ゲートキーパーズ・アパート ~異界対策部のお仕事~

読了目安時間:6分

騎士と姫君 6

「……メレスティラだわ」  リドレーフェはぽつりとつぶやく。故郷(ふるさと)の、その町の名。  蝶はひらひらと、懐かしい景色へ彼女を(いざな)う。 「姫様、待って!」  ガルデも急いで後を追う。一瞬足を取られそうになり下を見ると、平らだった地面は石畳へと変貌(へんぼう)していた。白い壁が続く道も、(かす)かに鼻をかすめる潮の香りも、彼自身覚えがあるものだ。 「ねぇ、姫様、何かヘンだって!」 「どうして?」 「だって、誰もいないし……」 「誰もいないのは、さっきだって同じだわ。景色が戻っただけでも、きっとまだましよ」 「そうかな……?」  けれど、胸に広がる違和感は、どうしても拭い去れない。 「やっぱり怪しいよ。戻ったほうがいいって!」 「――いや」  唐突に、リドレーフェは足を止める。 「いやよ。わたくし、もうあんな場所には戻りたくない」 「姫様……?」  彼女は振り返らない。その声は、小さく震えていた。毅然(きぜん)とした態度の奥で、ずっと恐ろしさを我慢してきたのだということに、ガルデは初めて気づく。 「……わかったよ、姫様」  ガルデはリドレーフェを追い越し、後ろを見ないままで手を差し伸べる。 「行こう。おいらがきっと守ってやる。おいらは姫様の騎士だからな!」 「……ありがとう」  言ってリドレーフェはそっと涙を拭い、まめだらけの手を握り()めた。  それから二人は(ゆる)やかな坂道を上っていく。立ち並ぶ商店には、やはり誰の姿もない。 「やっぱり……変よね」 「それはさっき言っただろ」 「……そうよね。ごめんなさい」 「いいんだよ。今までのとこだってヘンだったんだし、どっちにしても行ってみないとわかんないんだから」 「ええ。……そうね」  実際、見知った景色である分、今までの場所よりもほっとするものがあった。それに、変化が起こったということは、この不可解な世界の核心に少しは近づいているということなのかもしれない。  ガルデは神器(じんぎ)を握り締め、油断なく周囲に目をやる。 「今――誰かが」  気づいたのはほぼ同時だった。ガルデは抱えていた黒服を急いで広げ、自分たちの身を隠す。  そのまま慎重に進んで行くと、確かに人影があった。少し曲がった細い背中と一緒に、杖が頼りなく上下に動く。 「……ルミナ(ばあ)だわ」 「ルミナばあ?」  (ささや)くような声で、二人は会話する。 「ええ。街へ遊びに出る時は、色々良くしてもらうの。――どうしたのかしら。急いでるみたい」 「ついてってみようぜ」  はやる気持ちを抑え込みながら後をつけた。だが大きなサイズとはいえ、二人で無理矢理に服へと(くる)まっているので、上手く歩けない。 「城へと向かってるみたい」 「声、かけてみる?」 「でも……」  リドレーフェが判断に迷っていると、目の前を影が横切った。     「あっ!」  彼女が止める前に、ガルデの身体が動いた。  その先には――黒い服。先ほどの男とは別の、イディスの者だった。 「ばあちゃんを離せ!」  声とともに神器を向ける。放たれた光は、ルミナ婆に銃を突きつけていた男を地面へと転がした。 「ばあちゃん、大丈夫!?」  しかし彼女は(しわ)だらけの顔に笑みを浮かべてこちらへと会釈をし、再び何事(なにごと)もなかったかのように坂道を上り始める。 「えっ、ちょ、ちょっと――!?」 「ガルデ!」  リドレーフェの悲痛な叫び。振り返ると、目の前には(こぶし)が迫っていた。  重い衝撃。めりっと嫌な音がし、体が宙を舞う。 「――がはっ!」  次の瞬間、背中に強い痛みが走った。 「ガルデ! ――ガルデ!」  守らねば、と思う。でもすぐに体は動いてくれない。とにかく神器を探した。生ぬるい感触が顔の皮膚を伝い視界を狭めたが、何とか石畳の上に転がったそれを見つけ、手を伸ばす。  そこへ振り下ろされた重圧と、激しい痛み。 「ぐぁぁぁぁぁぁっっっ!!!!」  硬い靴底で踏みつけられたのだと理解し、その(あるじ)を睨みつけた。  残酷な笑みを浮かべた黒服の男。もう片方の足で神器を遠くまで蹴り飛ばし、わざわざ揶揄(やゆ)するように近づけてきたその顔に、勢いよく唾を吐きかけた。 「っなぁっ!?」 「へへへー、大当たりー!」  汚された顔が怒りに赤くなる。男は血走った目で拳を振り上げた。隙が出来た足下から右腕を引き抜き、神器へと向かおうとするが(はば)まれる。 「餓鬼(がき)がぁっ!」  背中を(つか)まれ、放り投げられた。地面へ打ち付けられる衝撃を(こら)え、すぐに体を起こす。しかし今度は首をがっしりと掴まれた。  指も太く、その()め付けも強い。大人の男の力だった。 「やめなさい! ガルデを離して!」  首がふっと楽になる。急に空気が入ってきて、激しく咳き込んだ。 「……姫様、来ちゃダメだ」  言葉を(しぼ)り出した時には、男はこちらに背中を向けていた。(おび)えた目で(あと)ずさるリドレーフェにじりじりと近づきながら、先ほど落とした銃を見つけて拾う。 「ダメだ姫様、逃げて!」  神器を拾っていたら間に合わない。この体格差では、男に体当たりをしても揺らがすことさえ難しそうだった。とにかく必死で、走る。その間にも、男の腕は動いていく。 「姫様ぁぁぁぁぁぁぁっっっ!!!!」  思い切り跳んだ。我が身をリドレーフェの前へと、男が構えた銃のその先へと。 「はいっ、そこまで!」  唐突に割り込んできたのは、またもや華奢(きゃしゃ)な背中と軽やかな声だった。男の体は軽々と吹き飛び、後方の白壁(しらかべ)へと激突する。 「あうっ」  背中を強打した男は、口から空気を吐き出しながら、ずるずると地面へ崩れ落ちた。 「うぎぇぇぇっ」  ガルデの体も、勢い余って地面へとスライディングする。 「何とか間に合ったか!?」 「人が住んでるあたりで騒いでくれて助かりましたね。――でも怪我してます! 早く運ばないと」 「理沙(りさ)ちゃん、これ傷にスプレーしてあげて。応急処置にはなるわ」 「うわ、すごい色……しみません?」 「しみないと思う。少し眠くはなるけど」 「何で遠子(とおこ)さんの薬はもれなく眠くなるんすか」  流石にもう、動く気力は残されていなかった。(かす)んだ視界に、以前には居なかった人物がさらにもう一人、入り込む。 「姫様……!」 「エフィーゼ……なの?」 「はい、姫様、ご無事で……!」  大柄な女の手が、リドレーフェに伸ばされる。  彼女は震えるその手を包み込むようにして握り、ぽろぽろと涙をこぼした。  ――よかった。  安堵(あんど)と共に、体の痛みも少しずつ引いていく。代わりに穏やかな眠気が寄せてきて、ガルデは意識を手放した。  ◇    「鼻骨(びこつ)の損傷は修復した。あとはしばらく寝かせておけ。目覚めたら何か食べさせてやるといい」 「じゃあ私、早苗(さなえ)さんに用意してもらえるように頼んでくるわね」 「何から何まで恐縮です。ドクターも、遠子殿も」 「私は医者だからな。医者は患者を診るのが仕事だ」 「困った時はお互い様よ。エフィーゼさんも病み上がりなんだから無理しないでね」  医務室を出て行った二人に深々と頭を下げ、エフィーゼは並んだベッドに横たわる二つの寝顔を見る。それはとても安らかで、見ているだけで胸があたたかくなった。 「ひめ……さま」  身じろぎした口から発せられた言葉に、思わず笑みがこぼれる。 「ありがとう。小さな騎士よ」  姿勢を正し、小声で言う。  それには、穏やかな寝息が返ってきた。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 逢想の纒憑

    少年少女を全員泣かせるまで終わらない

    100

    0


    2021年6月21日更新

    『逢いたい』。ただ、それだけ―― 復讐と執着。 『竒術師』として、一人の『生きる者』として、大切なモノを守る為、少年少女達は此岸より『纒憑』を殲滅す。 ※なろう、カクヨム、pixivの方では一部重複投稿しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間36分

    この作品を読む

  • Evasion 〜その運命を逸らすために〜 蒼炎の少年鬼と覚悟過剰の闇従者。……不憫天使もいるよ。

    炎と刀の和洋折衷ファンタジーです。

    9,700

    0


    2021年6月21日更新

    その運命を逸らすために……。 泣き虫の天然ぽわぽわ少年(鬼と妖精のハーフ)が、 主人のためなら何でもやりかねない思い詰め系従者と、 何かと不憫な恋する弄られイケメン天使と共に、世界に巻き込まれていく。 剣と魔法ならぬ、刀と炎の和洋折衷ファンタジー。 生きている事が許されない、この世界をなんとかしたい。 そんな焦り気味の敵達と、戦ったり戦わなかったりします。 第一部(1〜8話)は恋愛色強め、出血そこそこ、死亡あり。 第二部(9話〜36話)は恋愛色弱め、出血そこそこ、ちょっとだけ大量虐殺。 (37話〜41話)一部キャラがストーリー復帰して、恋愛色出てきます。 第三部(42話〜58話(完))ええと……レイが不憫です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:11時間26分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • Dual World War

    異世界転移×SF (毎週水曜更新中)

    20,800

    262


    2021年6月16日更新

    主人公:水奈 亮(17)はごく普通の高校2年生。そんな彼にも異世界への扉が開かれた。 そこは私たちが住まう世界とはわずかに、でも、確実に異なる世界。。。 わずかな違和感とそれを薄めるような安心感との連続で次第に自分を見失いつつあるなか、 何の脈絡もなくソイツは姿を現した。 突如課せられた使命。 5年前に終息したはずの【外来生物】の再来と、 滅びを水際で食い止めし人類が用意した対抗策:外来生物特務機関NAVISとは一体何か!? 等身大の高校生が世界の命運をかけて戦う異世界転移型SFストーリー ぜひご一読を!

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    120,200

    230


    2021年6月21日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:8時間7分

    この作品を読む