ゲートキーパーズ・アパート ~異界対策部のお仕事~

読了目安時間:5分

詫び石と魔法の書庫 2

「クッソ、なんだよ! またゴミかよ! ぜんぜん出ねーなこのガチャ!」  唐突(とうとつ)にそんな声が聞こえる。廊下(ろうか)の先には子供の姿が見えた。声は高かったが、恐らく男の子だろう。Tシャツにショートパンツ、何かのキャラクターが描かれたキャップをかぶっている。毒づいている先は、手にしたタブレットだ。 「誰ですかね? あの子。見たことない」  そう言った理沙(りさ)と同じように、祥太郎(しょうたろう)も首をかしげる。 「スタッフの子どもとかじゃなく? 僕なんかよく会ったことないスタッフが突然出てきてビビるんだけど」 「うーん……でも確かに、あたしもスタッフさんの全員を知ってるわけじゃないですからね」 「せっかくためた石、ぜんぶゴミになったじゃんか! 大爆死だよクソ運営! 詫び石よこせバーカ!」  その間にも、少年はタブレットに向かって怒鳴っている。 「馬鹿だなぁ。そもそも無課金で爆死なんて言ってんのが」 「あんなゲームに金かける方がバカだろ」 「そうよね、バカみたい」 「…………」 「祥太郎さん、どうかしたんですか?」 「い、いやいや別に……」 「そうねぇ、私から見ると、(さい)くんとマリーちゃんの特注品と同レベルのムダかしら」 「またムダって言った!? わたしのはムダじゃないし! ちゃんと着てるし!」 「お、俺も着たり飾ったり愛でたりしてるし!」 「僕もちゃんと毎日ログインしてるし! イベントも参加してるし!」 「あっ、あの子どっか行っちゃいますよ!」 「もしかして、書庫に向かってる?」  遠子(とおこ)の言葉通り、手元に注視したままの少年が、ふらふらと向かう先には書庫しかない。  くどくどと言い合っていた三人も口を閉ざすと、歩くスピードを速めた。 「あれ? もうあんな遠くに……?」  先頭にいた理沙が角を曲がり、声を上げる。あれだけのんびりと歩いていたように見えたのに、少年の背中はすでに廊下の奥にあった。 「ねえ! ちょっとキミ!」  呼びかけてみるが、全く届いていないようだ。皆で顔を見合わせ、今度は走って追いかける。   やがて、書庫の扉が見えてきた。両開きの扉の周囲を囲むように伸びる白い石柱は、どこか外国の神殿を思わせる。その両脇には、白い鹿の石像が座り、瞳のない目でこちらを見ていた。 「扉が開いてます!」  理沙が近づき、出来ている隙間(すきま)を不思議そうに見る。少年がここを通ったのであれば当たり前なのだが、普段はカギがかけてあるはずだった。 「トーコ、カギは?」 「ちゃんとここに」 「閉め忘れたとか?」 「そんなことないわ。それに、私が閉め忘れたとしても、そのままになってるはずないでしょ? 絶対怒られるもの」  とにかく入りましょうと言って、遠子は扉へ手をかける。  ――が、思い出したように振り返った。 「祥太郎君。ここから先は、なるべく静かにしてね。話す時は、小さな声で」 「は、はい……」  先ほど聞いたブックマーカーとやらの話が脳裏によみがえる。どんな存在なのかは知らないが、余計な揉め事は元より望んでなどいない。  押せば(きし)む音を立てる、重たい木の扉の先。その空間の第一印象は『図書館』だった。古い本特有のにおいが漂ってくる。照明により部屋の明るさはそれなりにあるが、窓が見当たらないため、地下室に迷い込んだかのような閉塞感(へいそくかん)はあった。  しかし、書棚が長い。異様に長い。どこまで続いているのか、ここからは確認できないほどだ。 「……これ、全部本? なんでこんなに」 「異世界から来たものを保管する場合もあるけど、ここにあるのはほとんど、ママの本なの」  小声で(たず)ねた祥太郎に、同じく小声で返してきたのはマリーだ。  いつも大人びた振る舞いをする彼女だが、ママという言葉を口にした時だけ、年相応の少女に戻ったように見える。 「正確には、フォンドラドルード家の本。向こうの書庫がなくなってしまったから、ここに置いてもらってる」 「へぇ……」  それにしても物凄い量の本だ。マリーから家族の話を聞くのは初めてだが、彼女の家が代々続く結界師(けっかいし)の名家だったことはそれとなく知っている。  それ以上その話は続かなかった。突っ込んで聞くのが(はばか)られたというのもあるが、目の前のことに意識が行ってしまったからだ。  ――鹿だった。  真っ白な鹿が、書棚の陰からこちらを見ている。鼻息も荒く、イライラと足を踏み鳴らしていた。あきらかに、怒っているように見える。 「あ、あれ……」 「あれが『ブックマーカー』よ。……えいっ」  遠子が答えると同時に、手にしたせんべいをフリスビーの要領で投げた。  鹿――ブックマーカーはそれを見事に口でキャッチし、もしゃもしゃと食べる。 「……ちょっと待って、また僕の理解を超えてるんですけど」 「祥太郎、無理に考えるな。見たまんま受け入れろ」 「今のうちに早く! ――あ、祥太郎君走っちゃダメ。早歩きで静かに」  遠子の声に導かれるように皆、足音を殺しながら先を急ぐ。ブックマーカーの前を横切る時は体がこわばったが、もしゃもしゃ口を動かしながら、つぶらな瞳をじっと向けられただけで済んだ。 「さっきの子、どこにいるんでしょうか」  とりあえず難は去り、再び訪れた静けさの中では不安げなつぶやきもよく聞こえる。  目の前にはただ本棚が連なり、一定間隔で訪れる通路から左右を見ても同じ景色が広がるだけだ。 「そうだ、祥太郎さんの力で移動すればすぐじゃないですか?」 「ここから見える範囲内で良ければ出来るけどなぁ。書庫の案内図とかは……あるわけないか」 「ブックマーカーに案内させれば良かったわねぇ。気が立ってたから早く逃げた方がいいかと思って」 「あの鹿、いる意味あるんすか?」 「しっ。聞こえたら怒られるわよ」  遠子にたしなめられ、あわてて口をつぐんだ祥太郎の視線が、才へと向けられる。 「……ダメか」 「あ? ちゃんともう、あのガキがいる場所は『視えた』ぞ! どこかはわかんねーけど。あと隣にキレーなおねーさんがいた」 「やっぱダメだった」 「とにかくまたブックマーカーをつかまえた方が早そう。トーコは静かにしてて。この前のことで信用失ってるし」 「でも、さっきおせんべいあげたから、大丈夫だと思うの」  その時だった。  どこからか、爆発音が聞こえたのは。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 十二単風ノベラ

    A級コネクタ

    ♡200pt 2019年6月27日 23時46分

    この話がとても心に来ました……。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    A級コネクタ

    2019年6月27日 23時46分

    十二単風ノベラ
  • ひよこ剣士

    森山たすく

    2019年6月28日 17時28分

    応援ありがとうございます! 作品を読んでいただき、心に来たとのコメント、とても嬉しいです。 これからも更新していきますので、よろしければお願いします。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    森山たすく

    2019年6月28日 17時28分

    ひよこ剣士

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 変身時間のディフェンスフォース 〜ヒーローの変身途中が『隙だらけ』なので死ぬ気で護るしかないし、実は最強の俺が何故か裏方に!?〜

    ジャンル別日間1位、総合3位の実績あり!

    425,712

    5,557


    2021年6月22日更新

    異世界よりこの地球へ侵攻する「ヴィラン」 その数多の軍勢に対抗するため、たくさんのヒーローが日々世界を守る為に戦っている! しかし、ヒーロー最大の隙は『変身中』である! そんなヒーローが変身している間を守る組織「護利隊」にて、ヒーローになろうと奮闘する主人公「隠雅飛彩(かくれがひいろ)」は、ヒーローとの接触禁止令を無視して最終試験中の金髪美少女「ホリィ・センテイア」を救い出す。 ホリィに正体がバレないにように護衛任務をこなす飛彩は「巨大な怪獣との戦闘」や「ヴィランに操られたヒーローを撃破する」壮絶な戦いを繰り広げる中で、変身前の戦闘力で勝る自分はヒーローになれないのかと怒りを抱えていた。 幼なじみの美少女スナイパーや、不思議系サポーターの後輩娘に支えられながらも、飛彩は現状に満足することは出来ずにいる。 何故なら、かつて自分を庇って死んだヒーローのためにもヒーローにならなければと焦っているからだ。 しかしヒーローを守る最強の護衛も、とうとう今までの問題行動のせいで追放処分となってしまう。 エースを追放した矢先、最悪なことに今までのヴィランとは比べ物にならない力を持った存在が襲来。 街の被害が増えていく中で次々にヒーローが倒れていく。 ホリィもまたヴィランに敗れ、殺されそうになるが…… その窮地にヒーローを憎んでいたはずの飛彩が乱入! 今までの戦いを通して「ヒーローを守ること」が己のやりたかったことだと理解した飛彩はヒーローの変身能力『世界展開(リアライズ)』に目覚める! ヒーローと違って瞬時に変身できる『最強の能力』を得た飛彩は対ヴィランの切り札として活躍していく……! 様々なヒーローやヒロインの『変身途中を守る』最強のヒーローのアクションストーリー! ここに開幕! ------------------------------------------------------------------- 【1話2000~3000文字程度の読みやすいボリューム! しかし綴られるのは濃密な熱血アクションストーリー! どうぞ御照覧あれ!】 -------------------------------------------------------------------

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:29時間0分

    この作品を読む

  • ANTIHERO-アンチ・ヒーロー-

    少年の家族は、ヒーローによって殺された。

    3,300

    0


    2021年6月22日更新

    少年の家族は、ヒーローによって殺された。 ゆえに少年は、ヒーローを憎んだ。 憎んで憎んで憎んで、それでも悪には染まらなかった。 少年の父はヒーローに憧れていた。 でも、ヒーローにはなれなかった。 だけど、心はヒーローだった。 ヒーローマニアとからかわれ、それでもいつでもニコニコ笑っていた。 そんな父を見て育った少年は、温厚で優しく育った。 事件は、少年が4歳のころに起きた。 少年がヒーローに見とれたとき。 ヒーローが無残にも少年の両親を目の前で殺した。 少年は、大富豪の家から親なしの子どもに変わった瞬間だった。 その少年の名前はセロ。 メロディを聴いたモノは、その能力に目覚める。 セロもまた分解・融合・能力の変更が出来る螺子のメロディを聴いている。 この物語は、セロと専属メイドのオトネのちょっと不思議な物語。 ※以前に書いた【アンチ・ヒーロー】のリメイク作品です。

    読了目安時間:1時間58分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • D’s

    謎が謎を呼ぶ、日本紛争劇

    54,600

    520


    2021年6月21日更新

    2080年、第三次世界大戦終戦。 人類は、自国・自身の利益の為に戦い全てを「無」に戻した。 勝者はおらず、残ったのは荒れ果てた地と朽ち掛けた資源、そして未来のない人類。 生き残った人類は、第二次大戦時に核が投下された国「日本」のみ。 如何なる状態でも、どの国にも援助を行わず他国からは後ろ指を刺されていたが、 各国の情勢が悪化するにつれ、人々は日本という存在を忘れ自国の滅亡の道を歩んだ。 終戦後、生き残り限られた資源の中で生活していた日本であったが、 歴史は悪い方向に繰り返す。 協力し合い、少しでもより良い生活を共に生きようとしていたはずが 一つの事件を元にまた一歩滅亡の道を歩むことになる。 きっかけは関東圏で15歳以下の男女が、毎日100人以上姿を消すという事件が発生した。 理由は不明。犯行手口・時間も不明。 関東圏全域を捜索するも被害者の姿は一人も見つからなかった。 被害者が、2000人を超えたあたりで関東圏統括本部に一つの音声データが届く。 「・・・・・関西圏を・・調べて」 雑音交じりの音声で、部分的に聞き取れない場所もあったが、 今回の事件に関与してる可能性があると判断し、 関東圏統括本部は関西圏統括本部に支援・調査を要請した。 数日調査結果を待ったが連絡がなく、不審に思った関東圏統括本部は調査隊を派遣した。 5日後、1メートル四方の木箱と共に一通の手紙が本部に到着。 手紙の内容は 「本日をもって関西圏統括本部は日本国を独立する」という文面。 届いた木箱をあけると5日前に派遣された調査員達の顔のみの亡骸だった。 関西圏のクーデターにより関東圏は対策チームを立ち上げ制圧を試みる。 準備されていたかのような関西圏の抵抗により、状況は悪化し内戦状態となる。 理由の分からない拉致事件と関西圏の独立、武力の抵抗。長期に渡る内戦。 関東圏は関西鎮圧・原因究明の為に部隊「deleter」を発足し対抗するのであった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間8分

    この作品を読む

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    127,600

    330


    2021年6月22日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:8時間21分

    この作品を読む