ゲートキーパーズ・アパート ~異界対策部のお仕事~

読了目安時間:4分

そこそこのチカラ 3

遠子(とおこ)さん、何でいちいち(あお)るようなこと言うんすか!?」 「だってね。私嫌われてるみたいだから、応戦しないとと思って」 「そうやってトーコが毎回余計なこと言うから、もっとギスギスするんじゃない」 「はぁ……疲れたぁ。ほんと、毎回こうなるよね」  祥太郎(しょうたろう)は、皆が賞状を拒んでいた理由をようやく理解する。 「しっかし、異能省(いのうしょう)の偉い人が、(さい)のじいちゃんだったなんてなぁ」 「ショータローは本当に調べる気がないわよね……ウェブサイトにだって載ってるのに」 「だけど見たとしてもきっと、同姓なだけかと思うしさ」 「でも審議官(しんぎかん)さん、ただのお偉いさんじゃないんですよね。『アパート』の仕組みを作った人だって」 「そうなの?」  マリーはうなずく。 「三剣源二(みつるぎげんじ)。『ゲートキーパーズ・アパート』をデザインした天才結界師(けっかいし)であり亜空間建築士(あくうかんけんちくし)。彼のおかげで『ゲート』がらみの事故や事件は激減したと同時に、能力者の雇用も生み出されたの」 「へぇ……」  祥太郎の知る限りでは、身内に強い力を持った能力者はいなかった。だからこその苦労もあったのかもしれないが、偉大な祖父を持つというのも大変なことなのかもしれないと思う。  それからしばらく他愛のない話をしていた。しかし源二たちは中々戻ってこない。 「遅いわね……あの人たち、もうここには帰ってこないのかも」  遠子がそんなことを言い出した。祥太郎は手の中の筒を見る。 「確かに賞状ももらったし、マスターとも一緒に出たからいいのかもしれないなぁ」 「今日はお天気もいいし、ラウンジで紅茶でも飲まない? 美味しい茶葉を仕入れたから。……ほら、才くんもそんなとこに隠れてないで」  その声に、ドアの隙間からこちらの様子をうかがっていた才が出てきた。誰からともなく吹き出し、その場が笑いに包まれる。  それからラウンジに向かうため、皆で廊下を歩いていると、理沙(りさ)が唐突に立ち止まった。 「どうしたの? リサ」 「なにか聞こえない?」  彼女にならい耳を澄ませれば、確かに声のようなものが聞こえてくる。 「……本当。歌? かしら」 「医務室の方からじゃない? ちょっと様子を見に行きましょうよ」  遠子の言う通り、医務室の方角から聞こえるようだ。  ラウンジに行くのを一旦中止し、四人は医務室へと足を向ける。 「あれ? これって……」 「この歌……」  いち早く声を上げたのは、祥太郎と才だった。角を曲がるたび、歌声は大きくなっていく。 「ドゥン、ドゥンドゥドゥドゥン♪」 「ドゥン、ドゥンドゥドゥドゥン♪」  そしてたどり着いた医務室前。  カラフルな色のワンピースを着た市原(いちはら)あまなが、頭に野菜が入ったカゴを乗せ、腰をくねらせながら歌っている。彼女と向き合うようにして、源二が同じように歌いながら踊っていた。  その近くには、複雑な顔をしたマスターと秘書官たちが立っている。 「審議官、そろそろお時間が……」 「まてまて、待ちなさい」  困惑する桜木(さくらぎ)を手で追い払うようにし、源二はあまなへと向き直った。 「あまなちゃん、もう一回――」 「ぜんぜん、だめですぅ」  あまなは何度か首を振ってから、びしっと人差し指を差し出した。 「そんなことないって、言ったじゃないですかぁ~」 「はぁぁっ! それは興行的には大ゴケしたものの、あまなちゃんの演技が多くのファンから支持を受けたカフェのモブ役!! きゃわわっ!」 「もしもし? あ、コウちゃん。ほんま? うちも行くー。……あんな、桜木ちゃん。うち帰るから、ゲンちゃんのことよろしゅうに。お疲れ様ー」 「ちょっと江上(えがみ)秘書官!」 「やぁ、君たちも来たのか。どうだ、素晴らしいだろう」  その様子を呆然(ぼうぜん)と眺めていた四人に気づき、ドクターが声をかける。 「ネットで見つけた市原あまなの映像を、棒人間に見せてみたのだ。完璧に再現をし、ファンにも大好評だ」 「ファンって……ジジイ」 「似た者同士って、やっぱり趣味も似るのねぇ」 「ドクター。ぜひこの子を、素晴らしい研究結果を私にぃぃぃ!」 「あれ? ……っピ」  しかし突然、あまなの動きが止まる。 「時間ぎれになっちゃったっピ」  顔色は急激に悪くなり、やがて着ぐるみが脱げるかのように、服と肉体が一度にごそっと削げ落ちた。 「はうっ。あまあま、あまなちゃんが棒人間に……!」 「審議官! しっかりしてください!」  衝撃のあまり気を失った源二を、慌てて支える桜木。マスターはそれを見て溜め息をつく。 「ふむ……まだまだ研究の余地があるな」 「ふふっ、特製の薬草スープ、まだ残ってるから持ってくるわね!」  後日、何故か突然、医務室への補助金がおりたという。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • クロの戦記 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです

    5月1日第6巻発売です!!

    3,585,651

    52,130


    2021年5月1日更新

    ケフェウス帝国の貴族であるクロノ・クロフォードには秘密があった。 それは異世界――現代日本からやって来たことだった。 現代日本の価値観と知識を武器に目指せ! ハーレムキング! まずは千人の部下を率いて、一万の大軍を打ち破るべし! なお、第2部中盤まで内政メインでストーリーが進行します。 ◆連絡◆ 2021年05月01日 HJ文庫様より「クロの戦記6 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2020年08月01日 HJ文庫様より「クロの戦記4 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2020年07月03日 少年エースplus様にてコミカライズ開始 2020年04月01日 HJ文庫様より「クロの戦記3 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年11月30日 HJ文庫様より「クロの戦記2 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年08月31日 HJ文庫様より「クロの戦記1 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年07月23日 HJ文庫様よりリブート決定、リブートに伴いタイトルを変更しました。 2019年05月17日 ノベルアップ+様に投稿開始しました。レイアウト修正中。 ◆備考◆ オーバーラップノベルス版『クロの戦記Ⅰ~Ⅲ』発売中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:65時間29分

    この作品を読む

  • シルク、深淵の探求者(シルクシリーズ第一幕)

    一風変わった異世界ファンタジーになります

    300

    0


    2021年6月18日更新

    竜族、蜴族、鳥族。 三つの種族が住まうのは、地上より遙か地下。地上での生存はできなくなり、三つの種族は十の階層に分かたれた空間で過ごしていた。 竜族は神とも崇められるほどの絶対的存在、蜴族はそれを崇め、対して鳥族はどの種族よりも卑しいとされる血族。 しかし、この三種族のどれにも当てはまらない者、竜と鳥の混血となる者がいた。 彼は亡き友の想いを継ぎ、地上へ、空へと飛び立つことを決意する。 彼の名は、シルク。 -- 宗教色強めの作品になります。既存作品とはかなり毛色の異なるものではありますが、よかったらどうぞ。 第二幕: https://novelup.plus/story/873563933

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間28分

    この作品を読む