ゲートキーパーズ・アパート ~異界対策部のお仕事~

読了目安時間:6分

悪夢を招く者 3

 朝だ――と思った。  祥太郎(しょうたろう)はゆっくりと目を開ける。カーテン越しに明るい光が部屋へと差し込み、顔の上でゆらゆらと揺れていた。  枕元に置いたスマホを手に取ってみると、『7:00』と表示されている。アラームが鳴る前に目が覚めるのは珍しいことだった。その代わりという訳ではないが、どこからか音楽が聞こえてくる。知っている曲ではなかったが、優しく、心地よい曲だ。  もしかしたら寝覚めがいいのは、この音楽のせいもあるのかもしれない。  そんなことを思いながら、顔を洗い、服を着替えて外へと出る。 「おはよう、祥太郎君。今日は早いんだね」 「ああキリさん、おはようございます。僕だって、たまには早起きしますよ」 「それは失礼」  キリはくすりと笑ってから、思い出したように軽く手をたたく。 「そうだ。もう聞いてると思うけど、今日は大規模なメンテナンスがあるんだ。管理棟(かんりとう)の方には近づかないこと」 「仕事は?」 「今のところは特に。『ゲート』の状態も問題ない。何かあったら連絡するから、自由にしてくれてていいよ」 「了解です。……じゃあ、外でもぶらぶらしてこようかな」 「天気もいいしね。でも暑くなってきたから気をつけて。メンテナンスの都合上、管轄区内(かんかつくない)でよろしく」 「それも了解です」  手をひらひらとさせながら去っていくキリに軽く応え、祥太郎はひとまず食堂へと向かうことにした。すれ違う人の数がいつもより多いのも、メンテナンスとやらに関係しているのだろう。 「祥太郎さん、おはようございます!」 「おーっす」 「おはよう。今日は早いのね」  食堂に入ってすぐ、近くのテーブルから声がかかった。いつものメンバーだ。 「皆おはよう。いつも僕が寝坊してるみたいな言い方はやめてくれよ、マリー」 「別にそんなこと言ってないじゃない。わたしより早く起きてくるのを見かけないだけよ」  そう言われると反論できない。かわりに別の言葉を返すことにした。 「皆がそろってるのって珍しくないか?」 「今日は自然と目が覚めちまって。ここ来たら二人がいてさ」  (さい)が肩をすくめ、カップに入ったスープをちびちびと飲む。特に定められた出勤時間がある訳ではないので、食事の時間もバラバラになることの方が普段は多い。 「あたしは大体この時間ですかね。軽くトレーニングしてから朝食とるのが日課なんです」 「リサってそういうところストイックなのに、部屋にはお菓子がたくさん積まれてるのよね」 「えへへ、お菓子は別腹って言うでしょ?」 「それは少し違うような……?」 「そういえば、遠子(とおこ)さんは?」  注文すると即出てきたカレーを席へと運びながら、祥太郎が尋ねる。三人は顔を見合わせ、首を傾げた。 「あたしは会ってないですね」 「俺も見てないな」 「わたしも、見てないと思うけど……」  マリーはそう言うと、少し考え込む。 「マリーちゃん、どうかした?」 「いえ、なにか引っかかった感じがしたんだけど……気のせいみたい」 「疲れてるのかもね? ほら、ここのところ、お仕事大変だったし」 「そうそう、大変だったよなー……イロイロとさ」 「確かにね、色々あったから」  祥太郎も同意し、カレーを口へと運んだ。いつもながらほっとする味だ。 「そういえばさ、今日メンテナンスとかで、仕事ないらしいじゃん? せっかくなら皆でどっか行かない?」 「おー、今日は中々の積極太郎じゃーん?」 「何だよそれ! ……今まで忙しかったのもあってさ、あんまり『アパート』の管轄区内も知らないし、いい機会かと思って」 「確かに、よく行く場所って限られちゃいますもんね。そういうのって楽しいかも」 「わたしも、特に異存はないわ」 「――おはよう。楽しそうね。何かの相談?」  横から入ってきた声に、皆が顔を向ける。そこにはレーナが立っていた。 「おー、レーナさん今日も美人だな! みんなで外に行く相談してるトコ。レーナさんもどう?」 「お誘いとお褒めの言葉までいただいて光栄だわ。でも生憎(あいにく)だけど、私もメンテナンスの担当だから。――ところで、今日は遠子ちゃんはいないの?」 「あー、さっきもそういう話ししてたんだけど、まだ誰も会ってなくて。用あるなら俺が連絡取ろっか?」 「ううん、用ってほどじゃないの。みんなと一緒にいることが多いから、珍しいなって」 「遠子さんっていつも神出鬼没(しんしゅつきぼつ)だからなぁ」  祥太郎のつぶやきを聞いて笑ったレーナの目が、ふとマリーへと向かった。 「マリーちゃん、なにか悩み事?」 「えっ? あ、別に。悩み事って訳じゃないんだけれど……何か引っかかるの。大事なことを忘れてる気がして」 「ああ……そういうことってあるわよね」  レーナは再び表情をゆるめてうなずく。 「早く思い出せるといいわね。――それじゃ、私は仕事があるから。また会いましょう」 「ありがとう。またね」 「レーナさん、今度デートしようぜ!」  才の言葉に笑顔で手を振り、レーナは食堂を後にする。 「よしっ」  小さくガッツポーズをする才を生ぬるい目で見守りつつ、食器を片づけて食堂から出た。廊下ですれ違う見知った姿と 時折(ときおり)あいさつを交わしながら、祥太郎は疑問を口にする。 「メンテナンスって何をするのかな?」 「さぁ? 俺はなんも聞いてねーなぁ」 「才も知らないのか」 「俺も『アパート』の仕組みの全部に関わってる訳じゃねーしな」 「こういう仕事だから、そういうものなのよ」  どこか得意気に言葉を挟み込むマリーの背後で、理沙が笑みを浮かべる。祥太郎も「そんなもんか」と言って話を終わりにした。確かにいちいち気にしていたら、この仕事を続けていくのは難しいかもしれない。  足早に行き来する人々。その多くは管理棟の方へと向かっていた。先ほど釘を刺されたが、どちみち用がない限りはあまり向かう機会もない。  やがて、エントランスが見えてきた。潜り抜けて外へと出ると、まだ午前中だが日差しはすでに強く、あたりには熱気が漂っている。 「……もう歩く気が失せてきたわ」 「マリーちゃん早いよ!? お天気よくて気持ちいいじゃない!」 「俺もめんどくさくなってきた」 「才さんまで!? 祥太郎さん――って祥太郎さんもすっごくやる気ない顔してるし!」 「理沙(りさ)ちゃんは元気だなぁ……そうだ、じゃあこうしよう。オススメの場所教えてよ。僕が飛ばすから」  その提案を受け、皆の顔に一瞬にして生気が戻る。理沙も渋々といったふうにうなずいた。 「じゃあとりあえず、『つるみや』で涼もうぜ。そろそろカキ氷始まるし」 「それならあたしも、水まんじゅう食べたいです!」 「賛成。夏はシトラスのゼリーが美味しいの」 「みんな『つるみや』推しかよ! 僕も行ったことある場所だよ!」  そう言いながら祥太郎は、静かな店の片隅に置いてある縁台を思い出す。確かに何度か行ったことはあるが、店内で食べるというのは未経験だ。考えている間にも、太陽はじりじりと熱さを増していく。 「まあとりあえずいいや。決定で」  そうして意識を集中すれば景色はぐにゃりと歪み、瞬きする間に、目の前には古びた店の入口がたたずむ。ささくれが目立つ引き戸のガラスには、カキ氷のポスターや菓子の宣伝、手書きのお知らせなどが張られ、暗い店内をより見えにくくしていた。 「ここっていつも、やってるのかやってないのか分かりづらいよなぁ」  そんなことをぼやきながら、祥太郎は引き戸に手をかける。がたがたと抵抗があったが、しばらくすると諦めたかのように扉は開く。 「こんにちはー」  理沙の良く通る声が店内に響いた。すると店の奥で音がし、少ししてから人影が現れる。 「いらっしゃい」  その姿に一瞬、皆の動きが止まる。 「ふふ、驚いた? 店番してるの」  そこには、いつものようにおっとりと微笑む、遠子がいた。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • クロの戦記 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです

    5月1日第6巻発売です!!

    3,585,651

    52,130


    2021年5月1日更新

    ケフェウス帝国の貴族であるクロノ・クロフォードには秘密があった。 それは異世界――現代日本からやって来たことだった。 現代日本の価値観と知識を武器に目指せ! ハーレムキング! まずは千人の部下を率いて、一万の大軍を打ち破るべし! なお、第2部中盤まで内政メインでストーリーが進行します。 ◆連絡◆ 2021年05月01日 HJ文庫様より「クロの戦記6 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2020年08月01日 HJ文庫様より「クロの戦記4 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2020年07月03日 少年エースplus様にてコミカライズ開始 2020年04月01日 HJ文庫様より「クロの戦記3 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年11月30日 HJ文庫様より「クロの戦記2 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年08月31日 HJ文庫様より「クロの戦記1 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年07月23日 HJ文庫様よりリブート決定、リブートに伴いタイトルを変更しました。 2019年05月17日 ノベルアップ+様に投稿開始しました。レイアウト修正中。 ◆備考◆ オーバーラップノベルス版『クロの戦記Ⅰ~Ⅲ』発売中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:65時間29分

    この作品を読む

  • 金貨使いの怪人<ファントム>

    かつて英雄と持て囃された男の復讐劇

    33,250

    250


    2021年6月19日更新

    超巨大ダンジョン都市アルカディア。七つのダンジョンが都市の中に存在し、冒険者達の黄金郷と呼ばれるこの地で、莫大な借金返済を果たす為、出稼ぎ目的で神(やくざ)に拉致られた一人の日本人が紆余曲折を経て長い眠りから目覚める。かつて金貨使いの怪人と呼ばれ英雄と持て囃されたその男は再びダンジョンに挑む事になる。裏切った仲間とダンジョンを支配する神々に復讐する為、呪われた金貨の力を使って。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間22分

    この作品を読む