ゲートキーパーズ・アパート ~異界対策部のお仕事~

読了目安時間:9分

遠子の謎 2

「行ってらっしゃい!」 「頑張って来いよ!」 「気をつけてな。カメラ壊すんじゃねーぞ?」 「無事に終わったら、アリーって名乗るのを許してあげてもいいわ」  笑顔で見送られ、仕方なくミーティングルームの窓から飛び立つアリー。  皆、理沙(りさ)の意見に賛同こそすれ、客人として来たばかりの異世界人に尾行させるのはどうなのかという意見は全く出なかった。 「ね、早く見てみましょうよ」 「今セッティングちゅー」  (さい)はテーブルに置いたアタッシュケースを弄りながら、マリーの急かす声に軽く答える。  程なくして、モニタに街並みが現れた。 「あっ、映ったわ!」 「へー、結構綺麗に映るな」 「すごーい!」  賞賛の声を受けて彼は得意げに笑い、カメラの調整を行う。 「おっ、あれは遠子(とおこ)さんじゃないかな」  歩く影にぐっとズームすると、姿が大きく映し出される。それは、遠子に間違いなかった。  アリーは事前に教えられた通り、少し離れた場所にふわりと降り立ち、後をつけ始める。 「アリーちゃん、尾行が上手!」 「リサやめて。まだその呼び方、許してないんだから」 「だから何でマリーにそんな権限があるんだよ」 「わたしのほうが先にここにいるんだもの、当たり前じゃない!」 「はいはい、くだんねー喧嘩はやめような。そろそろどっかに行くみたいだぜ」  才の言うように、遠子は歩くスピードをゆるめ、きょろきょろとあたりを見回している。  それから少し細い路地を入って進み、古ぼけた建物の中へと入っていく。 「服屋さん……?」  理沙の言うとおり、そこは衣料品を扱う店のようだった。看板にもずいぶんと年季が入っている。 「トーコったら、こんな古臭い店でお洋服買ってるのかしら。だからあんなに地味なのね」  マリーはどこか嬉しげに扇を動かしながら言う。  画面は店内へと入る遠子を映し出し、その後大きく揺れた。アリーが閉まりそうになるドアに慌てて滑り込んだようだ。 「アリ……アマネちゃんナイス!」  理沙は一瞬、隣の様子をうかがってから、また画面を食い入るように見つめる。  店内は予想していたよりも、かなり広い。様々なコーナーに分かれているようだった。 「えっ、この服300円? やすーい!」 「300円? お洋服が? ゼロの数間違ってるんじゃないの?」 「マリーちゃんは贅沢な服ばっかりだから……あたしも今度ここ来てみようかな。あっ、もっと右側映してくれればいいのに」 「あなたのショッピングが目的じゃないんだけど」 「ごめんね、つい。遠子さんは何買うのかな……?」  小さなアリー視点のカメラは、スカートの裾や什器の脚などをかき分けながら、ターゲットを追う。  布のジャングルがしばらく続いた後、急に視界が開けた。 「ランジェリーのコーナーね」 「おー、結構派手なのあるなー! ――うぼっ」  才がつぶいた途端、彼だけではなく祥太郎の視界も真っ暗になる。 「あなたたちは見なくていいの」  マリーの結界だった。それは隙間のないヘルメットのように、二人の頭部をすっぽりと覆っている。 「えっ、トーコこれ本当に買うの?」 「意外に大胆……!」  盛り上がる女二人の背後で、じたばたもがく男たち。  やがてやけに静かになったことを不思議に思い、理沙が振り返った時だった。 「マリーちゃん、二人がぐったりしてる!」 「えっ? ――あら、大変!」  マリーが扇を振るうと、真っ黒なヘルメットは一瞬にして消え、真っ青な顔が現れる。二人は大きく咳き込みながら、むさぼるように呼吸をした。 「はぁはぁ……し、死ぬかと思った」 「な、何で僕まで……」 「あ……ごめんなさい。空気穴忘れてて」 「結界に空気穴とかあんのかよ!」 「あれ? 遠子さん移動するみたい?」  画面は、いつの間にか先ほどの路地を映し出していた。 「つ、次はどこに行くのかしらね」  何だか話がうやむやになったことにマリーは安堵しつつ、モニタを注視する。 「うーん、あたしは知らないところだなぁ。遠子さん、色んな場所知ってるんですね」 「地図出してみよっか?」  そう才が提案した時、前を行く遠子が早足になるのが見えた。アリーも置いていかれまいと、追跡のスピードを速める。  角を曲がった先には、またしても古びた看板。元々は白かっただろうと思われる外壁も、汚れて黒ずんでいた。 「お肉屋さん……かな」 「タイムセールって書いてあるな」  理沙のつぶやきには、すっかり元気を取り戻した祥太郎が反応する。 「お夕飯の買出しかしらね?」 「でもマリーちゃん、食堂はあのおばちゃんが仕切ってんだろ?」 「トーコは色んな場所を手伝ってるのだし、頼まれることもあるんじゃない?」  しばらくすると建物の陰に隠れて映されたと思われる映像が入ってきた。ガラス越しの店内はよく見えない。 「もう少しアップにしてみるな」 「今度は……グラム1000円? いいお肉屋さんなんですねー」 「和牛かな?」  先日の遠子の言葉を思い出し、祥太郎は何気なく言ってから目を凝らす。 「こう……もり」  一瞬の沈黙。  見間違いかと思い、もう一度ゆっくり読み直してみる。 「こ、う、も、り肉。――コウモリの肉!?」 「おい、こっちはカエルだぞ!」 「く、クモにく……」 「いやぁぁぁぁぁぁっっっ!!!!!」  並べ立てられる単語に、頭を抱えて絶叫するマリー。 「どうしたんだね? 今、悲鳴が聞こえたが」  それを聞きつけ、マスターがミーティングルームへとやってきた。 「いや、あの、なんでもないんです!」  理沙は慌ててマリーの口を手で押さえ、何とか笑顔を作りながら答える。 「何でもないようには聞こえなかったが……」 「あの、その……そうそう、ヨガです!」 「ヨガ?」 「ええ、絶叫ヨガって言って……今ね、セレブの間で密かに人気なんですよ。マリーちゃんって、そういうのに敏感ですから」 「ああ……まあそうだね。あまり叫ばれると驚くから、適度に頼むよ」 「はい、気をつけまーす!」  ドアが閉まる音を聞き、皆、大きく溜め息をつく。 「あーびっくりし――」 「ところでね」 「たぁぁぁぁぁぁっっっ!!!!」 「……今度は何だね?」  再びドアを開けたマスターは、大声を出す理沙に驚く。 「ヨガですよ!? 絶叫ヨガなんです! マスターこそ何なんですか?」 「それは……失礼。アリアマネ――」 「うわぁぁぁぁぁっっっっっ!!!」 「君までどうした?」  今度は才が、アタッシュケースの蓋を思い切り閉めながら叫んだ。 「絶叫ヨガに決まってますよね? 文句でもあるんすか?」 「い、いや、適度にしてくれれば構わないけれどもね。ところで……そのアタッシュケースに何か?」  彼はあからさまにその上へと体を覆いかぶせるようにしている。 「えっ? あー、これはですね……」 「それは?」 「あっ、そうそうそう!」  祥太郎は何度も手を叩き、中々次の言葉を出せない才に代わって答えた。 「アリ……アマネ大使は、せ、セレブの間で密かに流行っているという絶叫ヨガを見てみたいとご所望だったのです――が、ちょっと驚かれてしまって、このケースの中に隠れつつ、ご堪能したいと」  それから少しの間、誰も言葉を発しなかった。  気まずい空気が流れ始めた頃、マスターが口を開く。 「ふむ。異世界に来られたばかりで、色々な体験もなさりたいだろうしな。邪魔して悪かった……では、引き続き頼むよ」  そう言って、どこか引きつった笑顔を見せ、またドアの向こうへと姿を消す。  一同は耳を澄ませ、足音がしなくなったのを確認してから、長い長い息を吐き出した。 「マリーぃぃぃぃぃぃぃ」 「マリーちゃん、マジで勘弁してくれよ!」 「びっくりした……」 「ご、ごめんなさい……」  三者三様に責められ、流石に恐縮するマリー。 「で、でも、ああいうの苦手なんだもの……」 「まあ、あたしも得意なわけじゃないけど……あっ、カメラどうなってます?」 「そうだった!」  理沙に言われて、才は閉じたままだったアタッシュケースを急いで開くと、モニタが皆に見えるように動かす。 「よかった。見失ってないみたいだな」 「アリーちゃんすごいですよね」  映っているのは、マンションのようだった。今までの場所とは打って変わって、小奇麗な建物だ。  遠子は、その中へと真っ直ぐに入っていく。 「普通のマンションみたいだけど、お店とかあるのかな?」 「わからないわよ。誰かと会うつもりなのかも」 「誰かって――カレシとか?」 「はっ? 何言っちゃってんの? 俺の遠子さんにそんなのいる訳ねーじゃん!」  祥太郎の言葉に即反応を見せた才に、マリーは呆れたように言う。 「あれだけ全く相手にされてないのに、その発言はどこから来るの……?」 「危ない!」  小さく叫ぶ理沙の声を聞き、皆、口を閉ざしてモニタを見る。  どうやら遠子が引き返してきて、アリーが柱の影に隠れたようだ。 「忘れ物かな……?」 「いえ、気づかれた――かも」  丈の長いスカートから少しだけ見える足が、ひたひたとこちらへ近づいてくる。  皆、緊張した面持ちで見守った。  やがて、ピンクベージュのバレエシューズが、カメラの前でぴたり、と止まる。 「やばいな」  映像は足から腰、胸へと移動して行き、遠子の顔を映し出す。  ――はずだった。 「いやぁぁぁぁぁぁっっっ!!!!」 「きゃぁぁぁぁぁっっっっ!!!!」  今度はマリーと理沙が、同時に絶叫する。  そこには遠子の顔はなかった。  目も鼻も口も文字通り全くなく、のっぺりとした蒼白い面があるだけだ。  それはじりじりと後ろへ逃げようとするこちらに向かい、ゆっくりと手を伸ばしてくる。 「な……なんだよ、これ」 「わ、わかんねぇよ。と……とりあえずフラッシュで威嚇して……」  才は声を上ずらせながらも、カメラの操作をしようとキーを叩く。 「あ、あれ……?」 「サイ、どうしたの……?」 「あの、ぜ、全然操作受け付けなくて……」 「や、変なこと言うのやめなさいよ……!」 「マジなんだって!」  その間にも、遠子だった者は手を差し伸べるのをやめない。  それはもう、カメラに触れてしまいそうだった。 「こ、これ、こっちに出てきたりしないよな……?」 「変なこと言うのやめてって言ったでしょ!?」  祥太郎の言葉に、半泣きになるマリー。 「とととにかく、何とかしないと……!」  才は必死でキーを叩き続ける。しかし使い慣れたはずのツールが、全く言うことを聞いてくれない。  異様に細く長い指先が、今にもこちらに掴みかかろうとしたその時――。  どん、という大きな音が部屋へと響いた。 「いやぁぁぁぁぁぁっっっ!!!!」 「きゃぁぁぁぁぁっっっっ!!!!」 「うわぁぁぁぁぁぁっっっ!!!!」 「ぐわぁぁぁぁぁっっっっ!!!!」 「ただいまー」  乱暴に開いたドアとともに、のんびりとした声が聞こえる。 「トーコ!?」 「……遠子さん?」 「えっ――えっ!?」 「な、なんで……?」  慌ててモニタを確認すると、先ほどの廊下が映っている。そこには、誰の姿もない。 「途中でアリーちゃんにも会ったから、一緒に帰ってきちゃった」  遠子の手の中には、申し訳なさそうにぺこぺこするアリーの姿。 「絶叫ヨガの調子はどうかな?」  そしてその背後にはマスターが。  遠子の謎は深まる一方、マスターには皆、こってり絞られたという。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 浄玻璃の番人

    『善悪は水波の如し』

    0

    0


    2021年6月24日更新

    平穏な学校生活を送っていた高校2年生の山 牡丹(やま ぼたん)は、ある日同じクラスメートと事件に巻き込まれる。それは奇怪な事件だった。身に危険が及ぶなか、牡丹は自分が何者なのかを思い出す。今とそれほど変わらない時代。少し奇怪で、不気味で、あやしくて、得体の知れない、「それ」のお話。 ※一週間に一回のペースで、投稿していきたいと思います。 よろしくお願いします。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 『孤独な――の終着点』

    好評だったら続き書きます

    0

    0


    2021年6月24日更新

    ――否、それは光ではなく斬撃。 ――否、それは救いではなく暗殺。 ――否、それは『主人公』(ヒーロー)でもなく、【最悪の悪役】だった。 好評だったら長編として息抜きで書きます

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 電気と魔法 −電気工事士の異世界サバイバル−

    世界を救えって、俺、電気工事士だぞ!?

    286,600

    560


    2021年6月23日更新

    「始元の大魔導師を召喚したから、世界を救え」なんて言われても、俺、電気工事士だぞ。 えっ、報酬は金100キロ!? 滅びの足音が近づき、それを防ごうとする人々の善意は虚しく消費されてしまう世界。 そんな中で、現代を生きる電気工事士の技術は、この世界を救えるのだろうか? 「カクヨム金のたまご」で紹介頂きました。 扉絵は、カフカ@AUC(@Kavka_AUC)様にいただきました。ありがとうございます。

    読了目安時間:24時間20分

    この作品を読む

  • Against 〈human〉:『想像/創造』世界の神を墜とす恋色の蝶

    神と戦う人間たちの異世界日ノ本戦記!

    16,600

    50


    2021年6月23日更新

    想像したものが現実となる。その力の源である万能粒子を人々は『テイル』と呼んだ。――人々はそれを力として使い戦争を起こすに至ってしまった。 人々は地獄と化した世界を救う救世主を求め創造した。人間と同じ見た目でありながら、頭脳、身体能力、万能粒子への適合度が高い〈現神人《あらがみひと》〉、通称〈人〉。人間を強大な力で戦争の世界から救ったが、上位存在の知性体として人間を支配、管理するようになった。 日ノ本も戦乱の世。12の〈人〉の一族が島国を十二分し、思想の違いから争いあっていた。 この物語は、1人の少女の恋と旅立ち、絶望と時代の終わりまでの戦いを書く。 ※更新や最新情報はTwitterをチェック!→https://twitter.com/TT_againsthuman Ⅰ 『無知故の白き羽は、戦いと思慕で紅色に染まる』――The girl was left behind―― 13歳になった少女、四十番もまた、その争いの兵士となるように育てられ、成人式を契機にいずれかの〈人〉の下で奉仕をするために売られることになる運命だった。しかし、彼女を買収したのは16歳の旅人。彼らは行方不明となった友人を見つけるための旅をする傭兵。 彼らの弟子となり、『明奈』という名前を与えられた彼女は、主となった2人との生活の中で、自分の生きる意味と希望を見つけていく。 「私、先輩と一緒に生きて、お手伝いがしたいです」 その言葉は、彼女を、少年2人が抱えていた運命との戦いに巻き込み始める。 Ⅱ 『楽園に至る紅き蝶は、邪神の炎に包まれる』 ――The city is full of inferno―― 源家本領の戦いから、2年が経過した。 戦いの舞台は京都。倭の中で人間が唯一比較的自由に暮らすことができる人間にとっての理想郷人間の自治区。人間差別主義の家の襲撃が訪れる最中、明奈の目の前に〈影〉の神が現れ、明奈の戦いが佳境を迎える。そして史上最悪の内戦の1つと呼ばれた、京都会戦が始まる。 ※小説家になろう カクヨム ノベリズム アルファポリスでも掲載中 ※作者Twitterで活動情報等のお知らせをしてます→@TT_againsthuman

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間56分

    この作品を読む