ゲートキーパーズ・アパート ~異界対策部のお仕事~

読了目安時間:3分

召喚術師と召渾士 10

「何というか……フリダシに戻ったような感覚」 「ワタシは参加してなかったカラ、お初なのヨ、ショタロ」 「ザラさんはそうだけどさー」 「ショータローもブツブツ言ってないで手伝って欲しいのだけれど」 「僕だって一応見てるけどさ、全然わかんないし」 「あっ、そこの男の人! ――青い服の人です! そうそう。別室にお願いします!」  理沙(りさ)の指示で、青い服を着た男はざわつく人の間を()うようにして、隣の部屋へと移動していく。  大広間には老若男女問わず多くの人がひしめき合い、真剣な顔をしながら、ひたすら腕を振っていた。 「こういうのはフィーリングがダイジだから、なんとなーく気になったヒトをテキトーに選べばいいのヨ」 「適当って言われてもなぁ」 「ザラの言い方はちょっとどうかと思うけれど、おおむね間違ってないわ。ショータローだって能力も経験もあるのだから、自覚はなくても、ちゃんと感じ取っていると思うの」  あの後、一行はアーヴァーの城都(じょうと)、ガルスアーヴァーまでやってきた。  伝説の人物であるルフェールディーズが突如(とつじょ)現れたことにより一時的な混乱はあったが、さすがに魔術団のメンバーは飲み込みが早く、すぐに危機の対応へと動き出した。 「じゃあ……あのひと目立つかも。かわいいし。そこの白い服の女の人、別室にお願いしまーす!」 「アイドル選んでるんじゃないんだから……」 「でもでもマリー、そういうキラキラが大当たりってコト、よくあるデショ?」 「まぁ、否定できないけど。――それにしても、ショータローの言うフリダシって感覚、確かにあるわ。異世界まで来てオーディションをすることになるなんて思わなかったもの」  ルフェールディーズが打ち出した対応策とは、国中に触れを出し、『魔王』の適正者を探し出すというものだった。  集まった参加者にはイメージの中で召渾士(しょうこんし)の杖を持ち、『魔王』を呼び出してもらう。即戦力になる才能を持つ者であれば、それだけでも能力の片鱗(へんりん)が見えるはずだった。別室へと移動した後は、魔術団によるテストが行われる。 「でも、今から適正者探してて、危機とやらは大丈夫なのかな」 「何かあればルフェールディーズが対処するとは言ってたし、今のところは大丈夫なんじゃないかしら」 「ソーソー。中継車育てるってのも、ダイジなコトなのヨ」 「『後継者』ね。最低でも三人は必要なわけでしょう? ザラが言うように、今からでも見つけておくに越したことはないと思うわ」 「そういえば、ナレージャはどうしたんだろ」 「彼女は彼女で特訓してるみたい。『魔王』を呼び出したとたんに寝ちゃうんじゃ、さすがに困るものね」  魔術団の現団長の話によると、ナレージャが地球へと転移する前に声をかけられたのも、アーヴァーに近頃起こっていた異変を調査していた中で、『魔王』の力が必要であると分かってきたからだった。 「じゃあ、しばらくは僕たちも審査員かぁ。いいけどね。ここ来るまでも何度も転移させられたから、こういうのも」 「お疲れ様でした。今回は酔わずにすんだから、わたしも助かったわ」 「荒野が終わってくれたから良かったよ……意識を定めやすくて。ルフェールディーズの記憶が戻ったおかげで、最短ルートで来られたし」 「あっ、そこのガール! アタマおだんごガール! イエスイエス、おとなりにゴーね!」 「みなさーん!」  その時、いつの間にか姿を消していた理沙が、声をあげながらこちらへとやって来る。 「ルフェールディーズさんが、今すぐ来て欲しいそうです!」

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 【NEW】イラストの初心者がお絵かきします🎨このノベルアップでっ!

    🍏<果たして絵は上達するのか⁉︎

    793,773


    2021年6月23日更新

    🍎<絵が上手になりたいな〜と思って絵を描くっ。 好きなところから見てください。どこからでもするするっとページをめくれて、僕のイラストっぽい作品の進捗を観察できますw

    読了目安時間:2時間45分

    この作品を読む

  • Against 〈human〉:『想像/創造』世界の神を墜とす恋色の蝶

    神と戦う人間たちの異世界日ノ本戦記!

    16,600

    50


    2021年6月23日更新

    想像したものが現実となる。その力の源である万能粒子を人々は『テイル』と呼んだ。――人々はそれを力として使い戦争を起こすに至ってしまった。 人々は地獄と化した世界を救う救世主を求め創造した。人間と同じ見た目でありながら、頭脳、身体能力、万能粒子への適合度が高い〈現神人《あらがみひと》〉、通称〈人〉。人間を強大な力で戦争の世界から救ったが、上位存在の知性体として人間を支配、管理するようになった。 日ノ本も戦乱の世。12の〈人〉の一族が島国を十二分し、思想の違いから争いあっていた。 この物語は、1人の少女の恋と旅立ち、絶望と時代の終わりまでの戦いを書く。 ※更新や最新情報はTwitterをチェック!→https://twitter.com/TT_againsthuman Ⅰ 『無知故の白き羽は、戦いと思慕で紅色に染まる』――The girl was left behind―― 13歳になった少女、四十番もまた、その争いの兵士となるように育てられ、成人式を契機にいずれかの〈人〉の下で奉仕をするために売られることになる運命だった。しかし、彼女を買収したのは16歳の旅人。彼らは行方不明となった友人を見つけるための旅をする傭兵。 彼らの弟子となり、『明奈』という名前を与えられた彼女は、主となった2人との生活の中で、自分の生きる意味と希望を見つけていく。 「私、先輩と一緒に生きて、お手伝いがしたいです」 その言葉は、彼女を、少年2人が抱えていた運命との戦いに巻き込み始める。 Ⅱ 『楽園に至る紅き蝶は、邪神の炎に包まれる』 ――The city is full of inferno―― 源家本領の戦いから、2年が経過した。 戦いの舞台は京都。倭の中で人間が唯一比較的自由に暮らすことができる人間にとっての理想郷人間の自治区。人間差別主義の家の襲撃が訪れる最中、明奈の目の前に〈影〉の神が現れ、明奈の戦いが佳境を迎える。そして史上最悪の内戦の1つと呼ばれた、京都会戦が始まる。 ※小説家になろう カクヨム ノベリズム アルファポリスでも掲載中 ※作者Twitterで活動情報等のお知らせをしてます→@TT_againsthuman

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間56分

    この作品を読む