ゲートキーパーズ・アパート ~異界対策部のお仕事~

読了目安時間:4分

嵐のあとに 2

「来やがったな、ジジイ」  その顔を見た途端(とたん)(さい)が不機嫌になる。彼自身も予測はしていたことだ。祖父は『アパート』の創設者であり、最高責任者なのだから。それが問題なのではない。 「ずいぶんと俺らをコケにしてくれたじゃねーか」 「コケにしたわけではないぞ。語らなかっただけだ」 「『重要度の低いアパート』ね……そこを守らせておきながら、何一つ教えてくれねーってのはどういうことだよ!」 「ほぅ、それでお前は『守れた』とでも言うのか?」 「何だと!?」 「『風変わりな水槽(ストレンジ・アクアリウム)』!」  突如(とつじょ)源二(げんじ)と才の顔の周りに、透明な光の箱が出現した。  口論は全く聞こえなくなり、二人はただ魚のように口をぱくぱくとさせている。言葉は色とりどりの光の泡へと変わり、箱の中を上っていった。 「おもしろーい! キレイ!」 「いいでしょう? 二人が喧嘩(けんか)したら使おうと思って、ひそかに開発しておいたの」 「何という才能のムダづかい……」 「うわはははは!」  しかし、静かになったはずの部屋へと響く高笑い。結界を自力で解いた源二だった。 「中々良い結界だが、私にこの程度の術が通用すると思ったのかね!」 「いえ、特に思ってませんけれど」  あっさりと認められ、彼は妙に残念そうな顔をする。  マリーは扇をひと振りし、才の術も解くと続けた。 「冷静な状態で、ちゃんとご説明いただきたいのは、わたしもですわ」 「ま、知る権利はあるだろうな。私も一応、そのつもりで来てはいるがね」 「あの……」  向かい側へと腰を下ろした源二に、祥太郎(しょうたろう)はおずおずと声をかける。 「マスターは、一緒じゃないんですか?」 「何だって?」 「そうですわ、マスターだって当事者ですし。今日は姿をお見かけしていないので」 「もしかして、何か処分があったんじゃ……?」  驚いたような顔。――それから起こる大笑い。皆が呆気(あっけ)にとられる中、源二は手を叩いて喜ぶ。 「これは……愉快(ゆかい)愉快(ゆかい)。確かに、処罰はあったな」 「何なんだよジジイ、処罰って」 「(なぐ)られた」 「殴られた? 誰に?」 「私に。一発殴るくらいの権利はある。だがまあ、それで(しま)いだ」 「あっ!」  真っ先に気づいたのは、それまで静かに考え込んでいた理沙(りさ)。彼女の指さした先には、ずっと(だま)って立っている男の姿がある。  あの大きな物音と、()れたように赤くなった(ほほ)。 「マスター!?」  驚く一同に、源二はまた腹を抱えて笑った。 「お前、説明してなかったのか」 「いや、私自身すっかり忘れていて……面目(めんぼく)ない」 「何でマスター……若返ってるんですか?」  少し迷ってから発した祥太郎の言葉が、一番現状をよく表していると思われた。  別人へと変わっているわけではない。言われてみれば、確かによく知るマスターの面影(おもかげ)がある。だからこそ、理沙もどこかで見たことがあるという気がしたのだろう。 「あーっ!」  本人が口を開く前に、今度は何故か才が大きな声をあげる。 「あれだな! パワーアップしたって! 遠子(とおこ)さんにチューされて!」 「いやいや、あれはだね……」 「遠子さんのエキスを吸い取ったんだな、このスケベジジイ!」 「『風変わりな水槽(ストレンジ・アクアリウム)』!」  マリーが顔を少し赤らめながら暴走を止める。才の抗議は小さな水槽の中で光の泡となり、静かに立ち上った。 「マリー君、感謝する。……とにかくだね、今まで彼女の存在を隠すために使っていたエネルギーを使わなくて良くなったから、というのが理由だ」 「それで、若返っちゃうんですか?」 「魔力、()……様々な呼ばれ方をするが、結局は生命エネルギーだからね」 「若々しくありたいがために力を使う者もいるが、私達クラスになると、自然と若返ってしまうというわけさ、伊村(いむら)君」  ドヤる源二の実年齢は知らないものの、才の祖父という事を考えると、確かに若々しすぎる。しかし、マスターの場合はそれ以上の若返り方だ。 「なるほど……でも、逆に言えば、あんなになっちゃうまで力を使い続けてたってことですよね?」 「いやいや祥太郎君、あんなになっちゃうって(ひど)くないか」 「……それも当然なのかも。だって、あの鳴原君(なりわらのきみ)の存在を、ずっと隠し通してきたんだから」  挟まれたマリーの言葉に、祥太郎は目をパチパチとさせる。 「そんなに凄いの?」 「少なくとも伝説級の魔女だもの。『最凶(さいきょう)の魔女フェス』だったかしら? それにも出てたんでしょう?」 「う……まあ、そうだけど。あれゲームだし」  「ゲームの題材になるほど知名度があるってことじゃない。しかも閉じ込めて封印してたんじゃないのよ? 一緒に何気なく生活してたんだから」 「でも、遠子さんは協力的だったんですよね? 遠子さん自身が力を抑えれば、それで十分だったんじゃないかなぁ」 「……ああ、彼女はとても協力的だったよ」  理沙の疑問に、マスターはうなずく。見た目や声にまだ違和感はあるが、仕草も口調も、いつもの彼そのものだ。 「だがね、彼女が言ったんだ。――『私を(とら)えて欲しい』って」

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る