ゲートキーパーズ・アパート ~異界対策部のお仕事~

読了目安時間:5分

召喚術師と召渾士 12

 その後も、ルフェールディーズの指示を元に『歪み』への処置が行われ、『法王』の探知にかかる異変も順調に減っていった。 「ルフェールディーズ、なにかシンパイでもあるノ?」  相変わらず何かを考えている風の彼に、ザラが声をかける。  少しの間をおいて、静かに言葉が返ってきた。 「これは、『歪み』によって砂と化した植物だ」  指先から、さらさらと砂がこぼれる。 「力の均衡(きんこう) が取り戻されたならば、『歪んでしまった』姿は元に戻るはずなのだ。だが、これは変わらず砂のままだ」 「デモー、まだまだ『歪み』は残ってるデショ? 全部やっつけたら、もどるんじゃないノ?」 「我もその可能性を考えている。しかし、これだけの『歪み』を処理しても変化が感じ取れない。事態は、思っていたよりも深刻かもしれぬ」  ルフェールディーズはまたしばらく迷った後、意を決したように言った。 「祥太郎(しょうたろう)。テルイとミザを連れ、城都(じょうと) へ戻ってくれないか。テルイ、ミザ、そなたらは、『魔王』以外の召渾術(しょうこんじゅつ)を使用禁止とすることを周知するのだ」 「でも――『歪み』への対処はどうなさるおつもりですか? ナレージャは手助けなしでは、『魔王』を完全に制御できません」 「だから、我が『魔王』の力を使う。行きなさい」 「承知しました。ご武運を」  テルイは言って頭を下げる。それから心配そうに様子を見守っていたミザの手を取った。祥太郎はうなずき、三人の姿はかき消える。  ◇ 「大丈夫ですか?」  理沙(りさ)が、そう口にする。繰り返される『歪み』との戦い。最初は、ささいな違和感だった。  ルフェールディーズが、ゆっくりと振り返る。 「Oh、いつの間にか、オジサマになっちゃったのネ」 「ザラ、こんな時に何を言って――」  (あき) れたように言ったマリーの表情が固まった。  確かに目の前で起きているのは、そういう類の変化のようだった。知っているルフェールディーズの姿より、二十歳は年を取ったように見える。 「もしかして、私の代わりに『魔王』を呼び出しているせいで……?」  震えるナレージャの言葉に、彼は答えない。 「あのっ――あのっ! マリーさんが前に言ってましたよね? ルフェールディーズ様が、私の術に影響を及ぼせるって。その方法だったら、安全に『魔王』を操れるんじゃないですか!?」 「……あの時はそう考えたけれど、事情を知った今となっては、ルフェールディーズが直接『魔王』に働きかけていたのだと思うわ」 「そ、そんな! このままじゃルフェールディーズ様が! ――何か他に方法があるはずです! 私も頑張りますから! お願いします! そうじゃないと私……私……!」 「落ち着くのだ、ナレージャ」 「だけど、私のせいで……!」 「違うのだよ。そなたのせいではない。(われ)は残された時の使い道を考えていた。このやり方が最良だと判断したというだけのことだ」  泣きじゃくる彼女の頭には、優しく手が置かれた。 「……我もまた、『歪み』なのだから」 「何をおっしゃるんですか!? ルフェールディーズ様は、『歪み』なんかじゃありません! 全然違います!」 「(ことわり)から外れているという意味では同じだ。我はアーヴァーへと危機が訪れた際に皆を導くことができるよう、渾櫂石(こんかいせき)より力を取り込み続けた。そなたも知っての通り、人としての生はとうに終えているのだよ」 「でも、お話も出来て、触れられて……生きているのと一緒じゃないですか!」 「そうだな。目覚めてふいに異なる世界へと迷い込み、そなたとも出会い、様々な(えにし)を結ぶことができた。それは召渾士(しょうこんし)も同じだよ。そなたは『魔王』と『縁』があった。なればきっと、使いこなすことができる日が来るであろう。そなたにも、その先の子らにも、未来があるのだから。我はそのために、二度目の生を得たのだから」 「ルフェールディーズ様……」  しんみりとした空気を振り払うかのように、彼はマントをひるがえす。 「では、次の場所へと向かおう。祥太郎、転移を頼めるか」 「あのー……すみません。あたし、ちょっと思ったんですけど」  祥太郎が返事をするよりも早く、口を挟んだのは理沙だった。 「召渾術って、あたしたちも使えたりしないんですかね?」 「リサ、何言ってるの? そんなの――」 「無理かな? だって、一度も試してないんだよ? オーディションの審査員はやったけど」  真顔で返され、マリーは口ごもる。 「そう言われると……可能性としてはゼロではないと思うけれども。だけど、異世界の技術でしょう?」 「さっきルフェールディーズさんが、召渾士には『縁』が大事だって言ったでしょ? それなら復活してすぐのタイミングで『ゲート』が開いてあたしたちの世界にやって来て、ナレージャさんまで来ちゃって、友達になって、こうやってみんなでアーヴァーに来てるのって、すごい『縁』じゃないのかな」 「そういえば僕も散々データ取らされて、『魔王』の分析もして、マリーだって対『魔王』結界みたいなの編み出したじゃん。そこまで深入りしてるわけだしさ」 「そうそう! 友達の友達は友達、みたいな感じで、『魔王』さんも力を貸してくれるかも!」 「そんな簡単に行くものじゃないと思うけれど……」  視線を動かすと、ルフェールディーズたちは呆気(あっけ) にとられたような顔をしている。しばらく見つめ合い、どちらからともなく吹き出した。 「まさかそのような案が出るとは……いやはや、驚かされるな」 「わたしも、そんなこと考えてもみなかったわ。だけどわたしたちも能力者だし、どんな術も訓練で磨いていくのだから、確かに試してみる価値はあるのかもしれない」 「そうだな。異世界の友よ。そなたらにはまた負担を強いてしまうが、力を貸してもらえると助かる」 「まだ出来ると決まったわけじゃないし、気が早いわ」 「じゃあ、あたし! 言い出しっぺだから、あたしやってみたいです!」  笑顔で手をあげる理沙へと、杖が渡される。――と同時に、近くで土煙が巻き上がった。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 前野結衣子には感謝している

    中学生の恋愛短編小説です。

    33,000

    2,620


    2021年5月26日更新

    ■はじめに 中学生の恋愛短編小説です。 男子中学生の会話と主人公の心情吐露をお楽しみください。 ■あらすじ 中学三年の修学旅行、最後の夜。 もっとワイワイ楽しみたい! まだ寝たくない! そんなクラスメイト全員(男子)の願いは、思わぬ形で叶うことになる。 先生の見回りが終わった消灯後、クラスイチの不良である盛岡から出た衝撃の提案。 それは「好きな子の名前を言い合う」暴露大会だった! 正直に好きな子の名前を言うのは恥ずかしい。そんな勇気が出ない。 そんなことを考える僕――秋元(アッキー)だったが、クラスメイトの気持ちを知るにつれて、少しずつ心境に変化が現れる。 □◇□◇□◇ 勇気が出なくて言いたいことが言えなかった。行動できなかった。 そんな経験をされた方にぜひ読んでいただきたいです。 写真はクラスメイト(男子)たちが集まっている様子をイメージして撮影しました。 公園で松ぼっくり拾いを頑張りました。

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • 魔女イッリ

    世界がどうあれ、三人は仲良し。挿絵多数!

    724,344

    4,770


    2021年6月22日更新

    ◆作品紹介 小さい頃から傭兵として生きてきた少女エリッカ。 筋力や反射神経が魔族並みになっている代わりに、人間らしさを失いつつある魔心病のフィルヴァニーナ。 魔心病を広めたとして魔女と呼ばれ、追われる身となり、旅をしながら隠れるように生きるイッリ。 魔族、機械、銃。そして人間が築き上げた社会。彼女達は、激動する世界に巻き込まれながらも、次第に世界へ影響力を持つようになっていきます。 彼女達は、悲しい過去を持ちつつも強く生きます。尊く、強く、そして可愛い三人の少女のハイファンタジー小説です。 お互いの過去が過去だけに、複雑な思いを抱きつつも、世界に関係なく、きっと彼女達はずっと友達であり、大切な人なのであろう。そんな物語です。 ◆挿絵イラストレーター 高架 pixiv:https://www.pixiv.net/users/2031328 twitter:https://twitter.com/kouka_oekaki ◆作者コメント 小さい頃からファンタジーが大好きで、よく色々な世界を想像していました。この世界の構想自体はかなり昔から作っています。 AIに携わる仕事を通して感じたことなどを作品に盛り込んでいます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:17時間1分

    この作品を読む