ゲートキーパーズ・アパート ~異界対策部のお仕事~

読了目安時間:6分

第十二章 新人発掘オーディション

新人発掘オーディション 1

「新人発掘オーディション!?」  ミーティングルームに広がる驚きの表情を見て、(さい)は満足げにうなずく。  今日の彼は何故か黒ぶちのメガネをかけ、白衣を着ていて、さながら化学教師のような出で立ちだった。 「そ、新人発掘オーディション」 「それってつまり、新しく人を雇うってことか?」  祥太郎(しょうたろう)の問いに、彼はまたうんうんとうなずき、マスターへと視線を向ける。 「いいっすよね? マスター。メンバーが一人減ってるわけだし、戦力を補強すんのは」 「それは、恐らく問題ないとは思うが……」 「サイ、それ本気で言ってるの?」  だがマリーはそれを聞き、あからさまに嫌な顔をした。 「トーコがいなくなって、まだ一週間なのよ!? あんまりじゃない?」 「戦力の補強って言っても、本当の遠子(とおこ)さんはすごく強かったですけど、それまではほとんど前線に出なかったですし、そんなに急がなくてもいいんじゃないですかね……?」 「僕も、まだそんな気にはなれないよ」  理沙(りさ)と祥太郎も同様に、難色(なんしょく)を示す。 「才君、何か考えがあるんだね?」  だが、マスターはあくまで穏やかに、先をうながした。才は「さっすがマスター!」と指を鳴らし、皆へと向き直る。 「んーと、何から話すかな。……そうそう、実は遠子さんが居なくなってからしばらく、俺の予知の範囲に遠子さんが『()えてた』――つっても分かんねーか。つまり、遠子さんがここに戻ってこれる未来があったってことだ。それが、ようやく()()()」 「ダメじゃん!」 「まーまーまー待て祥太郎。あわてるな、こっからだ」  自らの中でも情報を整理するかのように一呼吸おいてから、話は続けられた。 「それはあくまで可能性の一つだ。でも、それを俺たちは選んじゃいけねーんだ。遠子さんがやったことが、全部無駄になっちまう」 「無駄……なのか? どういうことだよ?」  遠子はあの時、自らの身を(てい)して『ゲート』を破壊した。だが、その後に戻って来られる手段があるならば、それを選ばない意味が祥太郎にはピンとこない。 「んー、そっかー……じゃあ祥太郎くん、そもそも『ゲート』ってどんなものでしょうか?」 「え? えーと……異世界とつながっちゃう扉? みたいなもんだろ? エネルギーが不安定だったりすると、発生しやすいとかそんな感じの」 「ま、悪くねー答えだ。『ゲート』は突如(とつじょ)発生して、世界Aと世界Bをつなぐ。んじゃ、そのままほっとくと、どうなる?」 「消える――というか、移動するんだよな、確か。また別の場所で開いたりするんだろ? その時って、また違う世界とつながったりすんの?」 「いや」    才はいつの間にか取り出した指し棒を左右に振る。 「今のところ、そういう例は見つかってねぇ。世界Aと世界Bをつないだ『ゲート』は、また現れても同じ世界同士をつなぐ。場所が変わることはあるけどな。遠子さんが危惧していたのもそれだ。次に開く場所によっては、大惨事になるからな」 「……でも、開かないこともある?」 「まー、それはある。この前はどちみち、向こうの奴らがこじ開けただろーけど。とにかく『ゲート』には、それぞれ固有の性質があるってことが分かって来てる。だから、魔法生物説を唱えてる学者もいるな」 「マジで!?」 「生物……という言い方をすると違和感があるが、私が使用している捕縛術(ほばくじゅつ)も、ただの自然現象というよりは、ある種の意思を持った存在を相手にするようなイメージで組み立てられてはいるね」 「へぇ……」  マスターの補足に、祥太郎はまた曖昧(あいまい)相槌(あいづち)を打った。転移をする時は自身の経験やカンによるところが大きいので、術を組み立てるという話はいまいち想像がしづらくはある。 「で、それと遠子さんの件と、どう関係があるんだよ?」 「変……よね」  繰り返される問いに応えるかのように、マリーがぽつりと言った。視線が集まったことに気づくと、彼女はそのまま言葉を続ける。 「あれだけ大変な思いをして、わざわざ『ゲート』の破壊までしたのに、トーコが戻ってくるというのは。サイの予知って、映像を眺めるように『視える』のよね? 本当にトーコだったの?」 「遠子さんのニセモノってこともあるのかもしれないですよね。あの白い煙の人たちに乗っ取られちゃったとか」  すると才は腕を組み、小さくうなった。 「ああ。遠子さんだったな。もちろん理沙ちゃんの言うような可能性もあるが、どっちにしても遠子さんの姿だったのは間違いねぇ。何かやべー感じがしたし、そっからは出来るだけ意識を逸らして、そっちのルートに行かねーよう、様子を見てたんだ」 「……そういうことだったの」 「そっかー。だけど、もし遠子さんが自分の意思で戻ってこれるとかだったら、やっぱもったいなかった気はするなぁ。『ゲート』を破壊した後、別の安全な場所で、また新たに『ゲート』が開いたのかもしれないじゃん?」 「んー……それは、ないと断言はできねーけど、可能性としては極めて低い」  彼の手の中で、指し棒がくるくると回る。 「普通『ゲート』が開いたとか閉じたとか、出たとか消えたってのは、『ゲート』が『生きてる』状態だ。生きてる『ゲート』は、あっちこっちに移動しながら、異世界同士をつなぐ。それは皆、同じ『ゲート』だってことが分かってる。だから『ゲート』を()()()()()っつー『アパート』の仕組みが成り立つわけだ。たまーに分裂したりとか、やっかいな(やから)もいるらしいが、一箇所に留めておけば、他で悪さする確率がグンと下がるからな」  祥太郎の脳裏に、『ゲートルーム』で見た様々な景色が浮かぶ。あれもそれぞれのゲートが持つ、『個性』なのかもしれない。 「んで、ナワバリみてーなもんがあるのかどうかは知んねーけど、別々の『ゲート』が同時にAとBをつなぐってのは、今までの解析だと、無いってことになってるわけだ。正直今回みたいに破壊するなんて、並みの能力者じゃできっこねーし、危険もデカいから、サンプルも少ねーけど、『ゲート』消滅後、即復活ってのも無いって言っていいと思う」 「じゃあ、もしかしたら、あの時点では完全に消滅していなかったってこと……?」  マリーの言葉に、才はパチンと指先を鳴らした。 「俺も同意見だな。多分、予知の範囲から消えた時が、完全に『ゲート』が消えた時だ」 「そういえばあの時、向こうで何かあったっぽかったよなぁ」 「だけど才さん、そのことと、新人発掘オーディション? と、どういう関係があるんですか?」  理沙が(たず)ねると、彼はよくぞ聞いてくれたとばかりに、何度もうなずく。 「そう。あの『ゲート』の影響は、もうなくなったと思われる。だが、異世界同士をつなぐ方法って、俺たちが『ゲート』と呼んでるものを通ることだけじゃないだろ? 例えば『悪夢を招く者(ファントム・ブリンガー)』だってそうだ」 「つまり、何かの能力を使って、遠子さんを呼び戻せないかってことか?」 「祥太郎君、正解!」 「でも、一体何の能力で? 僕みたいな転移能力者でも、すごい人になれば出来そうな気もするけど」 「……わたし、分かったかもしれない」  そこで、マリーが小さく手をあげる。 「はい、マリーちゃんどうぞ!」  才が指し棒を向けると、マリーは小さく咳ばらいをし、発言をした。 「召喚術師(しょうかんじゅつし) ね」

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 魔女イッリ

    世界がどうあれ、三人は仲良し。挿絵多数!

    724,344

    4,770


    2021年6月22日更新

    ◆作品紹介 小さい頃から傭兵として生きてきた少女エリッカ。 筋力や反射神経が魔族並みになっている代わりに、人間らしさを失いつつある魔心病のフィルヴァニーナ。 魔心病を広めたとして魔女と呼ばれ、追われる身となり、旅をしながら隠れるように生きるイッリ。 魔族、機械、銃。そして人間が築き上げた社会。彼女達は、激動する世界に巻き込まれながらも、次第に世界へ影響力を持つようになっていきます。 彼女達は、悲しい過去を持ちつつも強く生きます。尊く、強く、そして可愛い三人の少女のハイファンタジー小説です。 お互いの過去が過去だけに、複雑な思いを抱きつつも、世界に関係なく、きっと彼女達はずっと友達であり、大切な人なのであろう。そんな物語です。 ◆挿絵イラストレーター 高架 pixiv:https://www.pixiv.net/users/2031328 twitter:https://twitter.com/kouka_oekaki ◆作者コメント 小さい頃からファンタジーが大好きで、よく色々な世界を想像していました。この世界の構想自体はかなり昔から作っています。 AIに携わる仕事を通して感じたことなどを作品に盛り込んでいます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:17時間1分

    この作品を読む

  • 電気と魔法 −電気工事士の異世界サバイバル−

    世界を救えって、俺、電気工事士だぞ!?

    286,600

    560


    2021年6月23日更新

    「始元の大魔導師を召喚したから、世界を救え」なんて言われても、俺、電気工事士だぞ。 えっ、報酬は金100キロ!? 滅びの足音が近づき、それを防ごうとする人々の善意は虚しく消費されてしまう世界。 そんな中で、現代を生きる電気工事士の技術は、この世界を救えるのだろうか? 「カクヨム金のたまご」で紹介頂きました。 扉絵は、カフカ@AUC(@Kavka_AUC)様にいただきました。ありがとうございます。

    読了目安時間:24時間20分

    この作品を読む