ゲートキーパーズ・アパート ~異界対策部のお仕事~

読了目安時間:7分

悪夢を招く者 7

 振り向くより先に、理沙(りさ)の身体は動いていた。背後から伸ばされた腕を(から)めとり、体重を乗せて一気に引き落とす。  あまりの手応えのなさに違和感をおぼえた時には、すでにその者は床へと叩きつけられていた。  何も言えずに震えるそれは、見知った姿。 「棒人間(ぼうにんげん)さん!?」  急いで助け起こし、顔の輪郭(りんかく)を引っ張ると、ぐったりと動かなかった棒人間は、がばりと立ちあがり、手で(ひたい)の汗をぬぐうような動作をする。 「ふー、びっくりしたっピ……理沙ちゃんさん、いきなりヒドイっピよ!」 「そりゃこっちのセリフだ、驚かせんなバカ!」 「いたっ! 師匠はすぐ暴力をふるうっピ! そんなんじゃ、立派な師匠になれないっピ! 弟子も増えないっピよ!」 「俺は立派な師匠になる気も、弟子を増やす気もねーよ! そもそもお前を入門させた覚えもねーし!」 「二人とも落ち着いてください。今あたしたち、ここに隠れてるんですからね」  理沙に注意され、白熱していく一方だった二人は口を閉ざし、あたりを見回す。特に何も起こらないことに、ほっと息をついた。 「棒人間さんは、どうしてここに? そもそも、大丈夫――そうではありますけど」  表情などはさっぱり分からないが、少なくとも他のスタッフたちのように、自分たちに危害を加えようとしているようには見えない。  すると、棒人間は得意気に、棒状の身体をぐいっとそらせた。 「エッヘン。だっピ。ボクは他のヒトたちみたいに、こんな音楽で操られたりしないんだっピ」 「ナゾ生物だもんなー」 「祥太郎(しょうたろう)さん、ご名答なんだっピ! 研究費という名目で補助金が下りたけど、実際は()()()()()()()()のモノマネ費用になってるから、ボクの謎はまだ解明されてないってドクターが言ってたっピ。新曲の歌もフリも、もうカンペキに覚えたんだっピ。完コピだっピ!」 「マジで? 見てやってもいいぞ」 「サイ、そこ食いつくとこじゃないでしょう! バカじゃないの? 他にも突っ込み所はあるけれど……とにかくボーニンゲン、どうしてわたしたちを探してたの?」 「そうそう、そのことだっピ」  すると棒人間は顔の輪っかの中心へと手を突っ込む。しばらくごそごそと探ると、何もないように見えるそこから小ビンが四本出てくる。 「お前の体ってどうなってんの……?」 「それはヒミツ、なんだっピ。師匠にも教えてあげないっピ。とにかく、これを飲んで欲しいっピ」 「えっ、すごく嫌。絶対イヤ。断固拒否(だんこきょひ)」 「マリーちゃんさん、くわしい話も聞かずに、本気の全力で否定するのはやめてっピ……よく見て欲しいっピよ!」  棒人間はそれぞれの手に二本ずつ持った小瓶を左右に振るう。中に入った液体は、見覚えがあるものだった。 「もしかしてこれ……トーコの?」 「ピンポンピンポン! 大正解なんだっピ!」 「本当にどういうこと? 詳しいことを聞かせて」 「ダメだっピ! まずは飲むっピ! 遠子(とおこ)さんさんから頼まれたんだっピ!」  どうしても(ゆず)らない棒人間に、皆は顔を見合わせる。 「俺は飲むぜ。異変に気づけたのも、遠子さんのおかげだしな」  (さい)は言って棒人間の手からビンを一つもぎ取るようにし、フタを開けて一気に中身を飲み干した。 「ぐげぇぇぇ……やっぱヒデェ味」 「棒人間さん、あたしにもください!」 「僕も飲むよ」  続いて理沙と祥太郎も受け取ると、顔をゆがめ、奇妙な声を漏らしながらも飲み切った。 「わ――わかったわよ!」  最後に残ったビンを目の前に突き付けられたマリーも、観念したように手に取り、口をつける。  そのマズさにむせかえったが、何とか飲み干してから頭の中のもや(・・)がすっと晴れるまで、大した時間はかからなかった。茶を飲んだ時の比ではない効き目だ。それと同時に、昨日までの記憶もよみがえってきた。 「あの時急に眠くなって……あれもやっぱり、トーコの薬のせいだったんだわ」 「そういえばあたしも夜、急に眠くなった!」 「俺も」 「僕も僕も!」 「トーコは知ってたのかしら……こういう事態が起こるってこと」 「何かあるってことは、遠子さんさん、分かってたみたいなんだっピ。何だかすごく大変なことが起こるから準備しないといけないから、ボクに手伝って欲しいって言ったんだっピ。アパートに住んでる人じゃ、ダメなんだって言ったんだっピ」  事情はさっぱり飲み込めないが、アパートの住人に(たく)していたら、もっと事態は違ったものになったであろうことは想像がついた。 「待って。あの時マスターもコーヒーを飲んでたでしょう? マスターはどうしてるか知らない?」 「マスターさんは、変な人たちと一緒にいるのは見たっピ。でも見つかっちゃうと大変だから、あんまり近くまでいけなかったっピ」 「そう……変な人って?」 「異世界人なんだっピ」 「はぁ? どういうことだよ、棒人間!」 「し、師匠、やめてっピ! あんまり揺さぶらないでっピ!」  才がパッと手を離すと、棒人間はよろけて尻もちをつく。そしてその体勢のまま答えた。 「みんな気づいてなかったっピ? もしかして、この音楽のせいなんだっピ?」 「そうか――そうなのね。それが『悪い事』の正体」  きょとんとするその姿を見て、マリーはつぶやくように言ってから続ける。 「『悪夢を招く者(ファントム・ブリンガー)』は『ゲート』を使わずに、違う世界へと渡れるわけでしょう? でも、全く何の影響も及ぼさずに行き来できると思う? ただでさえ、大きな力をまき散らしていくのに」 「そうか、結局は疑似的(ぎじてき)なゲートの役割を果たして、異世界同士をつなげちまうわけだな?」 「そういえばサイ、昨日わたしに言ったわよね? 知らない人と話している姿が『()える』って。――レーナたちのこと、ずっといるスタッフだと思ってた。でも本当は、そう()()()()()()()いたのよ」  状況が明らかになるにつれ、事態の深刻さもわかってくる。この仮眠室も今はノーマークのようだが、いつ見つかるかも分からない。 「あいつらが『悪夢を招く者(ファントム・ブリンガー)』のせいでやって来て、スタッフの皆を洗脳して、色んな情報引き出してる最中(さいちゅう)ってことだろ? ――なら、まだ付け入る(すき)はある」  才は言って腕を組み、少しの間思考する。 「……敵さんは思い通りにならねぇ俺たちのことを邪魔だと思ってやがる。だが、部屋をしらみつぶしに探そうとはしねぇ。優先順位が低いんだろ。恐らく、洗脳にもコストがかかる。人員が少ないってとこか。うちのアパートも大手と比べっとスタッフ少ねーし、システムまで関わってるのになるとさらに少数だからな」 「わたしたちだって最初は放っておかれたものね。大人しく遊んでてくれるならそれで良かったのかも」 「遠子さんは、どうしてるのかな? 棒人間さん、知りませんか?」  理沙の問いに、棒人間はふるふると首を振った。 「ボクも知らないんだっピ。遠子さんさんにクスリのこと頼まれたのは、昨日のことなんだっピ」 「昨日?」 「そうだっピ。クスリを持って、隠れてて欲しいって言われたっピ。それで、なんか変なこと起きたら、みんなを探して、渡してほしいって言われたんだっピ」 「じゃあ、遠子さん危なくないですか? 才さんの言う優先順位だと、あたしたちよりずっと高いのかも」 「そうよね……向こうにとってみれば、トーコは今一番厄介(やっかい)なのかもしれない。わたしたちにも接触して、正気を取り戻させたんだもの」 「じゃあ、助けにいかなきゃ!」  反射的に出た理沙の言葉だったが、それ以上続かない。皆思いは同じではあるものの、具体策は浮かばなかった。  今は心地良いとはとても思えなくなった音楽も、脳内へとささやきかけてくる。遠子の薬の効き目も、どれだけ持つのかはわからない。 「ボクにまかせて欲しいっピ!」  沈黙を破ったのは、棒人間の甲高い声だった。視線が集まると、少しビクッとしてから言葉を続ける。 「えっと……昨日から出番待ちをしてたおかげで、ヒキコモリエネルギーが溜まったんだっピ。二、三体くらいになら、分裂できるっピ。ボクがオトリになるから、みんなはその間に、遠子さんさんを助けて、悪者もやっつけるんだっピ!」 「でも、それじゃ棒人間さんは……」 「ボクは大丈夫っピ! 逃げ足が速いのは、みんなも知ってるっピ」  それから少し、照れくさそうに頭をかいた。 「ボクは、ずっとヒトリだったっピ。ここに流れて来て、師匠たちに出会って、みんなに優しくしてもらって、すっごく嬉しかったっピ。だから、このアパートを、好き勝手になんかさせないっピ!」  熱い思いを語る細い体が、今はとても頼もしく見える。  才はその姿を真っすぐに見つめ、大きくうなずいた。 「……わかった、頼む。気をつけろよ」 「師匠も、元気でっピ」  交わした握手が、どちらからともなく(ほど)ける。棒人間はくるりと皆へ背を向け、歩き出した。 「待て」  その足ががっしりと(つか)まれる。棒人間の顔はびたん、と思い切り床に叩きつけられた。 「痛いっピ! 何するっピ! 感動の場面が台無(だいな)しっピ!」 「お前分裂できんだろ」 「だからそう言ってるっピ!」 「マリーちゃんにしたみたいなのも、今のエネルギーで出来るか?」 「マリーちゃんさんに……? あー、出来るっピよ」  唐突(とうとつ)な才の言動に、戸惑うのは棒人間だけではない。  続いて放たれた言葉で、皆の表情は凍りついた。 「じゃあ俺を、今すぐ棒人間にしろ」

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 浄玻璃の番人

    『善悪は水波の如し』

    0

    0


    2021年6月24日更新

    平穏な学校生活を送っていた高校2年生の山 牡丹(やま ぼたん)は、ある日同じクラスメートと事件に巻き込まれる。それは奇怪な事件だった。身に危険が及ぶなか、牡丹は自分が何者なのかを思い出す。今とそれほど変わらない時代。少し奇怪で、不気味で、あやしくて、得体の知れない、「それ」のお話。 ※一週間に一回のペースで、投稿していきたいと思います。 よろしくお願いします。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 『孤独な――の終着点』

    好評だったら続き書きます

    0

    0


    2021年6月24日更新

    ――否、それは光ではなく斬撃。 ――否、それは救いではなく暗殺。 ――否、それは『主人公』(ヒーロー)でもなく、【最悪の悪役】だった。 好評だったら長編として息抜きで書きます

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る