ゲートキーパーズ・アパート ~異界対策部のお仕事~

読了目安時間:7分

第二十一章 ふたり

ふたり 1

「わ、わたし……?」  戸惑うマリーにはっきりとうなずいた後、ゼロの体から力が抜けた。倒れ込む体を、(さい)がしっかりと受け止める。 「そこの部屋にベッドがあったから運びましょう。祥太郎(しょうたろう)くん、お願い」 「了解です!」  遠子(とおこ)の指示により、ゼロの体は一瞬にして消えた。急に軽くなった自身の腕を眺め、才は長い息を吐く。  沈黙。ピリピリとした空気があたりを包み込んだ。しばらくすると遠子と祥太郎が戻ってくる。 「今はよく眠ってるわ。一応あとでドクターにも診てもらうけれど、大丈夫だと思う」 「げほっ……遠子さんの薬は相変わらずすごい臭いだなぁ。何もスプレー使わなくても」 「だって意識がないのに無理矢理飲ませるわけにもいかないじゃない」  二人のやり取りに、皆ほっと胸をなでおろした。遠子の意見が専門家並みに頼りになることは知っている。 「とにかく何ともないようで良かったわ。……それにしても、わたしが鍵ってどういうことかしら? ゼロさんが起きたら聞いてみないと」 「いや、無理かもな。あいつがああいう言い方したってことは、あれ以上は言えねーってことだ。少なくとも今はな。あれ以上のことは分からないか、あるいは言っちまえば俺たちが望む結果を得るための障害になりかねないと判断したか、そんなとこだろ」 「それって、才さんが前に遠子さんを『視た』って言うのと同じ感じですかね?」 「あー、そういえばそんなこともあったなぁ」  理沙(りさ)の言葉で、祥太郎も遠子がいなくなった時のことを思い出す。良い結果を招かないと判断したからこそ、才は時が来るまで仲間にも語ることをしなかった。 「ま、実際のとこは分かんねーけど、何にせよそこ突っ込んでも教えてはくれねーだろうな。だから俺らがやることはまず、その封筒の中に書かれてるっつー人物に当たってみることだ。だよな? エレナさん」 「……あ、うん。そうだね、サイくん」 「どうしたの? ママ。珍しくぼーっとして」 「ひとまず私はマスターに報告してこよう。後はよろしく頼む」  エレナはそう言うと軽く頭を下げ、忽然と姿を消した。  ――まるで、逃げたみたいだな。  エレナは自嘲する。いや、逃げたのに変わりはない。そして報告をするまでに少しでも考える時間が欲しくて、こうしてわざわざ管理棟から少し離れた場所に降り立ち、人気のない場所を選んで歩いている。  情報を求めて奔走した。何も分からずともチリのように集まり、積み重なってきた違和感。それが今、ひとつの形になろうとしている。  ◇  夕日に晒されるテラスは蒸し暑かった。けれども触れる空気に、色に、音に――少しずつ、秋の気配を宿している。  初めて訪れた時には驚いた日本の夏も、もう慣れたものだ。 「やっぱり、ここにいたの」  背後からした声にエレナは振り返る。そこにはマリーの姿があった。 「マスターに報告してくるって言ったきり帰ってこないんだもの。ママは考え事があると、ここに来るのよね」 「私はそんなに考え事があるような顔をしてたかい?」 「してたわ」  エレナは肩をすくめ、視線を外へと戻す。マリーはその横に並んで景色を一緒に眺めた。居住棟からも管理棟からも離れたこの場所は、忘れられたかのようにいつも人がいない。 「前も言ったことあるけれど、ここって何となくお祖母様の家を思い出すの。違うと言えば違うんだけれど」 「そうだね、全然違う。でも私も思い出すんだよ。不思議だね」  このテラスはアパートの中庭とも呼べる場所に面している。視界をさえぎるように生い茂る木々は、ここが街中であることを一瞬忘れさせた。 「……もう二十年近くも前のことになるのか」  エレナはそちらに目を向けたまま、ぽつりと語り出す。 「その頃の私は今と違って繊細だったからね。名家の重圧というやつに押しつぶされそうな日々だった。周囲からは進学したいならばウェールズの魔術大学へ、さもなければ結界師の修行に専念するようにと言われていたが、良い術師となるにはもっと広く世間のことを知る必要がある! とかなんとか御託を並べて、一般の大学に通えることになったんだよ。それまで大人しかった私が必死にまくしたてるものだから驚かれたね。母が口添えをしてくれたことが、一番大きかったのだろうけど」  マリーは黙ってうなずく。母が自身の過去を進んで話すことは珍しかった。 「母の友人宅にお世話になるという条件付きではあったものの、初めて家を離れ、家のしがらみからも解放された生活というのは、思った以上に私の視野を広げてくれた」 「大学は楽しかったのね」 「ああ、楽しかったよ。勉強も、友人や先生たちと過ごすのも」  次の言葉までには、少しだけ間があく。 「そして、ハロルドという男にも出会った」  マリーには聞き覚えのない名前だった。それでも胸の奥が予感にこわばる。 「ちょっとしたきっかけでね。話してみると、妙にウマが合ったんだ。少しシャイなところがあったけれど、愛嬌のある男だった。異能力者ではなかったが、私がそうだと知っても気にすることはなかったし、当然フォンドラドルードのことも知らない。それも心地よかったのだと思う。気がつけばよく一緒にいることが多くなった。すでに当時私は、自分の結界師としての限界を自覚していたんだが、そういった悩みも自然と打ち明けられた。転移能力者としての方向性を示してくれたのもハロルドだった」  エレナは、懐かしげに目を細めて遠くを見た。 「私たちは至極当然のように恋に落ち――そして間もなくして私は、新たな命を授かった」  それからその目は、マリーへと向けられる。 「ハロルドもとても喜んでくれていた。彼は幼い頃、記憶をなくした状態でさまよっていたところを発見され、施設で育ったらしいんだが、人一倍家族というものに憧れがあると言っていた。本当なら、考えなければならないことは色々あるんだが、あの頃はお互いに若かったからね。衝動に突き動かされるままに進んでいたんだ。……それから数日後のことだったかな。ハロルドが、姿を消したのは」 「どうして……?」  思わず出たマリーの声は、少しかすれていた。エレナは小さく首を振る。 「私もそう思ったよ。彼は寮で暮らしていたんだが、友人には買い物に行ってくると告げたきりだったらしい。すぐ警察にも相談したものの、足取りは一向につかめなかった」 「もしかしたら『ゲート』が開いて、それに巻き込まれたということはないかしら?」 「当然それも考えた。そちらは私の分野だしね。しかし当時あの周辺で『ゲート』や『いたずら角(トリック・ホーン)』などが出現したという情報は得られなかった。もし出現していたのならば、他に巻き込まれたという人の話が出てきてもおかしくない」  あたりはもう、暗くなってきていた。星々の輪郭が徐々にくっきりと浮かび上がっていく。 「私はそれからもあちこちを探し回り、情報も集め続けた。けれども、何も分からなかった。事件や事故に巻き込まれたのでないならば、ハロルドは自ら去り、身を隠したのかもしれない。とめどない思いにも駆られ、毎日疲れ果てて……そうしたら、引っぱたかれた」 「ママが? 誰に?」 「私のママに」  エレナは、そう言って笑う。 「ある日、下宿先に帰ったら待ち構えていたんだ。『あなた、こんなことをするために大学に行きたかったの?』って。こうも言われたな、『今、本当に大切なものは何なのか考えてみなさい』。――目がさめたよ。私が大切にしなければならないのは、お腹の中の子と私自身の体だって、ようやく気づくことが出来た。それから私は大学を辞め、実家へと帰った。私はね、マリー。君を授かったことが本当に、ただただ嬉しかったんだ。だから君を産み、育てることに何の迷いもなかったよ」 「……ええ、それは身をもって知ってるわ」 「それなら良かった」  少しの間ふたりは、黙って虫の音を聞いていた。 「……ハロルドは、恐らく生きている」 「どこにいるか分かったってこと!?」 「果たして分かったと言えるのかどうか……私のことも覚えていないかもしれない。だが、あちらの世界にいるのだと思う」 「あちらの世界って?」 「こちらの世界と『大干渉(だいかんしょう)』を起こそうとしている世界」 「えっ!? どういうこと!?」 「突拍子もないことを言うと思われるだろうが……」  エレナの次の言葉で、マリーの混乱はさらに深まる。 「マリー。君は恐らく――こちらとあちら、両方の世界の血を引いている。きっとそれが、ゼロくんの言葉が意味するところだ」

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ショートショートのお城

    ジャンルいつも迷う

    4,777

    0


    2021年6月22日更新

    ショートショート集 第二弾です 暇つぶしにお読み下さいな

    読了目安時間:33分

    この作品を読む

  • 華夏帝王奇譚【R-15】§チャイニーズ・バンパイア・ファンタジー§ 十一夜 猩猩の娘【連載中】

    死に切れない宿命を持つ一族の少年とは…

    89,200

    0


    2021年6月22日更新

    死に切れない宿命を持つという一族の少年、舜と、その父親だという青年、黄帝。 中国の山奥、雲海を臨む最峰の頂で黄帝と暮らしていた舜は、やっとのことで、街へ降りる許しをもらい、勢い込んで上海へと向かう。 しかし、そこへ現れたのは、炎帝と貴妃という、『同族』の二人であった。 凄まじい炎と、闇の衣を纏う二人に襲われ、舜は《聚首歓宴の盃》と、《朱珠の実》の秘密を渡すように迫られる。 この世の大初から存在しているのではないかと云われる黄帝は、珍しいものや、曰くつきのものをたくさん持っていた。そして、そんなものをたくさん持っている黄帝の被害に遭うのは、その息子たる舜であったのだ。 貴妃に腕を切り落とされた舜は、一旦、山へ戻り、腕を取り返すために、《聚首歓宴の盃》と《朱珠の実》を自分に預けて欲しい、と黄帝に頼む。 しかしそれは、自ら血を求めるという、恐ろしい曰くつきの盃であった。 それを欲しがる炎帝とは。 そして、そんなものを持っている黄帝とは。 舜は、敵地へと乗り込むが……。 ※2011年3月3日~別PN別タイトルで小説家になろうに掲載していたものです。 ※現在アルファポリス、エブリスタ重複投稿。 ※一部、性描写(必要描写です)があります。苦手な方はお気を付けください。 ※表紙画:フリーイラストの加工です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:14時間5分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界での冒険は愛猫を頭に乗せて!

    猫と一緒に転生した冒険バトルファンタジー

    2,495,396

    122,975


    2021年5月29日更新

    楢崎和仁(ならさき かずひと)は愛猫ソラと暮らしているごく普通の28歳社会人。 大規模な地震に巻き込まれ、そのまま剣と魔法のファンタジー溢れる異世界へ… だが女神ティアがドジ?ったお陰で和仁の能力は異世界でも超ド級! 喋るように進化した愛猫ソラを頭に乗せて一緒に異世界へと踏み出した! 愛猫ソラは自由気まま!喋るし空も飛ぶ! でもそんなソラに和仁も親バカ(猫バカ)デレデレだ! 「カズ?うちは美味しいご飯とカズさえいれば文句ないにゃ」 「僕もソラと世界中を旅して悠々自適に暮らしたいなぁ」 巻き込まれ体質のカズは行く場所で様々なイベントに遭遇する。 若返った2人(?)は世界の果てで何を見るのか!?何も見ないのか!? 笑いあり涙ありの異世界ファンタジーにしたいなぁ……

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:30時間17分

    この作品を読む

  • 異世界設定集『魔女たちの活動記録』

    趣味全開の「ひねくれた設定」です。

    9,100

    1,800


    2021年5月23日更新

    ■はじめに 「異世界ファンタジー設定コンテスト」応募の設定集になります。 ■概要 とある魔女たちの『イタズラ』や『ライフワーク』といった活動の記録です。 共通世界観はありますが、エピソード単位で設定は完結しています。 ■設定紹介 001 傷のヤツら :自身を傷つけた武器を再現して使えるという一族の話。 002 継続ボーナス :日々継続して努力していると成長アシストしてくれる魔法。でも、何やら条件もあるようで? 003 透明国家ディストル :土地を持たない国家について。国民はどこにいるのでしょう? 004 救世腫(きゅうせいしゅ) :パーティーメンバー全員殺害。それが無名の英雄になるための条件。 005 猛鬼(もうき)と不撲(ふぼく) :離ればなれになった2つの武器。戦場で相まみえる確率は? 006 世界に漂う私たち :本設定集のベース設定。魔女たちにも色々あるのです。 □◇□◇□◇ 小説化希望の設定がありましたら、お気軽にご連絡ください! 写真は「005 猛鬼(もうき)と不撲(ふぼく) 」のエピソードをイメージして撮影しました。 5月末に浜辺で寝転がりながら写真撮影している不審者をご覧になった方、それは私です。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:17分

    この作品を読む