ゲートキーパーズ・アパート ~異界対策部のお仕事~

読了目安時間:5分

悪夢を招く者 6

「……といっても、すんなり侵入させてくれるかしら」  再び開かれたマリーの口から出てきたのは、ただの不安の言葉ではない。作戦のための問いかけだった。 「管理棟(かんりとう)はあちこちに結界があるし、場所によってはショータローの能力でも立ち入れないはず」 「いったんアパートの区外に出るってのはどうかな? そうすれば、この音楽も聞こえなくなるだろ? その間に態勢立て直せるかも」  祥太郎(しょうたろう)の意見に、(さい)は大きく首を振る。 「ダメだ。下手すりゃ一般人まで巻き込んじまう。俺たちで何とかしねーと。……ちょい時間くれ」  それから、少しの間黙り込んだ。  周囲からは、その視線はあらぬところを眺めているように見える。けれども彼の脳裏(のうり)には、マルチモニタに浮かぶ映像のように、様々な『未来』が明滅(めいめつ)している。  未来は流動(りゅうどう)している。様々な要素の介入により、めまぐるしく変わっていく。だが、比較的動きにくい未来もある。特に近しい未来が一度『確定』してしまえば、才の経験上、それ以上動くことはほぼ、ない。その膨大(ぼうだい)な情報の中から必要なものを見つけ出すには、経験と集中力が必要だった。  増報装置(アンプリファイア・システム)を出来るだけ早く停止しなければ、この先危険となるのは確実。あとは、そこへと進むために最善の道を確保しなければならない。  あまり猶予(ゆうよ)はない。何かあれば仲間が対処してくれると信じ、才は中々『()え』てこない未来へと没頭(ぼっとう)した。 (違う。違う。――これも違う)  焦りを抑えながら、モニタに意識を向けていく。ふと、一つの場所が気になった。じっとそこから動かずに、経過を待つ。  やがて目まぐるしい動きは段々と(ゆる)やかになり、そして――止まった。 「問題ない。ルートは確保した」  才は『現実』へと戻ると、仲間に向けて親指を立てて見せた。  ◇ 「はぁぁぁぁぁぁ???? はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!??????」  祥太郎は前方を見て、すぐに転移を行う。 「ぬわぁぁぁぁにが『問題ない。ルートは確保した(キリッ)』だよ! やっぱ才の予知は以下略」 「……すまん」 「マジなトーンで謝るのもやめて!? 余計に気が滅入(めい)るから!」 「マジですまん」 「祥太郎さん! 誰か来ます!」  しょんぼりする才を尻目(しりめ)に大きくため息をつき、祥太郎は再び意識を集中させた。 「――くっそ、またか!」  しかしそこでも望まぬ遭遇(そうぐう)即座(そくざ)に別の場所を思い浮かべる。  次にたどり着いたのは、狭い部屋。『ゲートルーム』からほど近くにある、あの仮眠室だった。今度は幸い、誰の姿もない。  訪れたわずかな平穏に、皆大きく息をつく。祥太郎は壁伝いに床へと腰を落とし、少し荒くなった息を整えた。  握りしめていた右手を開くと、中からはクシャクシャになった紙が出てくる。それは祥太郎が訪れたことのある場所を目印にし、目的地までをイメージしやすいようにと才が描いた地図だった。  しかし、予知では誰もいないはずのその場所には、なぜか人影が待ち受けていたのだ。 「どこで読み間違えたんだ……?」  頭を抱える才に、理沙がぽつりと言う。 「待ち伏せでしたよね、あれは」  それは偶然(ぐうぜん)居合(いあ)わせたという雰囲気では決してなく、明らかにこちらを捕らえようと待ち構えている姿。  才が『確保』したルートは二通り。もし最初のルートで何か問題があれば、すぐに次のルートへと移行できるよう、事前に打ち合わせをしていた。だが、そこでも同様、待ち伏せにあってしまう。  二度も予知を(くつがえ)され、パニックに(おちい)った才の指示は待たず、祥太郎はとっさにミーティングルーム、それからテストルームへと転移したが、どちらでもすぐに発見されてしまい、苦し(まぎ)れに思いついたのが、この部屋だった。 「みんな、操られちゃってるのかなぁ」  待ち伏せしていたのは、『アパート』のスタッフたちだった。ゆっくり話し合ことが許されるような雰囲気ではなく、真意を確かめることは出来そうにない。 「操られ……そうよ、サイの読み間違いじゃないのかもしれない」  マリーは視線を薄暗がりの中へと上げた。それが何を示しているのか、皆にもすぐに分かる。あの、音楽だ。 「そう誘導されたのか、幻影みたいなものを見せられたのか――ショータローが独断で転移した場所も、十分向かうことが予測できる範囲じゃない?」 「そっか。この仮眠室、ほとんど使われてないもんね」 「確かに、僕も一度しか来たことないや」  初仕事で浮かれた直後にどん底を味わった日。薬草スープもここで初体験だったが、もうずいぶんと昔の事のような気さえする。 「じゃあ、庭に『コンダクター』埋めてきたのは正解だったっつーことか。だけど、これからどうすっか――」  才は苦い顔で唇を噛む。『コンダクター』で位置情報を取得される危険はなくなったとはいえ、もしアパート内をくまなく探しているのであれば、この部屋が見つかるのも時間の問題だろう。  曲の魔力は、時間が経てば経つほど自分たちを汚染していく。新たなルートを見つけられたとしても、それが安全である保証はない。 「わかんない――けど、とにかく、動かないと」 「動かないで」  立ち上がりかけた祥太郎を、理沙が静かに制す。  ただならぬ様子に皆、押し黙り、体をこわばらせる。 「……何かが近づいてくる気配がします」  彼女は(ささや)くような声で言い、油断なく辺りを見回した。  意識を研ぎ澄ませると、確かに何かが接近しているという感覚がわき起こる。しかし、はっきりとは見えてこない。  カーテンは閉じられている。ドアにある小窓から入る光も、不自然に動いているということはない。今のところ声が聞こえるということもなかった。  少なくとも、先ほどのようにスタッフが追いかけてくるのとは違っている。その気配からは、人の『重み』というものが感じられなかった。  ――また、近づいた。  何かを確かめるようにゆっくりと、でも着実に近づいてくる。 (これって――)  ()()()()()()()()。  理沙が思い、顔を上げた時。――すうと、暗闇から細い指が伸びた。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 浄玻璃の番人

    『善悪は水波の如し』

    0

    0


    2021年6月24日更新

    平穏な学校生活を送っていた高校2年生の山 牡丹(やま ぼたん)は、ある日同じクラスメートと事件に巻き込まれる。それは奇怪な事件だった。身に危険が及ぶなか、牡丹は自分が何者なのかを思い出す。今とそれほど変わらない時代。少し奇怪で、不気味で、あやしくて、得体の知れない、「それ」のお話。 ※一週間に一回のペースで、投稿していきたいと思います。 よろしくお願いします。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 『孤独な――の終着点』

    好評だったら続き書きます

    0

    0


    2021年6月24日更新

    ――否、それは光ではなく斬撃。 ――否、それは救いではなく暗殺。 ――否、それは『主人公』(ヒーロー)でもなく、【最悪の悪役】だった。 好評だったら長編として息抜きで書きます

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 【NEW】イラストの初心者がお絵かきします🎨このノベルアップでっ!

    🍏<果たして絵は上達するのか⁉︎

    793,773


    2021年6月23日更新

    🍎<絵が上手になりたいな〜と思って絵を描くっ。 好きなところから見てください。どこからでもするするっとページをめくれて、僕のイラストっぽい作品の進捗を観察できますw

    読了目安時間:2時間45分

    この作品を読む

  • 魔女イッリ

    世界がどうあれ、三人は仲良し。挿絵多数!

    724,344

    4,770


    2021年6月22日更新

    ◆作品紹介 小さい頃から傭兵として生きてきた少女エリッカ。 筋力や反射神経が魔族並みになっている代わりに、人間らしさを失いつつある魔心病のフィルヴァニーナ。 魔心病を広めたとして魔女と呼ばれ、追われる身となり、旅をしながら隠れるように生きるイッリ。 魔族、機械、銃。そして人間が築き上げた社会。彼女達は、激動する世界に巻き込まれながらも、次第に世界へ影響力を持つようになっていきます。 彼女達は、悲しい過去を持ちつつも強く生きます。尊く、強く、そして可愛い三人の少女のハイファンタジー小説です。 お互いの過去が過去だけに、複雑な思いを抱きつつも、世界に関係なく、きっと彼女達はずっと友達であり、大切な人なのであろう。そんな物語です。 ◆挿絵イラストレーター 高架 pixiv:https://www.pixiv.net/users/2031328 twitter:https://twitter.com/kouka_oekaki ◆作者コメント 小さい頃からファンタジーが大好きで、よく色々な世界を想像していました。この世界の構想自体はかなり昔から作っています。 AIに携わる仕事を通して感じたことなどを作品に盛り込んでいます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:17時間1分

    この作品を読む