ゲートキーパーズ・アパート ~異界対策部のお仕事~

読了目安時間:5分

調和の聖女 2

 ◆ 「ですから、困ります!」 「……少しくらい、いいじゃない」 「ダメです! お部屋に戻ってお待ちください」  表へ出ると案の定、遠子(とおこ)と聖女の世話係が揉めていた。  女性なのは同じだが、先ほど部屋に紅茶を持ってきた人物とは違っている。ドレスの腰には天秤のような形をした短い杖を携帯していた。皿に当たる部分は、よく見ると小さな鐘になっているようだ。 「あなたたち、この人を何とかしてください!」 「でも遠子さんが漏らしちゃったら困るじゃないですか。だから早くお手洗いに行かせてもらった方がいいと思うんです」 「だったら部屋に戻るのが一番早いでしょ!」 「うっ……」  理沙(りさ)が加勢をしたものの、正論により一発で黙らせられる。 「あの、わたくしマリー・フォンドラドルードと申します。お騒がせして申し訳ありません。この二人も仲間の身を案じているだけですのでどうかお許しください」 「ええ、存じております。お仲間は聖女様とご一緒なのですから、何も案じることなどないではないですか」 「それはそうですけれど……」 「祥太郎(しょうたろう)さん――ええと、聖女様のところに行った人ですけど、いつごろ帰ってきますか?」 「それは私からは何とも言えませんね」 「……もう、ここでしちゃおうかしら」 「えっ、遠子さん、ウソですよね? しちゃダメですよ!」 「だから、さっさとこの人を部屋に連れ帰ってください!」 「騒がしいですね。どうしたのですか、アリサさん」  そこへ、穏やかな声が割って入った。  彼女も聖女の世話係なのだろう。同じく水色のドレスを着ていて、腰には杖を提げている。他の世話係よりも年配に見えるが、背筋はすっと伸び、所作にも隙がない。 「ソフィアさん。部屋で待っていてくださいと言ったのに、この方たちが言うことを聞いてくれなくて」 「そうですか。でも、問題ありません。もうお帰りいただいて良いそうです」 「じゃあ、聖女様の用事は終わって、祥太郎さんはもう戻ってくるってことなんですか?」  理沙に問われ、ソフィアと呼ばれた世話係は表情を変えずに首を振る。 「いいえ。皆様だけ先にお戻りを。彼のことは聖女様にお任せください。――あなたがたは、新宿(しんじゅく)からおいでになりましたよね? アリサさん、『道』の準備をお願いします」 「はい、わかりました」 「聖女様にお任せするとは、どういうことですか? わたしたちは連れが戻ってくるのを待ちたいのですけれど」 「詳しいことは、三剣源二(みつるぎげんじ)さまにお伝えしておきます。準備が終わるまでお部屋でお待ちを」 「ちょっと待ってください!」 「理沙ちゃん」 「才さん。――だって」    肩をつかまれた理沙が振り向くと、才は無言で遠子を指差す。  彼女の手には、白い包みが握られていた。仲間たちは皆、それに見覚えがある。 「リサ、落ち着いて。ひとまず部屋に戻りましょう」  マリーもそんなことを言いつつ目配せをする。  アリサの姿はすでにない。こちらに背を向け歩き去るソフィアの物腰は、明らかに素人のものではなかった。異能の力を弱められていたとしても、武道家としての理沙の力が失われたわけではない。 「でも、マリーちゃん……」  瞬時に自らの役割を理解した彼女は、遠子から包みをもぎ取るようにして受け取り、足音を殺して駆ける。 「何を――!?」  ソフィアが気配にようやく気づき、振り向いた時――その顔に、眠りの粉が直撃した。 「やべーよやべーよやべーよ……!」  一瞬で眠りに落ちたソフィアを部屋まで運んで隠した後、四人はすぐにその場を離れる。 「サイ、もう少し静かにしてくれる? 誰か来たら困るじゃない」 「なんでマリーちゃんはそんな冷静なんだよ!」 「わたし、もう覚悟を決めたの」  声のボリュームを落としつつも強く言う才に、マリーは小さく首を振る。 「フォンドラドルード家も今は名だけみたいなものだし、ママも帰ってこないし、わたし一人犯罪者になったところで、いいんじゃないかって」 「いや覚悟が後ろ向きすぎるだろ!」 「大丈夫です才さん! きっと師匠がどっかの山に匿ってくれますから」 「理沙ちゃんも犯罪者になる前提で話進めるのやめてくれよ……!」 「しっ!」  そこで遠子が唇に人差し指を当てた。  黙って耳を澄ませると、道の先から足音と話し声が近づいてくるのが分かる。――皆、すぐに近くの柱の陰へと身を隠した。 「……でね、ジェインが『無垢(むく)の杖』を部屋に忘れてたから、『調和の間』まで届けてあげたの」 「あの子、ちょっと抜けてるのよね。それで聖女様に何かあったらどうするつもりなのかしら」 「まぁ、聖女様はソフィアさんから武道を教わってらっしゃるし、『無垢の大杖』があるじゃない? 確かにお世話係として、もっとしっかりして欲しいところではあるけど……あら? ジルベールさん?」 「――『調和の間』はどこですか?」  一緒にいた者の姿が見えなくなり、周囲を見回した世話係の背後から唐突にかけられた声。――理沙だった。 「あなた一体!? だ、誰か――」 「聖女様が危ない!」 「えっ!?」  別の場所から聞こえて来た声に、世話係は思わず反応する。  しかし顔を向けたのは、声のした方角ではない。 「了解。教えてくれてサンキュー」  言葉とともにぶつけられた眠りの粉により、彼女の意識は闇へと落ちた。  「……ふぅ、危なかった」 「すいません才さん、危うく助けを呼ばれるところでした」 「うん、もういいわ。仕方ねーわ。後戻りできねーわ……ううっ」 「武器も持ってるみたいだし、使われなくて良かった。『無垢の杖』って、腰につけてる小さな杖のことかしら。イメージ的には、受ける攻撃を弱めたり、無効化する部類よね」  話しながらも『調和の間』があると思われる方向へと急ぐ。時々世話係たちと出くわしたが、片っ端から眠らせていった。  惜しみなくまき散らされる眠りの粉に、抗睡眠薬を服用している仲間たちの頭も少しくらくらとしてくる。 「しかし遠子さんすげーな。どこにこんだけの薬、隠し持ってたんだ?」  今はショッピングバッグも持っていない。振り向くと、新しい薬の袋が遠子の口から出て来たような気がしたが、才は見なかったことにして顔を戻した。 「あれが出てきたらどうしましょう? タコさん」 「アフォはここには配置されてねーんじゃないかな。さっきのおねーさんたちの話にも出てこなかったし、何よりこの広さの割に世話係自体が少ねーだろ? よっぽど『杖』とやらの力に自信があるか、それとも、なるべく人を近づけたくねーのか……アフォだって転送装置だって、メンテナンスは必要なはずだからな」 「『調和の聖女』。――ずっと姿を隠していた理由も、そこにあるのかしら」  すでに皆、小走りといえるスピードで進んでいた。  見えてきたのは、他の部屋とは明らかに違った大きな扉。このいびつな聖堂の主が座す場所。  ――『調和の間』。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • サード ガーデン

    今作でガーデンは終わる予定…でしたが…。

    3,150

    0


    2021年6月24日更新

    ある日、サルディニスにあるシィアの国で目覚めた記憶をなくした少年テッド。 彼には物凄い数の才能、そして強さがあった。 自身が何者なのか、何故自分には才能があるのかそれを聞く為にテッドは半神半人の女神に会う。 《ノベルアップ+と小説家になろうとカクヨムの多重投稿です》 ※本編完結部分、おまけ完結部分まで書ききっておりますのでご安心してお読みください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:27時間7分

    この作品を読む

  • 浄玻璃の番人

    『善悪は水波の如し』

    0

    0


    2021年6月24日更新

    平穏な学校生活を送っていた高校2年生の山 牡丹(やま ぼたん)は、ある日同じクラスメートと事件に巻き込まれる。それは奇怪な事件だった。身に危険が及ぶなか、牡丹は自分が何者なのかを思い出す。今とそれほど変わらない時代。少し奇怪で、不気味で、あやしくて、得体の知れない、「それ」のお話。 ※一週間に一回のペースで、投稿していきたいと思います。 よろしくお願いします。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 前野結衣子には感謝している

    中学生の恋愛短編小説です。

    33,000

    2,620


    2021年5月26日更新

    ■はじめに 中学生の恋愛短編小説です。 男子中学生の会話と主人公の心情吐露をお楽しみください。 ■あらすじ 中学三年の修学旅行、最後の夜。 もっとワイワイ楽しみたい! まだ寝たくない! そんなクラスメイト全員(男子)の願いは、思わぬ形で叶うことになる。 先生の見回りが終わった消灯後、クラスイチの不良である盛岡から出た衝撃の提案。 それは「好きな子の名前を言い合う」暴露大会だった! 正直に好きな子の名前を言うのは恥ずかしい。そんな勇気が出ない。 そんなことを考える僕――秋元(アッキー)だったが、クラスメイトの気持ちを知るにつれて、少しずつ心境に変化が現れる。 □◇□◇□◇ 勇気が出なくて言いたいことが言えなかった。行動できなかった。 そんな経験をされた方にぜひ読んでいただきたいです。 写真はクラスメイト(男子)たちが集まっている様子をイメージして撮影しました。 公園で松ぼっくり拾いを頑張りました。

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • クロの戦記 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです

    5月1日第6巻発売です!!

    3,585,651

    52,130


    2021年5月1日更新

    ケフェウス帝国の貴族であるクロノ・クロフォードには秘密があった。 それは異世界――現代日本からやって来たことだった。 現代日本の価値観と知識を武器に目指せ! ハーレムキング! まずは千人の部下を率いて、一万の大軍を打ち破るべし! なお、第2部中盤まで内政メインでストーリーが進行します。 ◆連絡◆ 2021年05月01日 HJ文庫様より「クロの戦記6 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2020年08月01日 HJ文庫様より「クロの戦記4 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2020年07月03日 少年エースplus様にてコミカライズ開始 2020年04月01日 HJ文庫様より「クロの戦記3 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年11月30日 HJ文庫様より「クロの戦記2 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年08月31日 HJ文庫様より「クロの戦記1 異世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです」発売 2019年07月23日 HJ文庫様よりリブート決定、リブートに伴いタイトルを変更しました。 2019年05月17日 ノベルアップ+様に投稿開始しました。レイアウト修正中。 ◆備考◆ オーバーラップノベルス版『クロの戦記Ⅰ~Ⅲ』発売中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:65時間29分

    この作品を読む