜とす恋色の蝶

    神と戦う人間たちの異世界日ノ本戦記!

    16,600

    50


    2021年6月23日更新

    想像したものが現実となる。その力の源である万能粒子を人々は『テイル』と呼んだ。――人々はそれを力として使い戦争を起こすに至ってしまった。 人々は地獄と化した世界を救う救世主を求め創造した。人間と同じ見た目でありながら、頭脳、身体能力、万能粒子への適合度が高い〈現神人《あらがみひと》〉、通称〈人〉。人間を強大な力で戦争の世界から救ったが、上位存在の知性体として人間を支配、管理するようになった。 日ノ本も戦乱の世。12の〈人〉の一族が島国を十二分し、思想の違いから争いあっていた。 この物語は、1人の少女の恋と旅立ち、絶望と時代の終わりまでの戦いを書く。 ※更新や最新情報はTwitterをチェック!→https://twitter.com/TT_againsthuman Ⅰ 『無知故の白き羽は、戦いと思慕で紅色に染まる』――The girl was left behind―― 13歳になった少女、四十番もまた、その争いの兵士となるように育てられ、成人式を契機にいずれかの〈人〉の下で奉仕をするために売られることになる運命だった。しかし、彼女を買収したのは16歳の旅人。彼らは行方不明となった友人を見つけるための旅をする傭兵。 彼らの弟子となり、『明奈』という名前を与えられた彼女は、主となった2人との生活の中で、自分の生きる意味と希望を見つけていく。 「私、先輩と一緒に生きて、お手伝いがしたいです」 その言葉は、彼女を、少年2人が抱えていた運命との戦いに巻き込み始める。 Ⅱ 『楽園に至る紅き蝶は、邪神の炎に包まれる』 ――The city is full of inferno―― 源家本領の戦いから、2年が経過した。 戦いの舞台は京都。倭の中で人間が唯一比較的自由に暮らすことができる人間にとっての理想郷人間の自治区。人間差別主義の家の襲撃が訪れる最中、明奈の目の前に〈影〉の神が現れ、明奈の戦いが佳境を迎える。そして史上最悪の内戦の1つと呼ばれた、京都会戦が始まる。 ※小説家になろう カクヨム ノベリズム アルファポリスでも掲載中 ※作者Twitterで活動情報等のお知らせをしてます→@TT_againsthuman

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間56分

    この作品を読む

  • 刀と魔法と潜空艦の世界

    名将→美少女の世界

    0

    0


    2021年6月23日更新

    近世ヨーロッパ風世界に、日本要素やSF要素を組み込んだ汎用型ファンタジー設定です。

    読了目安時間:15分

    この作品を読む