ゲートキーパーズ・アパート ~異界対策部のお仕事~

読了目安時間:10分

新春の幻 3

「……マジ? どうしてそうなんの?」  皆が納得顔の中、やはり祥太郎(しょうたろう) だけ一人腑に落ちない。  すると、マリーがいつものようにため息をつきながらも説明を始める。 「いい? そもそもあのアパートは、『ゲート』が発生しやすい場所に建っているわけでしょう?」 「そうなの?」 「そうなの! 突如異世界との道がひらけてしまうのが『ゲート』、特に『ゲート』が発生しやすいエネルギースポットに設置されているのが『ゲートキーパーズ・アパート』、そもそもそれだけ不安定な場所なのだから、こういう不可解な事態が起きた場合、大体は異世界のせい。――理解できて?」 「あー、なるほどー」 「多分、さっきの雷の時よね」  腕を組み、思いを巡らせていた 遠子(とおこ)が、ぽつりと言った。 「シミュレーターの不調が『ゲート』を開くきっかけになったのか、『ゲート』が開いたから環境が不安定になったのかはわからないけど」 「でも、あんまり変な感じしなかったですよね。『ゲート』が開いてるあたりって、ちょっと独特の雰囲気あるじゃないですか」  理沙(りさ) の言うことは祥太郎にも理解できる。アパートの『ゲートルーム』の先にある奇妙な扉も、その先に広がる空間も、異世界の影響で様々な形状になると聞いた。 「今は閉じてしまっているからなのかもしれないけれど……何も感じられないのは、わたしたちの力が封じられてしまったこととも関係があるんじゃないかしら」 「マリーちゃん、この家に結界が張ってあるってことだよね?」  マリーは少し考えてから、首を小さく振る。 「わたしたちが何も気づかなかったのは、最初からでしょう? だから多分、この村全体。もっと広い範囲かもしれない」 「そんなに強力な結界を、誰が張ったっていうんだ?」  今度は祥太郎の質問にも、ため息は返らなかった。他の者も、彼女の答えを待っている。 「『自然結界(しぜんけっかい)』――その土地自体が持っているエネルギーが結界と同じ作用をすることがあるの。長い年月を経て自然が作り出したその力は普通、人よりも遥かに大きいわ。……だけど、少し妙ね」 「妙っていうのは?」 「わたしたちの能力をこれだけ徹底して封じ込めるような結界だもの。能力者じゃなくても心地よさを感じないから、住みにくいはずなのよ。動植物も元気がなくなるし。ここ以外に定住できるような土地がないのかもしれないけれど」 「(さい) は予知能力者だろ!? こんなことになるって何でわかんなかったんだよ!」 「そ、それは……ほとんどのリソースは通常の業務に割いてるだろ、今回は特に危険はないと思ったし、ちょっとした気のゆるみっつーか」 「早い話が忘れたってことだろ!? 使えねーな!」 「サイのコントロール力の高さが仇となったわね。予知能力者の多くは勝手に入ってくる情報に苦しむことも多いわけだから」 「だけどさ、身の危険が迫ってんだから、ピンと来たりするだろ? フツー」 「そういうことなんじゃない? 祥太郎くん」  遠子の声は、また普段どおりのんびりとしたものに戻っていた。 「遠子さん、そういうことって?」 「きっと、ここから無事脱出できるってこと」  その言葉の直後。――どこからか音が聞こえ、皆慌てて身構える。  少しの間を置いてゆっくりと開いた扉からのぞき込んだのは、見覚えのある顔だった。 「君は……さっきの」  驚く祥太郎に、現れた少女ははにかむような笑みを見せる。 「はい、ニコと言います。助けに参りました。わたしと一緒に来てください」 「でも――」 「急いでください。もう見張りの人たちが戻ってきてしまいますから」  少しの迷いはあったが、ここにいたところで仕方がない。全員の意見はすぐに一致した。  まずは祥太郎が外の様子をうかがう。確かに誰もいないのを確認してから、丸太に切り込みを入れただけのハシゴを慎重に降りていく。  全員が降りきった後、ハシゴは外して地面へと置いた。 「こちらです」  ニコは祥太郎たちが入った門とは逆方向にある、小さな出口へと向かう。彼女は何度か左右を確認してから、そこをすり抜けた。  早足で進む背中を追い、ゆるやかに上る坂道を急ぐ。来た時に見たとおぼしき家が遠くにあり、今は丘へと向かっているのだということがわかった。 「丘に登ったら見つかっちゃうんじゃないかな?」 「こちらの道ならお屋敷からはあまり見えないんです。今は村のみんな、(おさ) のお屋敷にいますから」  隣に並び、小声でたずねた祥太郎に、ニコも小さく返してくる。振り向いて確認しても、彼女の言う通り、気づかれた様子は今のところない。  屋敷へと向かった時よりもずっと速いスピードで進んだため、丘の上までたどり着くまでにそれほどはかからなかった。息を整えながら周囲を見回すと、右手の方向、木の隙間から、あの大木の隆々とした枝が姿をのぞかせている。 「こちらへどうぞ」 「家……みたいですね」  示された方を見て理沙が言葉を漏らす。周囲の景色に溶け込んで一瞬わからなかったが、村で見たのと同じ、茅葺(かやぶき)の住居が木の中にたたずんでいた。 「はい、私の住まいです。粗末なところで申し訳ありませんが、どうぞお入りください」  彼女は言って、木で囲まれた小さな入り口へと入っていく。 「足下にはお気をつけて」  背を屈ませながらついていくと、下が斜めになっていた。慎重に下りた家の中は意外に広々としていて、半地下になっているため天井も高く感じる。     「ひとまずは安心……だと思います。みんなあまりここへは来ませんから」  客人が周囲を観察してる間に、主は中央にある炉で火を起こし終えていた。光が隙間風に揺れ、円錐形の屋根にゆらゆらと影を投げかける。 「しっかし酷い目にあったなぁ……どうして急に閉じ込められたりしたんだろう」 「ごめんなさい。きっと、わたしのせいなんです」 「どういう意味?」  炎を見つめながらのぼやきに意外な反応が返ってきて、祥太郎は驚く。 「長や、村を守れなかったからです」 「もう少し、詳しく話してくれないかしら?」  遠子がそう言うと、ニコは言葉を探すようにしながら話し始めた。 「……わたしはこの村の巫女を務めています」 「おおっ、やっぱホントに巫女ちゃんなんだ!」 「話が進まないから、ミコ太郎くんは少し黙っててね」 「ミ……」  絶句した祥太郎に微笑み、遠子は話の先を促す。 「同じく巫女だったお祖母さんから聞いたことがあるんです。『神の山が赤く光る時、災厄が訪れる。だが燃えぬ雷とともに降り立つ人々がそれを祓うだろう』。……少し前のことでした。山のてっぺんが、突然赤く光り出し、それからしばらくして、長が病にふせられて……他にも、日照りや大雨が続いてるわけでもないのに作物の育ちが悪くなったり、獣の姿も見えなくなりました」 「どうして頂上が赤く光ったんだろうな?」  才の疑問には、ニコは小刻みに首を振る。 「その光景がとても恐ろしくて……まだ誰も確かめられていないと思います」  しかし、それから表情を少しだけ明るくして彼女は言った。 「でもその後、燃えない雷と一緒に、皆さんがいらっしゃって」 「だからニコちゃんは、私たちのことを『神様』って呼んだのね」  初めて会った時のことを、遠子は思い出す。ニコは頷き、それからまた申し訳なさそうな顔をした。 「みんなも、おもてなしをすると言っていたのに、あんなところに閉じ込めるなんて……言っても聞く耳を持ってもらえませんでした。災厄を鎮める力がわたしにはなかったから、信用してくれていないのだと思います。そのせいで……ごめんなさい」 「そんなのミコ――ニコちゃんのせいじゃないって! あいつらが酷いってだけなんだし」  しばらく無言でうつむいていたが、こらえきれず励ました祥太郎に、彼女は力なく首を振る。 「皆、悪い人たちじゃありません。わたしたちはこの村で、力を合わせて生きてきました。ただ、災厄のせいでいらだっているだけなんです」 「……長殿は、今は?」 「お体の調子が優れないとのことで、御簾(みす)の向こうから出ていらっしゃらないそうです」  遠子は答えを聞き、小さくうなずくと、つぶやいた。 「なるほど、ね」  その時、火のはぜる音に、別の音が混じる。かすかに聞こえるのは、複数の人の声のようだった。 「私たちが逃げたの、ばれちゃったみたいね。ニコちゃん、神の山ってここから近いのかしら?」 「ええ、ここがもう山の入り口なので」 「申し訳ないんだけど、頂上まで案内してくれる?」  彼女は少し不安げに顔を曇らせたものの、すぐに決心したように、まなざしを遠子へと向けた。 「――はい」  それからすぐに火を消し、こっそりと外へ出る。村人の声はまだ遠く、ここにいることは勘付かれてはいないように思えた。 「こっちです! 家を背にしながら向かいましょう」  彼女の指示に従い、皆、少し腰を屈めた状態で進む。それから間もなくして木が密集した場所へと入り込んだ。  ニコは一見でたらめに動いているようにも見えるが、実際に後をついてみると、他の場所よりもずっと歩きやすいのが理解できる。 「もう! ドレスが汚れちゃう!」  そんな中、ひらひらとしたドレスの裾をぐるぐると体に巻きつけ、まるでミノムシのような姿になったマリーの顔がどんどん曇っていく。 「マリーはいつだってそんな感じのドレスじゃんか」  呆れたように言う祥太郎に、彼女はぷっと頬を膨らませた。 「いつもは結界でコーティングしてるんだもの。今日だって安心してたのに、無効化されちゃったし!」  それほど険しい山ではなかったが、和装の才と遠子も、やはり動きにくそうにはしている。  景色を楽しむ余裕は流石になく、しばらく黙々と進んでいると、遠ざかったはずの村人の声が、先ほどよりも大きく聞こえた気がした。  振り返っても、その姿は見えない。しかし、確実に近づいているという感覚がある。 「ニコさんの家のあたりまで来てるのかも」 「ええ、そうかもしれません。でも、災厄のこともあって皆にも迷いがあるはず。――今のうちに急ぎましょう」  そう理沙に答えたニコの顔にも、沢山の汗が浮かんでいる。彼女は唇を舌で湿らせると、細い山路を踏みしめて登った。  背後の気配を気にしながらも、再び無言の時が流れる。微かな息遣いや、落ち葉が潰れる音が耳元でするかのような錯覚に陥ったが、鳥の声は聞こえなかった。  ――それから二、三十分は経っただろうか。 「……あそこです」  ニコがふと足を止める。ささやかに発せられた声であったが、無言に慣れた耳には少しだけ刺激が強い。  彼女が指差す方向には、大地の切れ目と空が見えた。じっと見ていると、時折空がうっすらと赤くなるのがわかる。まだ茜に染まる時刻には早く、そもそもこんなに明滅するはずもない。 「あれか」  才の言葉に、彼女はこくりと頷く。その表情は硬く、体も小刻みに震えていた。 「何があるかわからないから、ニコはここで皆と待ってて」 「あっ、あたしも行く」  マリーと理沙が斜面を登り、慎重にそちらへと近づいていく。  光っているものの正体は、地面に埋め込まれた小さな石だった。その表面に、葉脈のように張り巡らされた模様が赤く脈動し、光を放っている。 「マリーちゃん、どう?」 「……これ、マジックアイテムだわ。多分、ここ一帯のエネルギーの流れを変えて、力を奪ってる」 「あたしが取ってみようか?」 「駄目。普段のリサならともかく、力を失ってる今は、何が起こるかわからないもの」  とりあえず何があるのかは確認できたが、現時点ではどうしようもない。いったん二人は、皆が待っている場所へと戻ることにした。 「……こうなったら直接、災厄の元凶を叩くしかないわね」  マリーたちから話を聞いたとたん、そう言ったのは遠子だ。 「遠子さん、元凶って?」 「決まってるじゃない。御簾の向こうから出てこない長よ。……でもその前に、突破しなきゃならないわね」  振り返ると村人たちの姿は、小さいながら認識できるほどに近づいている。向こうから気づかれるのも時間の問題だろう。 「……さて、どうする?」 「あたしは強行突破でもいいですけど」 「つーか、それしかねーじゃん」  祥太郎の問いかけに、理沙は指を鳴らし、才はため息をつく。 「わたしは手荒なことはしたくないんだけど、仕方ないわね」  マリーはそう言いながらも、まだミノムシ形態を解く気はないらしい。 「あの、わたしが皆を説得しますから……!」  あわてて口を挟むニコの肩を、背後からとんとん、と叩く手。 「私にいい考えがあるわ」  遠子は言って、いたずらっ子のような笑みを見せた。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • クロの戦記 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです

    5月1日第6巻発売です!!

    3,585,651

    52,130


    2021年5月1日更新

    ケフェウス帝国の貴族であるクロノ・クロフォードには秘密があった。 それは異世界――現代日本からやって来たことだった。 現代日本の価値観と知識を武器に目指せ! ハーレムキング! まずは千人の部下を率いて、一万の大軍を打ち破るべし! なお、第2部中盤まで内政メインでストーリーが進行します。 ◆連絡◆ 2021年05月01日 HJ文庫様より「クロの戦記6 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2020年08月01日 HJ文庫様より「クロの戦記4 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2020年07月03日 少年エースplus様にてコミカライズ開始 2020年04月01日 HJ文庫様より「クロの戦記3 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年11月30日 HJ文庫様より「クロの戦記2 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年08月31日 HJ文庫様より「クロの戦記1 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年07月23日 HJ文庫様よりリブート決定、リブートに伴いタイトルを変更しました。 2019年05月17日 ノベルアップ+様に投稿開始しました。レイアウト修正中。 ◆備考◆ オーバーラップノベルス版『クロの戦記Ⅰ~Ⅲ』発売中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:65時間29分

    この作品を読む

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    773,761

    3,693


    2021年6月20日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:21時間8分

    この作品を読む