ゲートキーパーズ・アパート ~異界対策部のお仕事~

読了目安時間:5分

召喚術師と召渾士 13

 それは次第に、黒い色へと変わっていく。  出現した『歪み(ゆが)』は、こちらの動きをうかがうかのように、黒い煙を立ち上らせた。 「えっと……グロウザの火よ。深淵(しんえん)覗く(のぞ) 目よ! 来たれ、『魔王』!」  理沙(りさ)の呼びかけに、渾櫂石(こんかいせき)は反応を見せない。 「……残念。手ごたえも感じられませんでした」  その時、黒い煙が揺らめいた。 『女神の外套(クローク・オブ・ゴッデス)!!』  飛来した物体は結界をたわませ、地面へと落ちる。草が焦げたように変色した。 「やはりここは我が」 「ダーメ! あきらめちゃ試合終了ってヤツなのヨ。せっかく復活したんだし、みんなのためにも、ルフェールディーズは長生きしなきゃネ」  ザラは言ってウィンクをし、近くに落ちていた小石をいくつか拾い上げる。 「ハッシュ、ベイビー、マイドーリー……」  そして歌を口ずさみながら、『歪み』へと向かって投げ始めた。 「I'll give you some bread(パンもあげるし) , and some milk by-and-by(ミルクもあげちゃう)」  小石の一つはパンへと変わり、もう一つは空中で回転しながらミルクをまき散らすビンになる。 「Or perhaps you like custard(カスタードはいかが?), or, maybe, a tart(それともタルト?)」  さらに投げた小石は、菓子へと変化して遠くへと飛んで行った。  『歪み』の攻撃をからかうようにかわしながら空中を舞うそれらが、もちろん普通の食べ物であるはずがない。 「ワタシのイリュージョンでタクアンするから、その間に何とか『魔王』を呼び出すのヨ!」 「『攪乱(かくらん)』ね。ショータロー、今のうちに試してみて!」 「僕も? ……よし、やってみる」  そう気合を入れてみたものの、杖は今度も反応を見せなかった。 「だめかー」 「あとはマリーちゃんとザラさんですね! 引っかきまわすなら、あたしたちにも出来ますよ、祥太郎(しょうたろう)さん!」 「了解! じゃ、あとよろしく」  祥太郎は杖をマリーへと手渡すと、理沙とともに結界の外へと飛び出していく。そして二人は『魔王』のデータを取った時のように、空中を飛び回り始めた。 「今のうちに……グロウザの火よ。深淵を覗く目よ。来たれ、『魔王』!」  マリーは呼びかける。かすかに――『何か』が動くのが感じられた。 「どう? どなの? マリー。ワタシもやってみたいのヨ!」 「ちょ――ちょっと待ってザラ!」  感覚を探っている間に、ザラがマリーの手の上から、がしっと杖を握りしめる。 「ヨイデハナイカ、ヨイデハナイカ。きっと一人より二人で押しかけた方が、『魔王』も起きるのヨ。――グロウザの火よ。深淵を覗く目よ。来たれ、『魔王』!」  ――そして。  渾櫂石の先が淡く光り、でろりと、『影』が這い出てきた。 「なんと、成功したのか!?」  驚愕の声をあげるルフェールディーズへと、ザラは親指を立てて見せる。 「ザラとマリーの共同作業の銘菓ネ!」 「『成果』ね。――あら?」  しかし出現した『魔王』は、大型犬程度の大きさになったあたりで、ぽてっと地面へ落っこちる。 「草食ってやがる、早すぎたのヨ!」 「ザラはどこからそういう言葉を仕入れてくるの……? これは、わたしたちの魔力では足りなかったってことなのかしら」 「二人とも、避けて!」  そこへ鋭く届く理沙の声。  顔をあげれば、手薄となった結界の隙間(すきま) を抜け、『歪み』の攻撃が飛んでくるところだった。  しかしそれを、小さな『魔王』の触手はキャッチする。 「ちゃんと『歪み』を消滅させたわ!」 「ちっちゃくても『魔王』の働きをする、コマオウなのネ! ワタシたちもきっと、マダマダやれるコトあるのヨ! バーストイリュージョン!」  ザラが手をかざすと、影はぶわりと膨れ上がった。四方八方に伸びる触手に、『歪み』の攻撃は再び鈍り始める。 「イリュージョンでデッカク見せてるだけだけど、なんとなーく効いてるからOKネ!」 「なるほど、わたしたちに協力してくれている『魔王』なのだから、わたしたちのやり方が有効なのね! ショウタロー!」 「よしきた!」  祥太郎が力強く言って、『小魔王』を『歪み』の中心へと転移させた。立ち上る黒い煙は、次第にその力を弱めていく。  ――皆が勝利を確信した、その時だった。  どぉぉぉんと音がし、大地が揺れる。それは二度、三度と続き、あちらこちらから黒煙が噴出し始めた。 「なに、これ……」  今まで立っていた場所も黒く染まっているのを見て、マリーがつぶやく。  祥太郎の転移が間に合わなければ、自分たちも飲み込まれていたことだろう。 「なるほど、違和(いわ)の正体はこれであったか。ずっと潜んで(ひそ) おったのだな」  ルフェールディーズは言って、杖を構える。 「待ってルフェールディーズ! はやまらないで!」 「しかしな、マリー。そなたらの腕前は見事であったが、さすがにこの規模の『歪み』を相手にするのは荷が重いだろう」 「だけど――」 「我のことは良いのだ。元来よりアーヴァーのために得た命、惜しくはない。『歪み』を完全に取り除くまでは、持たせてみせる」  それから彼は、遠くを見た。 「グロウザの火よ。深淵を覗く目よ」  声は――背後から聞こえた。皆一斉に振り返る。  そこには、自らの杖をしっかりと握りしめた召渾士(しょうこんし) が立っていた。 「……ナレージャ、今はこらえなさい。そなたの力は、これからのアーヴァーに必要なのだから」 「ここへと戻ってきた時、こうして助けていただきました。その時は『カリニさん』だと思ってたから、びっくりした」  揺れる瞳へと、彼女は穏やかに微笑みを返す。 「私、わかったかもしれないんです。理沙さんが、さっき言ってたこと。私、ずっと嫌だった。なんで召渾士の能力を持てたのに、『魔王』なんだろうって。みんなはステキな能力で人を助けてるのに、私だけなんで? って。みんなは自分の呼び出す存在を好きで、誇りを持ってて、信頼してた。私は――『友達』なんかじゃなかったし、そうなろうともしてなかった」  それから、渾櫂石の表面を優しく撫でた。 「ごめんね。あなたのこと、ちっとも分かろうとしないで。私、もっとあなたと向き合って、せっかくもらった力を、『縁』を、これから大事にするから。……だから、アーヴァーを、ルフェールディーズ様を救うために力を貸してください。――『魔王』!」  その言葉に応じ、影が、石から現れる。  それは弾けるように飛び出し、拡大し、拡散し、空を黒く覆った。  『歪み』と『魔王』は踊るように絡み合い、波打ち、そして夜空に輝く星のように光を放っては消えていく。  ナレージャは大地へと立ちながら、静かにその様子を見守り、再び微笑んだ。 「ありがとう……『魔王』」

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 浄玻璃の番人

    『善悪は水波の如し』

    0

    0


    2021年6月24日更新

    平穏な学校生活を送っていた高校2年生の山 牡丹(やま ぼたん)は、ある日同じクラスメートと事件に巻き込まれる。それは奇怪な事件だった。身に危険が及ぶなか、牡丹は自分が何者なのかを思い出す。今とそれほど変わらない時代。少し奇怪で、不気味で、あやしくて、得体の知れない、「それ」のお話。 ※一週間に一回のペースで、投稿していきたいと思います。 よろしくお願いします。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 『孤独な――の終着点』

    好評だったら続き書きます

    0

    0


    2021年6月24日更新

    ――否、それは光ではなく斬撃。 ――否、それは救いではなく暗殺。 ――否、それは『主人公』(ヒーロー)でもなく、【最悪の悪役】だった。 好評だったら長編として息抜きで書きます

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • シルク、深淵の探求者(シルクシリーズ第一幕)

    一風変わった異世界ファンタジーになります

    300

    0


    2021年6月18日更新

    竜族、蜴族、鳥族。 三つの種族が住まうのは、地上より遙か地下。地上での生存はできなくなり、三つの種族は十の階層に分かたれた空間で過ごしていた。 竜族は神とも崇められるほどの絶対的存在、蜴族はそれを崇め、対して鳥族はどの種族よりも卑しいとされる血族。 しかし、この三種族のどれにも当てはまらない者、竜と鳥の混血となる者がいた。 彼は亡き友の想いを継ぎ、地上へ、空へと飛び立つことを決意する。 彼の名は、シルク。 -- 宗教色強めの作品になります。既存作品とはかなり毛色の異なるものではありますが、よかったらどうぞ。 第二幕: https://novelup.plus/story/873563933

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間28分

    この作品を読む

  • 魔女イッリ

    世界がどうあれ、三人は仲良し。挿絵多数!

    724,344

    4,770


    2021年6月22日更新

    ◆作品紹介 小さい頃から傭兵として生きてきた少女エリッカ。 筋力や反射神経が魔族並みになっている代わりに、人間らしさを失いつつある魔心病のフィルヴァニーナ。 魔心病を広めたとして魔女と呼ばれ、追われる身となり、旅をしながら隠れるように生きるイッリ。 魔族、機械、銃。そして人間が築き上げた社会。彼女達は、激動する世界に巻き込まれながらも、次第に世界へ影響力を持つようになっていきます。 彼女達は、悲しい過去を持ちつつも強く生きます。尊く、強く、そして可愛い三人の少女のハイファンタジー小説です。 お互いの過去が過去だけに、複雑な思いを抱きつつも、世界に関係なく、きっと彼女達はずっと友達であり、大切な人なのであろう。そんな物語です。 ◆挿絵イラストレーター 高架 pixiv:https://www.pixiv.net/users/2031328 twitter:https://twitter.com/kouka_oekaki ◆作者コメント 小さい頃からファンタジーが大好きで、よく色々な世界を想像していました。この世界の構想自体はかなり昔から作っています。 AIに携わる仕事を通して感じたことなどを作品に盛り込んでいます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:17時間1分

    この作品を読む